« すっぴん!無事放送 | トップページ | 美し都 20年目の1.17(続き) »

2015年1月17日 (土)

美し都 20年目の1.17

 きょうは阪神淡路大震災から20年の日でした。あの衝撃の日から、生まれた子供が成人するほどの年月が流れたのですね。

 さすがに節目の年だけあって、NHKはラジオもテレビジョンも震災関連番組が多かったですね。個人的にはラジオ第一できのうから今朝にかけて、ラジオ深夜便を休止して放送された「ともに迎えたい阪神淡路大震災20年」が特に印象深かったです。震災体験者の手記の朗読が柱の番組でしたが、映像もBGMもない言葉だけの世界なのに、いやだからこそなのか、心に染みました。悔しさや無念さを抱えながら今を一生懸命生きている様子が伝わってきました。ラジオをつけっぱなしで眠ったり起きたりしているうちに、5時46分を迎えました。神戸の東遊園地からの中継。発災時刻に目を覚ましていたのは初めてで、合図に合わせ布団の中で黙祷してました。

 テレビジョンでは、NHKスペシャルで当時の行政担当者が「復興はまだ終わっていない」と語っているのが興味深かったです。街の見た目は復興していても、コミュニティが作れず高齢者の孤独死が相次いでいたり、商店街に客足が戻らなかったり・・・。残念なことですがそうした課題の一部は教訓として東日本大震災に生かされているというのはせめてもの救いかなと思いました。

 20年という節目で例年よりも扱いが多かったですが、しかし節目を過ぎたらもういいだろうともならないわけで。記録し語り継ぎ、教訓を生かすことはこれからも大切なことだと思います。そういう点では、記録メディアでもある新聞の役割もまた大きいかと。1年前の記事にギムリンさんもコメントされてますが、地元紙の執念とでも言いますか、神戸新聞は毎年特集を組み、かつ1年目からのものもすべて見られるようになってます。風化が懸念されるなか、貴重な記録です。ぜひご参考に。

|

« すっぴん!無事放送 | トップページ | 美し都 20年目の1.17(続き) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マスター、こんにちは。1月17日という日は決して忘れてはいけない日ですね。私は震災当時、2歳半でしたので記憶にはありませんが、だからこそ、学ぶ姿勢が大切なのだと改めて感じています。
思えば、平成の四半世紀は災害の時代といえると思います。阪神大震災や東日本大震災といった地震は勿論、雲仙普賢岳や御岳山の火山災害、毎年のようにおこる水害等、日本列島に住んでいる限り、いつどこで、どのような災害に巻き込まれてもおかしくありません。だからこそ、日頃の備えを万全にし、過去の災害の教訓を未来に活かせるよう努めることが重要なことですね。
節目をただ節目だけで終わらせないことが、災害列島に住む私達にとって必要なことだと思います。

投稿: 若年寄 | 2015年1月18日 (日) 06:54

■若年寄さん
いらっしゃいませ。
おっしゃるとおりです。何も付け加えることはありません。若い方にきちんと伝わっていることがわかり、心強いです。

投稿: MARU | 2015年1月19日 (月) 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/60990408

この記事へのトラックバック一覧です: 美し都 20年目の1.17:

« すっぴん!無事放送 | トップページ | 美し都 20年目の1.17(続き) »