« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月29日 (日)

亜美さんの40周年記念盤を聴く

 今月25日に発売された尾崎亜美さんの40周年記念アルバム「S-mile~40th Amii-versary~」、発売日に入手してはいましたが、しっかり時間の取れる週末に聴きました♪

 本編のDisc1は、提供曲のセルフカバー主体ということもあってバラエティに富んだ作りです。では統一感が無いかというとそうではなくて、全編通して大きな意味での「優しさ」に包まれている・・・そんな感じです。派手な曲は無いけれど、じんわり来ますね。前作「soup」から繋がっているという感じも受けます。
 表題曲「Smile」はこれから長く歌われそうな予感がします。「スープ」と2本柱になるような。。前にラジオで初めて聴いた時も思いましたが、九州の応援になるような感じです。個人的には「1秒だけの奇蹟」が、相田翔子さんの歌で耳馴染みだったこともあって好きかなあ。CDは買ってなかったのですが、相田さんのラジオ番組を毎週聴いていた時期があったので。。

 オマケのDisc2はBassの小原礼さん(配偶者)とのスタジオライブを収録しているのですが、近年のライブで披露する演奏がほぼそのままパッケージされている感じ。亜美さんはライブ盤が出ていないので、これは嬉しいです(過去にはライブビデオ作品が発売されたこともありましたが・・・。河合奈保子さんのようにDVD復刻希望!)。亜美さんの曲でもっとも有名と思われる「オリビアを聴きながら」は、過去4バージョンが商品化されていますが、今回収録されたものが今ライブで歌っているバージョンです。洋楽カバーも、ライブで歌ったことのある歌ですね。


 やさしい心になれる今回のアルバム、なかなか良いです!派手さはないので、7月の40周年記念コンサートではセットリストをどう組み立てるのか?というところも注目かな(微笑)。もちろん、過去のレジェンドな曲も組み合わせて盛り上がるように作るのだと思いますが、今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

亜美さんの40周年記念盤 きょう発売

 尾崎亜美さんの40周年記念アルバム「S-mile~40th Amii-versary~」はきょう5月25日、発売となりました。私もさっそく予約していた店から引き取ってきたのですが、陳列在庫が無かった(泣) 予約分しか仕入れてなかったのか、通常仕入れ分を私が予約で取っちゃったのか・・・いずれにしても残念です。。。

 アルバムの詳しい内容は、日本クラウンのサイトを見ていただきましょう。
 2枚組で、Disc1が本編に相当。Disc2は特典盤相当で、スタジオライブ形式でセルフカバーや洋楽カバーを収録となっています。
 曲の注釈のとおり、提供曲のセルフカバーが多くなってます。これについては、亜美さんと最近某所でお会いした時の話しによると、全曲書き下ろしも考えたけど、「今の気持ち」を優先して書き下ろし、提供曲の区別にこだわらずに選曲したとのこと。つまり今の亜美さんの思いがつまったアルバムということで。

 さっそく聞いてみたいところですが、もう夜も遅いし中途半端な環境や気持ちでは聞きたくないので、今夜はジャケット回りを眺めるだけ。いやー、ジャケ写が若い!もちろん昔の写真を使ってるわけではないですよ(微笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

みんなのうた・2題

 NHKの長寿番組「みんなのうた」の再放送枠で、久々に河合奈保子さんの「雨のてん・てん」が放送されることになりました(^^)

 NHKオンライン|Eテレより

 6月4日(土)、7月2日(土)、7月30日(土)
 教育テレビ:17:55~18:00

 もともとオリジナルが6月-7月の歌として放送されていたので、再放送も時期を合わせているようですね。リクエスト枠ということは、それなりのリクエストがあったということで、これは嬉しいです。
 私が後追いファンになって13年、これまで残念ながら見る機会がなかったんですよねえ。あ、再放送はあったのかもしれないけれど、個人的には巡り会えなかったので。。。今回は心して見たいと思います(^^)


 そして、もう1ヶ月遅れの情報になってしまいましたが。。。

 以前、リクエスト受付情報をお伝えした「みんなのうた55アニバーサリー・ベスト」が4月27日に5社から同時発売されましたが、コロムビア版に無事、「雨のてん・てん」収録されました!やったー。
 
 みんなのうた55アニバーサリー・ベスト~しまうまとライオン~
 規格品番:COCX-39498
 売価:2000円+税


 「雨のてん・てん」はライブ音源BOX「NAOKO LIVE PREMIUM」の特典CDとして初商品化されましたが、すでに入手困難になっているのでこの収録は嬉しいです。リクエストが集まって良かった~。

 みんなのうたでは地味な?存在の「雨のてん・てん」ですが、これを機に、奈保子さんの素敵なボーカルとともに再発見されたら良いなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

奈保子さんのライブDVDベスト盤 発売へ

 すでに本館の「お便り広場」にも掲載しましたとおり、河合奈保子さんのライブDVDのベスト盤が発売になるという情報が、複数の販売店サイトに出ております。現状、コロムビアのサイトでは発表されていませんが、販売店情報によると以下の通りです。

「河合奈保子ライブ・ベスト(仮)」
規格品番:COBA-6905
発売日:2016年7月20日予定
売価:3500円(税抜)
DVD1枚組・23曲収録予定

 発売情報は各販売店サイトに出ていますが、いちばん詳しいのは山野楽器で、具体的な収録曲と使用テイク(出典)が掲載されています(リンク先で検索してご確認ください)。
 これによると、2012年~2014年に復刻発売されたライブDVD7作品から、シングルA面曲をピックアップして収録する構成になっています。いわば「ゴールデン☆ベスト」のライブ映像版といった感じでしょうか。

