« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

再々演 つか版・忠臣蔵千秋楽

 劇団扉座の第55回公演「幻冬舎プレゼンツつか版・忠臣蔵」はきのう4月29日が千秋楽でした。つか版・忠臣蔵は2013年の再演を観ていますが、今回も28日の楽イブと29日の千秋楽の2回を観てきました。
 再々演といっても全く同じではなく、脚本が少し変わってパワーアップ。公演会場となった紀伊國屋ホールにかけて登場人物に紀伊国屋文左衛門が登場したり、東京五輪開催決定とかの時事ネタを織り込んでたり、とか。忠臣蔵になんで時事が・・・と思われるかもしれませんが、この芝居は時空など簡単に飛び越えて何でもアリなのです(笑)。

 舞台から発せられる役者のエネルギーはすごかった。ただ、なんというのかな・・・前回の再演時とは会場が違うせいか、どことなく上品に洗練されたように感じました。再演時の東京会場だったすみだスタジオパーク倉はちょっと言い方は悪いですが安普請の芝居小屋、といった感じだったのに対して、今回の紀伊國屋ホールは小さいながらも立派なホールで音響も良好。そんな環境の違いで感じ方が違ったのかな、と。(意見や感じ方には個人差があります)

 もっとも、つかこうへいさんの芝居をよく観ていたり、それがきっかけで演劇の世界に入った人にとっては、つか芝居の拠点だった紀伊國屋ホールは聖地だそうで。。。そういう方々やそれが分かっている扉座ファン、演劇ファンとってはまた違った感慨を持ちつつ観劇されていたかもしれませんね。私は2011年の音楽劇「オリビアを聴きながら」がきっかけで扉座の芝居を観るようになった初心者で、つかこうへいの名前は知っていてもつか芝居は観てませんから(^^; つか版・忠臣蔵も、つか芝居の名台詞がちりばめられているそうですが、そういう仕掛けは残念ながら私は一切わかりません。

 ただ、そんな下敷きのない私でもこの芝居はやっぱり面白い!ということは仕掛け云々を抜きにしてもよく出来ているということなんだと思います。はちゃめちゃな展開やネタに何度も笑って、でもほろりとさせられて、何度も拍手を送っていました。

 2回参加しただけですが、終わって淋しい・・・幻冬舎がスポンサーになって再演、再々演が行われてきましたが、4度目の再演があるならまた行きたいです。

 あ、そうそう、今回は前売り券が完売になる盛況でした。そんなわけで事前の告知記事は書きませんでした。なにせ紹介しても切符が手に入らないので。。ただ数は少ないながら当日券はあったので書けば良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

サラヴァ東京 奇蹟の夜

 おととい4月25日は東京・渋谷のライブハウス・サラヴァ東京へ。かねて告知していました「ソワレ~河合奈保子を唄う vol.2」を観てきました。いや~、行けて良かった!

Saravah1

 前回のライブがとても良くて楽しみにしていた第2回ですが、今回も名曲・佳曲が並びとっても良いライブでした。第1回に引き続きシングル曲は少なめで(微笑)アルバム曲がたっぷり。ピアノ、ギター、コントラバス、パーカッションというアコースティックな編成でスロー寄りの曲を中心に演奏され、派手ではないけど心地よいサウンドでした。ソワレさんは伸びる高音を生かして予告通り奈保子さんの原キーのまま唄い、前回に続き素晴らしかったです。こうしてライブで聴いて、奈保子さんの曲の良さを改めて感じました。奈保子さんの曲をあまりご存じでない方もきっとそう感じていただけたのではないかと思います。

 トークは奈保子さんのMCを下敷きにしたものが随所にちりばめられ笑いっぱなし。まあファンにしか分からないとは思うのですが(微笑)

 前回と違うところといえば・・・

 今回は新機軸として一部楽曲はリアレンジして演奏されました。そんな曲のイントロだけ聴かせて客席回って「はい、曲は何でしょう!」ってそりゃ分かるわけないですよソワレさん(笑)。でも「愛をください」は奈保子さんもジャジーなアレンジで唄ったことがあるそうで。

 そして、紙テープ。仕込んでいた方が前回よりもたくさんいて、後半の元気な曲では紙テープ乱れ飛びでした。私は前回、準備が出来なかった反省を踏まえサラヴァ近くの東急ハンズで仕込んで参戦しましたが、私が投げると綺麗に弧をを描かず、まっすぐに飛んで行ってしまいまして・・・投げる練習が必要かな。

 さらに今回は、とんでもないサプライズが。アンコールの「パーティーの後でもう一度」で、客席にいらした宮島律子さん、宮島理絵さん・・・すなわちMILKのお二人が、ソワレさんに促されてステージに上がってコーラスをされたのです!奈保子さんのバッキングボーカルだったお二人とソワレさんが同じステージで唄ってるなんて、奇蹟としか言いようがありません。実は客席にいる関係者をステージに引っ張り上げるのはソワレさんの得意技なんですが(微笑)、まさかここで発動するとは。奈保子さんのライブをDVDでしか知らない私ですが、感無量でした。

 ライブ終了後は、前回と同じように残った有志でソワレさん、宮島姉妹を囲んで打ち上げチックに呑み語らい。休業後にファンになった私は当時の想い出がないのでもっぱり聞き役でしたが、楽しいひとときでした。こちらをご覧になっている方もいらっしゃって嬉しかったです。


 客席も盛況で盛り上がったし(前回よりも奈保子ファン多め)、ソワレさんも「地声でDとEが当てられるうちに奈保子さんの曲を唄っておきたい」と言ってましたし、まだまだ名曲がいっぱいありますし、きっと第3回もあるんじゃないかと思っています。MCでは秋ぐらいなんて話しが飛び出していましたが、期待したいです!

<曲目>

○1部
1.トワイライト・ドリーム(Twilight Dream)
2.Invitation
3.疑問符
4.夏のキャンドル(スターダスト・ガーデン)
5.LOVE(LOVE)
6.恋ならば少し・・・(あるばむ)
7.けんかをやめて

○2部
8.愛をください
9.もうひとりの私に(DAYDREAM COAST)
10.風に吹かれて(ブックエンド)
11.今日を生きよう(ブックエンド)
12.潮風の約束(Summer Delicacy)
13.プリズム・ムーン(微風のメロディーC/W)
14.涙のハリウッド
15.星になるまで(NINE HALF)


○Enc
16.薔薇窓(It's a Beautiful Day)
17.パーティーの後でもう一度(Members Only)


おまけ:
お店の外に掲示されていたスケジュールです。
一言コメントに激しく同感!
Saravah2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

熱狂まであと1週間

 世界最大級のクラシック音楽フェスにして大型連休の風物詩、東京国際フォーラムでのラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日音楽祭」。もちろん今年もあります!今年はメインプログラムは5月3日から5日までですが、5月2日に前夜祭コンサートがありますので、実質開催まであと1週間です。

 今年は2005年の初開催から数えて10回目ということで、設定されているテーマは「10回記念 祝祭の日」。これまで取り上げた作曲家から10人を選んで名曲を演奏しまくるという華やかな記念大会となっています。さらに、裏テーマが「アメリカ」。本家フランス・ナントのラ・フォル・ジュルネの今年のテーマがアメリカだったそうで、東京でもアメリカの音楽が取り上げられます。ということでクラシックフェスでありながらジャズも聴けてしまうのが今年のラ・フォル・ジュルネ。小曽根真さんもガーシュインなどをひっさげて登場しますが、残念ながらメインの5月5日の公演は完売・・・でも5月2日の前夜祭コンサートのほうはまだ席がありますので狙い目です。

 前夜祭といえば、5日2日には昨年大好評だったフラッシュモブ企画が今年も登場!昨年は「みんなでボレロ」でしたが、今年は「みんなで第九」。昨年よりはハードルが高そうですが、一般参加でどんなパフォーマンスが披露されるのか注目です。

 今年は演奏会場として新たに大手町よみうりホールが登場。新しいホールでどのような音楽が奏でられるのか、こちらも興味ひかれるところ。

 すべての情報は公式サイトでどうぞ。売り切れ公演も相次いでいますが、ホールA、ホールC、よみうりホール、大手町よみうりホールといった収容力のあるホールの公演を中心にまだまだ買える席があります。座席の確保はお早めに。もちろん無料で楽しめるプログラムもたくさんあります。お祭り気分で盛り上がりましょう。

イメージが湧かないなあという方は、こちらのPR動画をどうぞ!
http://www.youtube.com/watch?v=RcHP2dpmF_Q
私はこれ見るとテンションあがります(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

尾崎亜美ライブ@アースデイ東京

 きのう4月19日は尾崎亜美さんの野外ライブを観に東京・代々木公園のイベント「アースデイ東京」へ。
 ライブが始まる前に会場内を一回り。地球のことを考えるイベント、ということで説教めいたパネル展示とかが多いのかなと思ったら、海外のものも含めて衣類や雑貨、食べ物を売っているブースが多くて、雰囲気は大規模なフリーマーケットといった体でした。大上段に構えてないのがいいですね。

