« 熱狂の日を振り返る(2) | トップページ | 節目の記念日まであと1週間 »

2015年5月18日 (月)

昭和音楽堂にて

 当店本館TEAROOM*NAOKOのお便り広場にラジオ番組「林哲司&半田健人の昭和音楽堂」にて林哲司さんが竹内まりやさんのコンサートで河合奈保子さんと出会った話しをしていたという情報を頂きました。

 そのラジオ番組は5月10日(日)にSBS静岡放送で放送されたものでしたが、番組ホームページを見るといくつかの放送局にネットされており、その中でもIBC岩手放送では土曜日放送であることに着目。これは1週遅れで放送されているのではないかと推測し、5月16日(土)の放送を聴いてみました。果たしてビンゴ。直接林さんのトークを聞くことが出来ました。そこで、せっかくなので細かいニュアンスが伝わるよう、核心部分を書き起こしておきます。

(林)この番組ではアイドルを特集してやってきましたけど アイドルの中には、もうすでに芸能界から引退されてしまってね、 愛くるしい歌が聴けないという方もいらっしゃいますけど。 このあいだですね、竹内まりやさんのコンサート、昨年の暮れにあったんですけど その控え室でですね、打ち上げの時に、思わず おっ と驚く存在に会いましたよ。

河合奈保子さん。

ご主人と一緒に。

今、娘さんが確か歌手をやられているということですけど
「お久しぶりです」って、あのいつもの元気な感じで挨拶に来てくれたんですけどね。
幸せそうな。。。確かオーストラリアかどこかにお住まいになってるっていうことだったんですけど、懐かしかったですね。

(半田)いいですね、それ。その姿を見てみたいっていうファンの方たくさん居るでしょうに。

(林)そうだよね。


なるほど、林さんが遭遇したのは打ち上げの席だったのか。
客席で遭遇した方はいらっしゃったのかなあ。。

半田さんのコメント受けがファンの思いを代弁してますね♪
それでも林さんのコメントからは、奈保子さんの声や所作が浮かび上がってくるようです。
そして、変わってないんだなあということも分かりますね。
メディアに全く姿を見せない奈保子さんの動静のごく一部ではありますが、こういう形で垣間見せてくれた林さんに感謝です。

|

« 熱狂の日を振り返る(2) | トップページ | 節目の記念日まであと1週間 »

ラジオ」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

コメント

林哲司さんといえば80年代を代表する作曲家のひとりですね。70年代でも「真夜中のドア」とか「SEPTMBER」のヒットもありました。デビューの前年に竹内まりやさんが歌った「SEPTTMBER」は奈保子さんもあるラジオ番組で好きですと言ってました。
奈保子さんにとっても1stアルバム「LOVE」のタイトル曲、オリコン1位のアルバム「あるばむ」に2曲、オリコンシングル1位獲得の「デビュー」ほかいろいろお世話に
なっていましたね。変わったところで作詞も手がけた「タンポポの宇宙」ですね。
1987年奈保子さんが優秀作曲家賞を受賞した作曲大賞では「思い出のビーチクラブ」で大賞を受賞してます。

投稿: hide | 2015年5月22日 (金) 19:36

■hideさん
いらっしゃいませ。
林哲司さんというと私は(たぶん世間的にも)アイドルのワークとしては菊池桃子さんのイメージが強いのですが、奈保子さんもお世話になりましたね。奈保子さんとは相性が良い印象があるので、もっとシングルがあっても良かったんじゃないかなあなんて思います。

投稿: MARU | 2015年5月24日 (日) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/61610008

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和音楽堂にて:

« 熱狂の日を振り返る(2) | トップページ | 節目の記念日まであと1週間 »