 既存商品からの編集盤ですから、既にライブDVDを各種お持ちのファンの方にしてみれば、「そうじゃないんだよな~」という感想をお持ちの方もきっといらっしゃるかと思いますが、たぶんターゲットが違うのだと思います。コアなファンではなくて、「ゴールデン☆ベスト」を1枚だけ持ってるような、ライトなリスナー向けなのではと。今までの、コンサート単位のライブDVDでは敷居が高く感じた方にとっては、シングルA面だけのベスト盤なら手に取りやすいでしょう。そうして奈保子さんの素晴らしいライブパフォーマンスが多くの人に届くのであれば、大いに結構なことではと思います。

 タイトルも(仮)になってますし、コロムビアからの発表が待たれます。私はたぶん取材がてら買っちゃうでしょうね。2月のオーディオイベントでコロムビアの衛藤さんに「何か出れば買いますので」と宣言しちゃったし(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

熱狂終わる

 東京国際フォーラムを中心に5月3日から開催されていたクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 熱狂の日音楽祭2016」(以下LFJ)は5月5日、終幕しました。私はといえば今年も会期中の3日間毎日通い、有料公演は合わせて10公演聴き、たっぷり楽しませていただきました。今年は4日の朝方に雨があったものの開場時間には晴れ上がり、久々に会期中3日間とも天気に恵まれ気温も上昇、まさにLFJ日和でした。地上広場で飲むビールが美味しかったです(^^) そこかよ!と言われそうですが、これ重要です、ハイ(^^) このお祭り気分こそがLFJなのです。

 今年のテーマ「la nature ナチュール 自然と音楽」は良かったと思います。かなり私好みでした。ホルスト「組曲・惑星」、ベートーベン「月光」など前から聴いてみたかった演奏が聴けて満足。プログラムガイドを見て、曲は分からないけど面白そうだなと思って取った公演も楽しめました。
 今年は新機軸として、日比谷野外音楽堂が公演会場に追加されました。(代わりによみうりホールが無くなりましたが) 自然のテーマに合わせたようですが、晴れていたこともあってなかなか良かったです。公園の鳥のさえずりとのコラボなんてそうそう無いですものね。
 公演の細かい感想は追々、また書くかもしれません。

 会場も大いに賑わいましたが、「熱狂」という観点でいうと今年はやや大人しめだったかもです。テーマが自然だったからかな(^^; 5日の最終公演は、和太鼓協奏曲「飛天遊」とストラビンスキーの「春の祭典」だったのですが、カーテンコールも程々に案外あっさりと終わってしまったのがちょっと物足りなかったかも。。いや演奏は熱演で大迫力だったのですけどね。

 終わって寂しいLFJ。でもお祭りには始まりもあれば終わりもあるわけで。そして来年もあります。来年のテーマが既に発表されていて「ダンス」だそうです。オペラやバレエなどの舞踊曲が多数出てくるんだろうなあ・・・盛り上がり系の曲が多くなりそうな予感で、早くも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

今年も今日から熱狂

 大型連休の風物詩、日本最大級のクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 熱狂の日音楽祭2016」(以下LFJ)はきょう3日からスタートです。今年は東京国際フォーラムと日比谷野外音楽堂を会場に3日間、丸の内がクラシックを中心とした音楽に染まります。
 今年のテーマは「la nature ナチュール」。フランス生まれの音楽祭ゆえ、万事フランス流ですが、要するに英語のnature=自然です。月、星、大地、鳥、動物・・・演奏曲にはそういったものを主題にしたような曲がずらりと並んでいます。個人的にはこれまでLFJで取り上げられなかったイギリスの作曲家ホルストの組曲「惑星」が聞けるのが楽しみ♪

 さて、昨2日はさっそく前夜祭に参加してきました。LFJの前夜祭と言えば、ここ数年は一般参加企画「みんなで○○」が定番です。あらかじめ決めた曲をみんなで楽器を持ち寄って演奏して、歌の人も合唱で参加して・・・という、一夜限りの大セッション。これまでいち観客として観ていましたが、今年は初めてパーカッションのプレイヤーとして参加しました。お題はジュピター。つまり聴きたかった組曲「惑星」の中から木星をやるということで、願ったり叶ったり。譜面は読めないので、公開されていた構成確認用デモ音源を市販音源と聞き比べて耳コピで準備し、いざ本番!少しやらかしたりもしましたが、人生初のクラシック演奏はとっても楽しかったです!しかしクラシックは難しいですねえ、ポップスのように拍がわかりやすく数えられないので、打つタイミングがなかなか(^^;
 でも、私みたいなポップスですら初心者のような人でも気楽に参加できてしまうのがLFJの良いところで、お祭りならではです。

 今日から5日までの本公演は、例によって完売公演も多数あるものの、収容力の大きなホールA・Cを中心にまだまだ買える公演はありますので、少しでも興味のある方はぜひ、お祭りやテーマパークへ行く気分で来てみては如何でしょう。地上広場の無料生演奏を聴きながら屋台料理で一杯、というだけでもかなり楽しいです。
 LFJの総合案内は公式ページにて。

 行ってみたいけど行けないという方は、ネットやラジオで雰囲気だけでもどうぞ。
公式レポート
  会場のレポを随時アップ 
・インターネットラジオ OTTAVA
  連日14時から18時までガラス棟地下の特設スタジオから生放送
・NHK-FM まるっとラ・フォル・ジュルネ2016
  5月4日 12:15~22:00 ホールE(旧:展示ホール)の特設スタジオから生放送(収録公演の放送もあり)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »