« 玉音放送の公開 | トップページ | 70年目の8月6日 »

2015年8月 5日 (水)

藤田朋子さんのバースデーライブ

Cec27
 8月3日の夜は東京・南青山MALNDALAで藤田朋子さんのライブ「chanter et chanter! 27」を観てきました。私にとっては前回の26は観られなかったのでおよそ1年1ヶ月ぶり。藤田さん(以下tokoさん)自身も約1年ぶりのライブ。この1年、地方巡業のお芝居があったりしてなかなか時間が取れなかったそう。tokoさんは8月3日が誕生日なのですが、たまたまスケジュールが空いて、たまたまMANDALAも空いていて・・・と、バースデーライブを「仕掛けた」わけではないことをやけに強調してました(笑)

 そんなライブはふだんは見ない折りたたみ椅子まで動員しての満員御礼状態でtokoさんも満足げ。「みんな(誕生日だからって)駆けつけなきゃって思いすぎ」ですって(笑)。関係者とかで初めてライブを観る方も割りといらっしゃったような感じですね。

 今回はtokoさん登場から立て続けに3曲歌ったので「あれ?トークなしで歌をさくさく進めるのか?」と思ったのですが、そこはtokoさん、トークが無いわけがない(^^)。今回も客席を大いに沸かせて(笑わせて)おりました。今回は2部でポールマッカートニーさんのリベンジ来日ライブのことを熱く熱く語っておりましたが、国内全公演を観たというのに驚き。まさに熱烈追っかけファンですね。
 そして、飲み物と料理の注文促進など営業トークもいつものように。特に「料理が大事」と力説しておりました(笑)。ただ、MANDALAさんって客入りがゆったりしているときでも料理のサーブは早くないのに、これだけ大入りだとサーブがどんどん遅くなるのが分かっているので(^^; 申し訳ないですが私はパスさせていただきました。すいません。飲み物も遅かったですからねえ。

 あ、歌のことも綴らなきゃ。1部はtokoさんのオリジナル、2部はミュージカル音楽を中心に。さすが安定のtokoさんの歌唱はとても心地よかったです。今回はサポートミュージシャンがいつもより増えていて、桑山哲也さん(Acc)、黒木千波留さん(Pf)、永塚正剛さん(B)、山田智之さん(Perc)の4人。パーカッションが入っていつもよりも演奏に厚みがあったのも良かったです。その分チャージが上がってましたが個人的にはOK。そうそう、桑山さんのニューアルバム「CITRON」発売に連動してかインストがいつもより多めでしたが、これも素敵でした。

 あー、今回も楽しかった!ぜひ続けて欲しいライブです。そうそう、ライブ中に50ということを連呼してましたが、女優さんでこういうの珍しいですよね。でも50になったことをとっても前向きに捉えている感じでした。言われなきゃ全然50に見えないのですけど(^^)

<曲目>
◎1部
・Boo Love Love(inst.)
・君が大好き
・風便り
・幸せのリズム
・きっとこれが愛だろう
・灯りのある場所
・恋のシーズン
・アカプルコの月(inst.)
・DOUBT! (inst.)

◎2部
・HOME
・Corner Of The Sky
・Out Here On My Own
・What I Did For Love
・賛美歌(子ども向けのでした)
・Love Letters
・夕映え

◎アンコール
・grace(inst.)
・他に何もいらない

※今回は自分の誕生日だから、という理由でいつもの「誕生日コーナー」がありませんでした。


<トークハイライト>
・風便りのレコーディングはミックスダウンの費用がなくて「一発録り」だったのに、エンディングで咳き込んでしまい台無しにした黒木さん
・1年かけて20kgの減量に成功してガイド本まで出したのに、その後2ヶ月で10kg戻り、半年で元通りになった桑山さん
・朝の練習を「朝稽古」と言われてしまう桑山さん
・TBS「オールスター感謝祭」でガチのどっきりを仕掛けられて以後、色々と疑うようになったことがきっかけで「DOUBT!」を作曲した桑山さん。
・ライブの後にtokoさんが桑山さんからダメだしされるのは「1.トークが長い」「2.俺のオチを取るな」「3.歌の声がでかい、マイク割れているぞ」
・でも、声が大きいのはお互い様。ドライブ中に「大声出しっこ競争」をやって車のガラスをビビらせる桑山夫妻
・役者もミュージシャンも、上手くても、人当たりが良くても、仕事があるとは限らない。こうしてお仕事させて頂いているのは感謝以外の何物でもない。
・今日パーカッションの山田さんはtokoさんが桑山さんを知るきっかけになったキューピッド。
・ポールマッカートニーの日本公演を全力で応援(終始ジャンプ)していたtokoさん。
・見知らぬ人に、隣りにゴダイゴのスティーブがいることを教えてくれた大阪公演。
・東京ドーム公演は芸能人だらけ
・東京ドームに比べたら武道館は小さく(近く)見える。学園祭のノリだった武道館公演。
・武道館公演で、アリーナ中央で自分からウェーブを起こして大満足のtokoさん。

|

« 玉音放送の公開 | トップページ | 70年目の8月6日 »

藤田朋子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/62023858

この記事へのトラックバック一覧です: 藤田朋子さんのバースデーライブ:

« 玉音放送の公開 | トップページ | 70年目の8月6日 »