 亜美さんのライブは16:00過ぎにスタート。直前にサウンドチェックで登場したときは長袖の黒い服だったのですが、本番では肩も露わなかわいらしい真っ白な衣装で登場。ちょっと客席がどよめいたような気がします(微笑)。しかしこのとき、結構寒くて。。。亜美さんいわく、昼すぎまでは暖かかったのでちょうどよいだろうと選んだ衣装だそうで、こんなに寒くなるとは思わなかったとのこと。まあそれは観てた私も同じで、もう少し着込んでくれば良かったなあ、なんて。
 そんなわけで肌寒い中のライブとなりましたが、ライブそのものはほんわかと温かい感じで進行。お客さんは大体座って観ていたのですが、子供なんかライブそっちのけでステージ脇を走り回ってたりして、なんともユルい感じが野外ライブならではですね。
 そして後半の「天使のウィンク」~「Prism Train」は手拍子で大いに盛り上がりました。今回のサポートミュージシャンは、小原礼さん(Ba)と是永巧一さん(Gt)という“水戸黄門スタイル”だったのでちょっと期待していたのですが、Prism Trainが聴けて嬉しかったです。天使~からの自然な切り替えがいいんですよねえ、是永さん。

 ライブは正味45分ぐらいだったかな。ホールコンサートに比べればサイズは短いですが、私にとっては今年初めての亜美さんのライブでしたし、声掛けも出来て(微笑)楽しかったです。大満足。

 そのあと、同じステージで加藤登紀子さんのライブがあったので、そちらも観ることに。シャンソン中心に歌いましたがトークも達者でこれまた楽しいライブでした。古稀といっていましたが、言われなければ分からないパワフルさでした。


<曲目>

尾崎亜美&小原礼&是永巧一

1.My Song For You
2.マイ・ピュア・レディ
3.シーソー
4.愛のはじまり
5.天使のウィンク
6.Prism Train
7.オリビアを聴きながら
8.スープ


加藤登紀子 with NTT東日本東京吹奏楽団

1.さくらんぼの実る頃
2.百万本のバラ
3.青いこいのぼりと白いカーネーション
4.愛の賛歌
5.水に流して(私は後悔しない)
6.富士山だ
7.愛はあなたの胸に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

ライブ「歌謡曲伝説」

 告知させていただいたライブ「歌謡曲伝説」(東京・新中野 弁天)は4月12日、無事終了しました。総勢20名のメンバーが、約2時間半にわたって昭和歌謡28曲をお届けしました。ご来場いただきました方に御礼申し上げます。
 
 アマチュアバンドのメンバーとしてライブで演奏するというのは初体験でしたが、とっても楽しかったです。楽しすぎて、終わってしまって淋しい。。。お祭りの後みたいですね。あ、演奏といっても私はパーカッションなのでたいしたことはしてないのですが(^^;
 私以外のプレイヤーさんはみなさんライブ経験豊富な方々で、昭和歌謡への愛もあり完成度の高い演奏になりました。特にホーン隊の存在は大きくて、演奏していても心地よかったです。

 そもそもなんでライブに参加することになったかというと、、、この企画が持ち上がったのが、昨年11月4日に東京・立川CRAZY JAMで開催された河合奈保子セッションの2次会の席でして。プレイヤーさんで盛り上がっていたのですが一緒に飲んでいた私も巻き込まれた誘われた、という次第。何せ未経験なので最初はとまどいがあったのですが、ライブの楽しさを知ることになり、参加の機会を与えてくださったことに感謝しています。


<曲目>

第1部 レッツゴーヤング的アイドル路線

ムーンライト・カーニバル/サンデーズ
素敵なラブリーボーイ/小泉今日子
少女人形/伊藤つかさ
風立ちぬ/松田聖子
センチメンタル・ジャーニー/松本伊代
ファースト・デート/岡田有希子
木綿のハンカチーフ/太田裕美
Believe Again/浅香唯
I Don't Know! /BaBe
Give Me Up/BaBe


第2部 コッキ−ポップ的ニューミュージック路線

ウエディングベル/シュガー
白いページの中に/柴田まゆみ
シンデレラサマー/石川優子
悪女/中島みゆき
亜麻色の髪の乙女/ビレッジ・シンガーズ
飛んでイスタンブール/庄野真代
あなた/小坂明子


第3部 夜のヒットスタジオ的大人歌謡路線

Happy endでふられたい/杏里
Oneway Generation/本田美奈子
他人の関係/金井克子
初恋/村下孝蔵
NEVER/MIE
まちぶせ/石川ひとみ
曼珠沙華/山口百恵
フライディ・チャイナタウン/泰葉


アンコ−ル

春一番/キャンディ−ズ
スマイル・フォ−・ミ−/河合奈保子

ビバノンロック(8時だヨ全員集合ED)/ザ・ドリフターズ

-----------------------

 ちなみに選曲はボーカルの女性3人が歌いたいものを基本にして、1部から3部に振り分けて決めていきました。アンコールには私のリクエストも押し込んでありますが(微笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

kahoさんの初ライブ!

 きのう13日は東京・両国国技館へ。TOKYO PIANO JAMBOREEを観てきました。もちろんお目当てはkahoさん。なんてったって一般のお客さんを入れた公の場での初ライブですからね、これを見逃す手はあるまいと。。。

 kahoさんは出演9組中、2番手で登場。2階席から観ていたこともありますが、ちっちゃい(微笑)
 洋楽カバー3曲、そしてデビューシングルのEvery Heroを披露しましたが、実に堂々とした弾き語りで、すばらしかったです。実力者・人気者が多数出演したイベントでしたが、決して引けを取らない演奏・歌唱だったと思います。Every Heroはピアノ弾き語りに合わせたのかスローなアレンジで、CD音源の疾走感とはまた違った味わいが良かったです。発音も聞き取りやすかったですし。

 一方、トークはちょっと硬めだったかな。時間の関係なのか最小限のMCで自己紹介もほとんどなかったのですが、もう少しアピールしても良かったんじゃないかなあ。。。その辺の奥ゆかしさは母親譲りなんでしょうか(微笑)。「初ライブです」というと場内が軽くどよめいてました。

 今回、出演者は演目テーマを発表してから演奏に入ったのですが、kahoさんは「歌保です」でした。これが私です、という意味なのかな。。プロフィールにも出していない本名を出したのは注目に値すると私は思っています。


 このイベントライブ、両国国技館が会場ということでいろいろと趣向を凝らしていました。
 国技館の周りには出演者の幟が。もちろんkahoさんのものもありましたが、何故か他の出演者と離れたところに独立で立っていまして・・・これって特別扱いなんでしょうかね。。。うん、そう思うことにしよう(微笑)
Tpj_kaho

 出演者は呼び出しさんの名乗りを受けて花道から登場、そして懸賞幕(スポンサーの宝山)とともに、演目テーマが舞台をぐるりと1周と、大相撲中継を見たことのある人ならニヤリとするような演出でした。トリに登場したKANさんは立行司の姿で登場し爆笑でした。

 客席は女性がかなり多め。スキマスイッチのファンが大勢いたようで登場するたびキャーキャー言っていたのですが、ファンの垣根を越えて一番場内が沸いたのは清水ミチコさんではなかったかと感じました。すばらしいアーティストでありエンターテイナーです。

 本館お便り広場に情報を頂きましたが、公式サイトにさっそくレポートが出ていますのでどうぞご覧いただければと。曲名が分からなかったので助かります(^^;
 そして、ラジオと衛星放送での放送予定も掲載されています。こちらもチェックですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

ライブのお知らせ♪亜美さんの野外イベントライブ

 このところライブのお知らせが続きますが、尾崎亜美さんの無料ライブをご紹介♪
-------------
アースデイ東京2014
http://www.earthday-tokyo.org/2014/
メインステージライブ

日時:2014年4月19日(土)16時頃から
場所:代々木公園イベント会場内
-------------

 地球のことを考えるイベントのメインステージに「尾崎亜美&小原礼ライブ」として出演します。
 こういう野外での無料イベントでのライブは久々ですね。敷居が低いので「興味はあるけれどホールライブは・・・」と二の足を踏んでいる方にもおすすめ♪
 お近くの方はお立ち寄りいただき生の演奏に触れていただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

ライブのお知らせ♪あのソワレさんが再び・・

 すでに本館お便り広場にも情報を頂いてますが、シャンソン歌手のソワレさんが昨年8月にやった河合奈保子さんの曲だけを歌うライブの第2弾が決まりましたのでサラヴァ東京からの告知を紹介します。

-----------------------
ソワレ〜河合奈保子を唄う vol.2

日時:2014年4月25日 (金) 19:00 open 20:00 start
場所:サラヴァ東京(東京・渋谷)
料金:Adv. 3,500円(1drink付) Door. 4,000円(1drink付)

前回大好評だった河合奈保子さんのナンバーズオンリーライブ。今回もオール原キーでシャンソン歌手ソワレが80年代ナンバーを唄いまくります。春の楽曲を中心にアコースティックな編成でお届けします。河合奈保子さんの珠玉な名曲たち酔いしれましょう。

出演:ソワレ 北園優(ピアノ) うのしょうじ(ベース) 大西孝明(ギター)
-----------------------

 待望の第2弾!今回はドラムがない代わりにギターが入りますが、どんな感じになりますか。選曲も楽しみですね。前回はアルバム曲が多めの「おおっ」と思う選曲でしたが、今回もきっと驚かせてくれるのかなと想像しています。紙テープのことについて触れてませんが、たぶんOKなんじゃないかな。腕に覚えのある方はぜひ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »