« 今年も今日から熱狂 | トップページ | 奈保子さんのライブDVDベスト盤 発売へ »

2016年5月 6日 (金)

熱狂終わる

 東京国際フォーラムを中心に5月3日から開催されていたクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 熱狂の日音楽祭2016」(以下LFJ)は5月5日、終幕しました。私はといえば今年も会期中の3日間毎日通い、有料公演は合わせて10公演聴き、たっぷり楽しませていただきました。今年は4日の朝方に雨があったものの開場時間には晴れ上がり、久々に会期中3日間とも天気に恵まれ気温も上昇、まさにLFJ日和でした。地上広場で飲むビールが美味しかったです(^^) そこかよ!と言われそうですが、これ重要です、ハイ(^^) このお祭り気分こそがLFJなのです。

 今年のテーマ「la nature ナチュール 自然と音楽」は良かったと思います。かなり私好みでした。ホルスト「組曲・惑星」、ベートーベン「月光」など前から聴いてみたかった演奏が聴けて満足。プログラムガイドを見て、曲は分からないけど面白そうだなと思って取った公演も楽しめました。
 今年は新機軸として、日比谷野外音楽堂が公演会場に追加されました。(代わりによみうりホールが無くなりましたが) 自然のテーマに合わせたようですが、晴れていたこともあってなかなか良かったです。公園の鳥のさえずりとのコラボなんてそうそう無いですものね。
 公演の細かい感想は追々、また書くかもしれません。

 会場も大いに賑わいましたが、「熱狂」という観点でいうと今年はやや大人しめだったかもです。テーマが自然だったからかな(^^; 5日の最終公演は、和太鼓協奏曲「飛天遊」とストラビンスキーの「春の祭典」だったのですが、カーテンコールも程々に案外あっさりと終わってしまったのがちょっと物足りなかったかも。。いや演奏は熱演で大迫力だったのですけどね。

 終わって寂しいLFJ。でもお祭りには始まりもあれば終わりもあるわけで。そして来年もあります。来年のテーマが既に発表されていて「ダンス」だそうです。オペラやバレエなどの舞踊曲が多数出てくるんだろうなあ・・・盛り上がり系の曲が多くなりそうな予感で、早くも楽しみです。

|

« 今年も今日から熱狂 | トップページ | 奈保子さんのライブDVDベスト盤 発売へ »

熱狂の日音楽祭」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/63591453

この記事へのトラックバック一覧です: 熱狂終わる:

« 今年も今日から熱狂 | トップページ | 奈保子さんのライブDVDベスト盤 発売へ »