« 「nahoko 音」発表10周年 | トップページ | 今年も今日から熱狂 »

2016年4月30日 (土)

僕らのポプコンエイジ

 きのう4月29日は、東京・府中芸術の森劇場でポプコン出身アーティストのジョイントライブ「僕らのポプコンエイジ」を観てきました。ポプコン=ポピュラーソングコンテストはヤマハ主催のアマチュア対象のコンテスト。私自身は特に思い出や思い入れはないのですが、昨年の谷山浩子さんの「猫森集会」の時に貰ったチラシを見て、これは行こう!と思ったのです。そのチラシには“石川優子、25年ぶりのステージ!”の文字が躍っていました。ファンというわけではありませんが、河合奈保子さんに名曲「Sky Park」などを書いてくださった石川さんには親しみを感じてますので(^^)。それに出身アーティストのヒット曲はラジオやテレビジョンで普通に見聞きしていましたしね。

 東京公演の出演者は、相曽晴日、石川優子、下成佐登子、スリーハンサムズ(細坪基佳、中村貴之、平賀和人)、三浦和人、渡辺真知子、Chage のみなさん(五十音順、敬称略)。
 最初に三浦さんとChageさんが挨拶をしましたが、特に司会役は置かず、アーティストが順に登場して2~3曲ずつ歌うという、ジョイントライブとしてはオーソドックスな構成。みなさん、少ない持ち時間ながら素敵な歌を聞かせてくれました。盛り上げ上手だったのは渡辺真知子さんだったかな。

 しかしまあ、この日いちばん盛り上がったのは、やっぱり石川優子さんでした。ステージに登場した時の歓声と大拍手、あちこちから飛ぶ「おかえりっ!」の声・・・Chageさんとの共演では続々スタンディングに。ポプコンエイジは3公演予定されていますが、当初石川さんが出演すると発表されていたのは東京公演だけだったので、特にファンが集中していたのではと思います。(後に3公演とも出演することになりました)
 肝心の歌は、声量もあってピッチも正確、25年のブランクを全く感じさせない歌いぶりに驚きました。感動的ですらありました。加えてお綺麗で、笑顔も素敵で。この日を待っていたファンの方々、本当に良かったですね。このステージを見られて良かったです。

 最後は出演者総出で、ヤマハ楽曲の大メドレー。あの曲もこの曲も・・・。ポプコンが歌謡界に大きな影響を与えていたことがよく分かるようなエンディングでした。


 良いコンサートでした。何と言っても皆さん綺麗な発声で、聴いていて心地よかったです。今のアーティストがダメという訳ではありませんが、へんに粘ったりこねくり回したりするよりも私はこういうほうが好き。
 そしていろいろと感慨深かったです。石川さんが25年ぶりということを思えば、奈保子さんは“まだ”20年。きっかけや「場」があれば・・・ということを思わずにはいられませんでした。下成佐登子さん・・・私は存じ上げなかったのですが、この方も子育てとかが一段落して2012年から活動再開したそうで。これもまた思いを巡らすことになりました。

 ポプコンエイジはこのあと、5月14日の市川市文化会館(千葉県)、5月21日のさいたま市文化センター(埼玉県)であります(出演者は一部入れ替えあり)。どちらも今のところ切符が残っているようなので、興味のある方はお早めにどうぞ。

- 追記 -
ORICON STYLEから記事が出たので紹介しておきます。
Chage&石川優子、26年ぶり「ふたりの愛ランド」熱唱
写真が引きの絵でとても分かりにくいですが、左から相曽晴日、下成佐登子、石川優子、渡辺真知子、細坪基佳、中村貴之、Chage、三浦和人となってます。

|

« 「nahoko 音」発表10周年 | トップページ | 今年も今日から熱狂 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/63558278

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らのポプコンエイジ:

« 「nahoko 音」発表10周年 | トップページ | 今年も今日から熱狂 »