« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

減力営業のお知らせ

 毎度ご来店ありがとうございます。

 季節柄、個人的な身の回りがバタバタすることになり、勝手ながら4月の本館TEAROOM☆NAOKO、第二本館Tearoom Amiiは、この雑記帖も含め大幅な減力営業と致します。
 具体的には、PCに触れる機会が週1回程度になる見込みですので、この雑記帖へのコメントや本館に頂いたお便りのレスポンスが大幅に低下します。また、新たに伝えるべき話題があった場合もリアルタイムで追従できなくなります。

 減力営業とはなりますが、当然ながら河合奈保子ファン、尾崎亜美ファンとしての立場はまったく変わりません。5月をめどに落ち着くと思いますので、それまでの間、どうぞご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

日本のラジオ放送90年

 きょう3月22日は放送記念日。そして日本でラジオ放送が始まって90年の日です。1925年3月22日、社団法人東京放送局の放送開始によりラジオの歴史が始まっています。
 この時点で放送局は東京・愛宕山に建設中であり、局舎は東京高等工芸学校(場所は現在の東京工業大学田町キャンパス)を間借りし、送信機は東京市電気局(現在の東京都交通局)が所有していた無線機を借用して放送用に改造と、借り物づくしの「仮放送」でした。愛宕山に移って本放送を開始したのは同年7月ですが、そうまでして放送開始を急いだのは、同時期に社団法人大阪放送局が仮放送の準備を進めており、日本初を大阪に持って行かれないようにということだったようです。まあ経緯はどうあれ、ラジオ好きの私としてはたいへんおめでたい日であります。

 その日から90年ということで、NHKラジオでは3月19日から記念編成で「90時間ラジオ」を放送中。さすがの私も全部聴いてられませんが(笑)、20日午前中の「すっぴん!」にはオールナイトニッポンで一時代を築いた笑福亭鶴光さんと、現在文化放送で平日午後ワイドが人気の大竹まことさんが登場、ラジオについてあれこれ語っていて面白かったです。きわどいトークが売りのこのお二人がNHKに出るというだけでも画期的だと思うのですが(微笑)。ディレクターが始末書を用意して放送に臨んだと番組で紹介されてましたが、切らずに済んだのかな。。

 テレビジョンでは昨21日夜に放送された「放送90年ドラマ・紅白が生まれた日」がとても良かったです。現在に続くNHK紅白歌合戦の原型とでも言うべき「紅白音楽試合」を敗戦の年・1945年大晦日の夜に放送するまでをドラマ化したものですが、当時の世相や放送事情も描かれ、占領軍の「指導」の名の下、制約のある中で番組を実現していく過程は手に汗握るものでした。配役も良かったですね。miwaさんの歌と演技にびっくり。そして、検閲のある世の中にしてはいけないなということも強く思いましたね。結局軍というのは洋の東西問わず、自分に都合の悪いことは放送させないということが良く描かれています。
 このドラマ、ネットでの反響も良いので再放送があるといいなと思います。もっと描き込んで長尺で作っても良かったドラマじゃないかなあ。

 さて、90時間ラジオはきょう夜まで続きますが、ひとつ残念なことが。
 番組企画で「あなたが選ぶ未来に残したい歌ベスト90」というものがありインターネットで投票を受け付けているのですが、投票対象に河合奈保子さん、尾崎亜美さんの曲が1つもエントリーされてないんですよねえ。これでは私は選べません。。。竹内まりやさんですら無いので仕方ないのかもしれませんが、有る人はあるんですよねえ。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

祝!39周年とバースデー

 きょう3月20日は尾崎亜美さんのデビュー39周年の日。そして昨日はバースデーでした。合わせておめでとうございます。

 39周年・・・ということは40年目に突入なわけで、おそらく次の1年までの間に新アルバムのリリースと複数会場でのレコ発ライブがあるんじゃないかなあと期待しています。楽しみ楽しみ。
 いまのところ今年になって亜美さんの歌う姿は先日の東日本応援コンサート1回しか観てないのですが、たくさん観られたらいいな。。。ますますのご活躍を祈念します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

「ラジオ歌謡選抜」で奈保子さん特集を放送

 本館トップページでの告知やhama-pこと濱口英樹さんから頂いたお便りのとおり、FMおだわらの日曜23時からの音楽番組「ラジオ歌謡選抜」、3月15日はデビュー35周年を迎える河合奈保子さんの特集が放送されました。

 15日の放送が聴けず再放送で聴く方もいらっしゃるでしょうから詳細はあえて綴りませんが、大変珍しい選曲があったり、MCの長井英治さん、鈴木啓之さんに加え、ゲスト出演の濱口英樹さんの愛に溢れるトークがあったりと、とっても楽しかったです。1時間が本当にあっという間に過ぎていく感じで。。ラジオでこんなに興奮したのも久々でした。
 音源自体はファンにとっては聞き慣れたものではあるのですが、ラジオを通して聴くとワクワクするという。。やっぱり同じ時間に多くのリスナーが同じ音楽を聴いているということがそうさせるのだと思います。そうそう、ツイッターのタイムライン(#歌謡選抜)も大盛況で大変な盛り上がりでした。

 告知が直前でお聞きになれなかった方もいらっしゃると思いますが、そんな方はぜひ3月22日23時からの再放送を。楽しめること請け合いです。
 FMおだわらは神奈川県小田原市内向けのコミュニティFM放送ですが、インターネットにより全国で聴取可能です。FM聴取エリア外の方はサイマルラジオでお楽しみください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

東日本応援コンサート

 東日本大震災から4年の3月11日、東京・日比谷で行われた音楽イベント「“わ”で奏でる東日本応援コンサート2015 in 東京」を観てきました。
 会場の日比谷公会堂は私にとって初めての場所。日比谷公園は何度も行ったことがありますが公会堂はこれまで縁がありませんでした。昭和4年の完成だそうで、関東大震災からの復興建築の一つとされている建物で東日本大震災の復興を応援するコンサートが開かれるというのも意義深く感じました。

 コンサートの出演者は登場順に、前田憲男とウィンドブレイカーズ/山口マリー/くるみee/EPO/八神純子/尾崎亜美/渡辺真知子(敬称略)。私はいつもどおり亜美さん目当てで切符を取ったわけですが。他にこのコンサートに特別協賛をしているセイコーのグループ社員有志によるALWAYS四丁目合唱団、さらには実行委員長の服部真二セイコーホールディングス会長も登場。この会長がなかなか歌が上手くて、しかも披露したのが自作曲。かなりの音楽好きとみました。だから特別協賛しているのかな。。。少なくとも2020年まではこのコンサートを続けたいとおっしゃってましたね。

 各出演者の曲数は山口マリーさんとくるみeeさんが1曲ずつであとは2曲ずつ。前田憲男とウィンドブレイカーズはインスト演奏を3曲のほか各歌手の伴奏を全般に担当してました。そんなわけで、亜美さんは代表曲の「マイ・ピュア・レディ」を前田憲男とウィンドブレイカーズの豪華な演奏をバックにハンドマイクで立って歌うという、またとないような貴重なパフォーマンスを観ることができました。もう1曲の「スープ」は、自身持ち込みのエレピでいつもの弾き語り。歌っているとき、客席からすすり泣くような声が聞こえてきました。
 EPOさん、八神純子さん、渡辺真知子さんもさすがの素晴らしいステージ。亜美さんもそうでしたが、みなさん有名どころの曲+想いを込めた曲という構成でしたね。前田憲男とウィンドブレイカーズの伴奏も、ほんのりジャスの香りがする昭和の歌謡曲といったテイストでナイスな演奏でした。もちろんインストではジャズ全開!

 選曲も落ち着いたものが多かったですし、司会かかっちり進行していく歌謡ショーのような構成だったこともあってか、客席にちょっと硬さがあったかなと思うところもありましたが、全体としては温かい感じの良いコンサートだったと思います。私にとっては今年初めて観た亜美さんのステージになりました。

 なおコンサートの模様は、「テレビ岩手」「宮城テレビ」「福島中央テレビ」の3局で3月28日(土)10:30~より放送されるそうです。視聴可能な方はお楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

炎の夜から70年

 東日本大震災関連のニュースに隠れがちですが、今日は東京大空襲から70年の日でした。米軍の攻撃が、それまで概ね軍事目標(軍関係施設や兵器工場)への精密爆撃だったものが、都市の非戦闘員を標的にした焼夷弾による無差別爆撃に転換した最初の空襲。東京の浅草、本所、深川といった下町地区は雨のように落とされた焼夷弾で火の海となり、犠牲者は推定で約10万人と言われています。通常兵器とはいえ非人道的な攻撃であったことは語り継がねばならないでしょう。

 語り継ぐためには「教材」があるほうが助けになります。91年に工藤夕貴さん主演で東京大空襲を描いた映画「戦争と青春」が製作され、当時私は映画館で見ましたが、そのすさまじさは忘れられません。単に空襲の悲劇を描くだけでなく戦争が市民生活にもたらすものを様々描き込んでおり、戦争を語り継ぐ上で良い映画だと思うのですが、ビデオ化はされたもののDVDにはなっていないのが残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

河合奈保子トリビュートバンドライブ終了

 かねて告知しておりました河合奈保子トリビュートバンド「yukky & ヤング・センス」の2ndライブは無事、3月1日終了しました。東京・新中野(鍋屋横丁)のライブカフェ弁天は満員の盛況!

 今回は「新中野歌謡サロン~春風の誘惑、素敵にSmile for you~」と題して小泉今日子トリビュートバンド「Wink Killers」との対バン(2本立て)のライブでありました。

 まずは Wink Killersからスタート。Voのまっちゃんさんのキャンディボイスとかわいらしい衣装で一気に80年代アイドルの世界へ。衣装替えまであって、楽しんでもらおうという感じに満ちてました。もちろん演奏もコーラスも素晴らしかったです。曲は基本的にシングルで、小泉今日子さんの曲を当時ラジオの歌番組で流れていた範囲ぐらいの曲しか知らない私も大いに楽しめました。

 そしてyukky & ヤング・センス。いやー、やられました。前回のライブも完成度が高かったですが、今回は選曲も含めてさらにパワーアップ。1曲目がなんと「ダブル・デイト」ですよ。前回はなかった「エスカレーション」「コントロール」といったアッパーな曲もあり、奈保子さんの曲の多彩さを表現した選曲でした。極めつけがアンコールの「Sky Park」。これをライブで聴けるとは!ファンではない一般のお客さんも感動してたのではと思います。そしてそれら多彩な曲を的確に唄い分けるVoのyukkyさん。確かな歌唱力で基本に忠実かつ情感を込めた歌いっぷりは奈保子さんを彷彿とさせるに足るといっても言いすぎでは無いと思いました。演奏も耳なじみのCDの音を極力再現するようなアレンジで、分厚いコーラスも素敵。本当にテンション上がりました。MCでは奈保子さんやファンの思いを代弁するかのようなコメントも多々織り込んで頂いてありがたい限り。こんな素晴らしいトリビュートバンドがあるということを、いつの日か奈保子さんにも伝えられたら・・・なんて思います。

 というわけで、とてもとても楽しい時間でした。70分で14曲というのはアマチュアのライブとしては結構なボリュームなのですが、あっという間に感じましたね。
 「いつの日か第3回のライブもやりたいなと思ってます・・・」というMCがありましたが、実現したらいいな。その日が来ることを楽しみにしています。

○曲目

【Wink Killers】
1.Omens of love~ウインク・キラー
2.真っ赤な女の子
3.私の16才
4.春風の誘惑
5.艶姿ナミダ娘
6.クライマックスご一緒に
7.夏のタイムマシーン
8.尻取りロックンロール
9.水のルージュ
10.優しい雨
11.渚のはいから人魚
12.ヤマトナデシコ七変化
13.魔女
14.なんてったってアイドル


【yukky&ヤング・センス】
1.ダブル・デイト(アルバム「あるばむ」より)
2.ヤング・ボーイ
3.青い視線(ヤング・ボーイB面)
4.ラブレター(アルバム「サマー・ヒロイン」バージョン)
5.Invitation
6.ハリケーン・キッド(大きな森の小さなお家B面)
7.大きな森の小さなお家
8.コントール
9.けんかをやめて
10.エスカレーション
11.デビュー~Fly Me To Love
12.夏のヒロイン

en1.スマイル・フォー・ミー
en2.Sky Park(アルバム「スカイ・パーク」より)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »