« 見終わりました | トップページ | 鎮魂の3月 »

2014年3月 9日 (日)

残念すぎる特番

 いささか時期を逸しましたが・・・3月2日(日)にテレビ東京で「開局50周年特別企画 50年のモヤモヤ映像大放出!この手の番組初めてやりますSP」という特番が放送され、本館お便り広場にも頂いたように河合奈保子さんの映像も出ました。テレビ東京にはかつて往年の人気アイドル番組「ヤンヤン歌うスタジオ」があり、それを振り返るコーナーで出たのです。
 で、普通なら「映像が見られて良かった・・・」で終わるところですが、残念ながらそうはなりませんでした。
 どのような形で映像が出たかというと、ヤンヤンで歌った回数の歌手別ランキングTOP10の紹介だったのですが、奈保子さんだけがVTRの尺があまりにも短かったのです。下の表を拡大してご覧ください。

Yanyan

 一目瞭然、TOP10にランクインした他の歌手が概ね50秒前後紹介されているのに対して、奈保子さんはたったの16秒。そう、「スマイル・フォー・ミー」の例のサビの一節だけ。他の歌手は最低2曲は紹介されてるのに。。。これ、TOP10圏外からピックアップされて紹介された歌手とほぼ同じ扱いです。いや、そのTOP10圏外でさえ同期の歌手はボーナス映像ふくめ137秒も紹介されているのに。。。とにかく、TOP10に入った歌手の中で奈保子さんだけがあまりにも不当な扱いを受けているのはデータから明らかです。しかも奈保子さん、5位とはいえ女性歌手ではトップにも関わらずですよ。

 今回のランキングはテレビ東京に映像が残っている放送回のみで集計したということで、そもそも正確性に欠ける面はあります。ですからあまり熱くなってもしょうがないという考え方もあるかもしれません。でも、割り切って基準を決めてランキングを作成したのですから、番組でのVTR紹介はランキングに従って公平に扱ってもらわなければ困ります。ランクインしても扱いが小さいならランキングにした意味がありません。恣意的に特定の歌手を大きく取り上げたい、あるいは扱いを小さくしたいなら、ランキングなど作らず「こんな人が歌ってました」でランダムに映像を出せば良かったのです。番組スタッフは猛省すべきです。

 ああもう、残念で残念で、悔しくて後味が悪すぎるコーナーでした。そのほかのコーナーは貴重映像とテレビ東京のやや自虐的な進行でとても面白く楽しめたんですけどね。

 音楽面を含め、奈保子さんが正当に評価されていないということは何かにつけ感じていることですが、こうして不当な扱いを受ければ受けるほど、私の奈保子さんへの想いはいっそう強まるのです。私にとって奈保子さんが原点・ホームルームのような存在であることはいささかも揺らぎません。

|

« 見終わりました | トップページ | 鎮魂の3月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

コメント

ファン歴3ヶ月ほどの新参者です。
この番組は、見逃した〜と残念に思っていたのですが、マスターの文を読んで、かえって見なくて良かったのかも、などと思っています。自分も、ここまで扱いが違かったら、絶対にむしゃくしゃしてしまったと思います。見てない自分がいうのも変ですが、マスターの思いに100%賛同します!!

投稿: smileforme | 2014年3月 9日 (日) 23:01

 なるほど。そういうことがあったのですね。その番組は見ていませんでしたが、プロダクションの力関係で、現在、現役でない奈保子さんは短くされてしまったということもあるのでしょうか?理由はどうあれ、とても残念なことです。

 他の番組でも昔のアイドル特集を放送する時に奈保子さんより売り上げも人気もなかったアイドルがVTRで流されているのに、奈保子さんはなしということがありましたが、奈保子さんは過小評価されていますね。ファンとして、とても悔しいです。
私は死ぬまで、奈保子さんを応援します!

投稿: めたる | 2014年3月10日 (月) 12:19

MARUさん、詳細な分析、大変お疲れ様でした。
私も番組は見逃しましたが、単に言葉だけでなく、いかに奈保子さんの尺が短かったのかグラフで一目瞭然です。これは酷いですね。
テレ東さんは、こういうことをしない傾向の局だと思っていたのですが。
皆さんの感じていらっしゃる通り、不当な扱いを受けると、逆に奈保子さんへの思いがヒートアップしていきますね!

投稿: REVIVAL | 2014年3月11日 (火) 21:23

■smileformeさん
いらっしゃいませ。3ヶ月前からファンになりましたか!素晴らしいです。
奈保子さんの映像がTVで出る機会はそうそうないので、出ただけでも良しと考えることも出来ない訳ではないのですが、ここまで扱いが不当だとさすがにどうかと思います。

投稿: MARU | 2014年3月11日 (火) 23:20

■めたるさん
いらっしゃいませ。
現役でないとか、プロダクションの力関係という切り口で見ても、奈保子さんの後輩である石川秀美さんがしっかり50秒出てますので、奈保子さんだけが極端に短い理由にはならないですね。短くなる合理的理由が見当たらないだけに本当に残念でした。

投稿: MARU | 2014年3月11日 (火) 23:27

■REVIVALさん
いらっしゃいませ。
詳細分析といっても、VTRの秒数を単純にカウントしただけですので(^-^;
集計をしてみて意外に思ったのが、他局ではありがちな「スタジオ出演者を優遇」が基本的には無かったことでした。井森美幸さんだけは「ネタ」として扱われましたが。。その点は公平感があっただけに、奈保子さんの扱いの不当さが際立ちます。

投稿: MARU | 2014年3月11日 (火) 23:34

この番組僕も見たような・・・
ちなみにこういうときって、放送局のホームーページから意見だしたりされます?
僕は気づいたらNHK,民放に限らず何かと意見だしています。

投稿: AT | 2014年3月24日 (月) 00:18

■ATさん
いらっしゃいませ。
今回はテレビ東京のHPから意見を送りました。黙っていては伝わらないですからね。

投稿: MARU | 2014年3月25日 (火) 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/59263851

この記事へのトラックバック一覧です: 残念すぎる特番:

« 見終わりました | トップページ | 鎮魂の3月 »