« 劇団扉座「いとしの儚」観劇! | トップページ | なんとも残念な週刊現代 »

2015年11月 8日 (日)

旅立たれて10年

 都合により2日過ぎてしまいましたが。。。
 先月20日、コンピ盤「名曲発掘!ジュエル・バラッズ」の発売から10年経ったことを綴りました。そのジュエバラが発売されて2週間あまりの11月6日、収録曲「つばさ」を唄った本田美奈子さんが急逝してしまいました。私の中では、ジュエバラと切り離せない、悲しい出来事です。ジュエバラと同じように、あれから10年経ちました。
 訃報を知ったときの衝撃は今でもよく覚えています。ネットの速報で知ったとき、思わず「うそだっ」と声を上げましたが、複数のソースが報じてることを確認して観念し、呆然となって何も手に付かなかった。。。あの感覚は、それまで経験したことのないものでした。そして、今でもそれを上回る衝撃を受けたことはありません。
 ジュエバラの「つばさ」で本田さんの素晴らしさを再認識して、復帰した暁にはぜひライブへ行こうと思っていた矢先のことだっただけに残念で仕方なかったし、結果として素晴らしさに気付くのが遅かった自分に対しても悔しさがありました。

 とはいえさすがに10年経ちましたので、曲を聴いただけでウルっとくるようなことはなくなりました。昨日11月7日は、いまのまいさんが出演したライブイベント「懐かしアイドルライブ~二十世紀ソングLOVE!vol.21~」を観てきましたが、本田さんの曲も楽しんで聴けました。主に中森明菜さんをカバーしているという瑞城あすなさんが『1986年のマリリン』を、そしてまいさんが『TEMPTATION』。お二人とも良い歌唱でした。歌い継がれていくっていうのは素敵なことですね。

 * *

 ちなみに、そのライブでは我らが河合奈保子さんの曲も。白雪ありあさんが『ムーンライト・キッス』を、そしてまいさんが『UNバランス』を。この手のライブで奈保子さんの曲を2曲も聴けるなんて滅多にないことですので軽く舞い上がりました(^^)

|

« 劇団扉座「いとしの儚」観劇! | トップページ | なんとも残念な週刊現代 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今晩は、あと1時間でWOWWOWでは美奈子さんの2時間特集始まります。
アイドル時代だけでなく、ミュージカル時代の貴重なライブ音源もあるようですので、もしみられる環境ならばチェックしてみて下さい。

投稿: ギムリン | 2015年11月 8日 (日) 18:55

■ギムリンさん
いらっしゃいませ。
私は残念ながら未契約者(^^;
ご覧になれる方は間に合ったかな。。

投稿: MARU | 2015年11月 9日 (月) 01:47

本田美奈子さんがデビューしたときには、これはアイドルも歌唱力で評価される時代がくるか!と、心躍ったものです。
「アイドル」だからとかいう狭い枠は大人の事情で、芸能界で歌唱を生業にする以上、あたりまえのことなんですがね。

『ムーンライト・キッス』『UNバランス』ともに、選び抜いた選曲という気がします。
前者は、あのNHKホールの転落事故で披露する筈だった曲、後者は「第9回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 最優秀アイドル賞」を、聖子ちゃんや1982年組を抑えて受賞した曲。
リリース年のあれやこれやが思い出されます。

投稿: ひらりん | 2015年11月11日 (水) 02:51

■ひらりんさん
いらっしゃいませ。
あたりまえのはずが実際にはそうでもないというのもまた芸能界なのかもしれませんね。
歌唱力・・・アイドルでなくても、シンガーソングライターでもアレって方はいますし。

『ムーンライト・キッス』『UNバランス』については、季節感すなわち秋の歌という要素も強かったのではと思います。「秋の気配」「西風(あき)のせつなさ」っていうことで。

投稿: MARU | 2015年11月13日 (金) 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/62635600

この記事へのトラックバック一覧です: 旅立たれて10年:

« 劇団扉座「いとしの儚」観劇! | トップページ | なんとも残念な週刊現代 »