« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

kahoさんのラジオ出演

 12月26日に放送された「kahoのオールナイトニッポンGOLD」、当夜は忘年会で聴けず、遅ればせながら録音しておいたものを聴きました。

 冠番組とはいえ、さすがにデビューしたての15歳、さらにラジオ初挑戦で番組のすべてを仕切るのは難しかったとみえて、サポートに入ったニッポン放送の吉田尚記アナが実質的な進行役でしたが、聞き手に徹してkahoさんの言葉をうまく引き出していたように思えます。
 初めて聞くkahoさんのしゃべりは、落ち着いていて丁寧な対応が印象的。歌声ほど低音ではありませんね。ちょっと日本語怪しいかな、と思えるところも無かったわけではありませんが特に気になるようなものでもなく。それよりも、曲タイトルなど英語部分になると途端にネイティブ発音にスイッチするのですね(微笑)。まるでライブでの藤田朋子さんみたい。ふだんは兄とも英語で会話していて日本語を使うのは両親と話すときだけ、だそうですから、本当に英語(豪州なので米語ではない)がベースのようです。
 主に吉田アナの質問にkahoさんが答えるという形で進行していましたが、kahoさんの素顔や家族の様子が垣間見えて興味深かったです。作詞をするのにネットで写真を見つけてイメージを膨らませているとか、へーと思うようなことも。

 番組の目玉はラジオライブだったのですが、これ良かったですね!カバー、オリジナル交えてたっぷり聴かせてくれましたが、本格アーティストだ!と思わせるに十分な素晴らしいものだったと思います。加えてCDよりも日本語詞がはっきりしていて聞きやすかったですね。うーん、ニッポン放送のエリアでAMステレオ放送(またはradiko)で聞いてみたかったなあ。。1曲だけオフィシャルサイトがYoutubeにライブの収録の様子をアップしていて、クリアな音で聞くことができますが。

 総じて今回の放送はリスナーに好感を持って貰えるようなものだったと思います。ラジオを聞いてオフィシャルサイトにアクセスしたりCDや配信の購入につながっていたら嬉しいな。

 そうそう、トークの中身からするとスタジオには父がついてきてたみたいでしたね。まあ母が出てきたら大騒ぎになるでしょうから、当然かもしれません。


 * *

 ということで今年も残りわずかとなりましたが、当店の年内営業はこれにて終了。1月4日までお休みを頂きますのでよろしくお願いします。みなさん良いお年を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

鎌倉のスペシャルな夜

 一昨日になりますが23日は鎌倉へ。この時期おなじみになっている鎌倉歐林洞ギャラリーサロンでの尾崎亜美さんのライブを観てきました。サポートミュージシャンは是永巧一さん(G)と小原礼さん(B)。是永さんは久しぶりですねー。

 毎年似たようなライブレポになってしまうのですが、洋菓子店2Fの小空間で繰り広げられるライブは、ミュージシャンと客席が空間的にも心理的?にも近い濃密な空間で、まさにスペシャルなのです。何というかお互い勝手知ったる、みたいなところがあって、亜美さんも「歐林洞だからいいよね」と何度も口にしてたぐらい。ライブをやるというよりも仲間に会いに行くという感じが強いかも・・・なんて。そういえばライブのタイトルも「湘南WINTER MEETING」ですものね(笑)。そんなわけで客席のリピート率も高く、今年はチケットが10分で完売したとか。。

 1部はおなじみの定番曲や最新アルバム「soup」の曲を中心に。トークも多めで笑いが絶えなかったですねー。是永さんが12月25日生まれで最近“ホーリー”という愛称が付いたということで、それに対抗して?礼さんは“スマイリー”になったそうなのですが、そうすると“スマイリー小原”となってこれでは踊る指揮者じゃないですか(笑)

 1部と2部の間の休憩タイムは階下の喫茶室でワインとお菓子というのも例年どおり・・・ですが、お菓子はいつものパウンドケーキではなく生ケーキでした。美味しかったー。

 2部はクリスマスソングを交え、また最近のライブの傾向になりつつある「視聴者参加型」の曲も入って盛り上がりました。ここは手拍子がよく響くので心地よいですね。あんまり響くので打ち込みのカウントの音が取れず演奏やり直しなんてこともありましたが(笑)。また礼さんのベースから始まる曲があったのですが、最初手拍子のリズムが合わず、演奏後に亜美さんから「来年はもっとリズム感をよくしてね」と言われてしまうなんてこともありましたが(微笑)、まあそのぐらい「参加したい」という気持ちが溢れていたということで。
 そう、参加したいといえば、今まで歐林洞ではなかった「スタンディング」がありました。伏線として2部の終盤で「まばら立ち」があり、アンコールのときにスタンディングを期待するかのようなMCがあったりしたのですね。歐林洞はステージが高くなっておらず客席と同一床面(フラット)ですから、これまでスタンディングは個人的に自粛していたのですが、じゃあということで客席前方が続々立ち始めたら亜美さん「総立ちは後ろが見えなくなるから全員着席!」ですって(笑)。ということで、亜美さんの歐林洞ライブではスタンディング禁止が明確になりました。まあ、これも実際に立ってみて分かったことではありますが。

 休憩を除くと正味約2時間のライブでしたが、楽しい時間は本当に速く感じられますね。ライブの後は物販&サイン会で、長い行列が出来ておりました。私は原点ともいうべき「POINTS-2」の紙ジャケリマスタ再発盤を購入して列へ。はい、これは河合奈保子さんに提供した「微風のメロディー」をセルフカバーしたアルバムですね。これのインナーにサインを入れていただきました。大切にします!

 これで亜美さんは今年の歌い納め、私も聴き納めです。また来年もあると良いな。

<曲目>
1.VOICE
2.My Song For You
3.マイ・ピュア・レディ
4.シーソー
5.1グラムの歌
6.ヒメジョオン
7.愛のはじまり
8.オリビアを聴きながら

9.BENGAL BABOO BABE
10.Joyful Joyful
11.The Christmas Song
12.サンタが町にやってくる
13.気分を変えて
14.グルメ天国
15.天使のウィンク
16.Prism Train
17.スープ

en1.待っていてね
en2.Have Yourself A Merry Little Christmas~Silent Night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

祝復刻! NAOKO THANKSGIVING PARTY

 本館TEAROOM☆NAOKOで既報のとおり、河合奈保子さんの88年バースデーコンサートを収録したビデオ「NAOKO THANKSGIVING PARTY」が来年2月にDVDで復刻発売されることになりました。
 奈保子さんのライブ映像作品は昨年11月に6タイトルがまとめてDVDで復刻され、5作品同時にオリコンの音楽DVD部門でTOP30入りする快挙となりましたが、これに続く復刻が実現し嬉しい限りです。

 発売元のコロムビアのサイトでは18日現在、復刻について告知が出ていないのですが、販売店サイトでの情報発信はだいぶ進んできました。当初は1枚組とだけ発表され収録内容詳細が不明だったのですが、ここへ来て各サイトとも収録曲が掲載されました。これによると、オリジナルのビデオ発売当時は3巻に分けて発売されましたが、その3巻分の全収録曲を1枚のDVDに収める仕様になっています。それでいて価格は3675円で、これはお買い得と言わずして何と言いましょう!

 ということで来年2月19日が楽しみになりました。手に入れて観るのはもちろん楽しいのですが、発売を待つ間も楽しいのですよね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

データは見方が大事

 11月27日に発売されたkahoさんのデビュー盤「Every Hero/Strong Alone」ですが、先週発表の12月9日付オリコンCDシングル週間チャートで34位にランクインしてますね。

 この数字を見てどう思うかは個人差があると思いますが、T2U音楽研究所の臼井さんはツイッターで下記のとおりの解説を加えています。

 なるほどね!複数バージョン商法が幅広く行われるようになり、配信も浸透している現在では、データをそのまま読むだけでなくこのような分析も必要ということです。

 そんな臼井さんは発売中の日経エンタテインメント!2014年1月号でもヒットチャートの分析をしていますね。CD売上は特殊ルートの販売を含まないサウンドスキャンのデータを使い、さらにカラオケ、歌詞検索、ダウンロードなど複数のチャートを見ることで本当のヒット曲を探ろうというもので、読んでいて痛快です。その商法が何かと言われるAKBグループであっても、複数チャートにランクインしている曲であれば正当に評価しており、偏った考え方で書いていないことも分かりますので、どうぞ参考に。


 そうそう、これまた発売中の週刊プレイボーイ(12月19日号)に「80年代アイドル総選挙」なる記事が出ていますが、こちらも複数の指標を並べて見ていますね。記事の最後のオチがなかなか良くて、一つの指標しか見ないとヘンな結果が出ますよという典型に思わず笑ってしまいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

12月8日を迎えて

 きょう12月8日は太平洋戦争開戦から72年の日です。8月15日の終戦の日前後になると戦争関連番組が多く放送されたりしますが、本来であれば「終わらせた日」ではなく「始めた日」こそ、戦争について考えるにふさわしい時期ではないかと思ったりします。すなわち、なぜ始めてしまったか、ということ。もっとも、戦争は対米英戦だけではなく、その前にもすでに日中戦争を始めていたことも忘れてはなりませんが。

 最近の政治情勢や取り巻く環境などを見るに、どこかきな臭さが漂うように感じるのは私だけでしょうかね。なんとなく流されていって、気がつくと取り返しのつかないことになっていた、ということになりはしないか。。。
 と書くと堅苦しくなりそうですが・・・私は、好きな音楽を自由に聴き、演奏することができる日常であることは素晴らしいと思っています。ただそれだけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

Mariya's Songbook 本日発売

 前記事でも紹介しましたが、竹内まりやさんの提供曲をオリジナル歌手の歌唱で集めたコンピ盤「Mariya's Songbook」、本日12月4日が発売日です。とはいえ店着日は12月3日ですのですでに手にした方もいらっしゃると思います。私も大手CDショップの通販で予約していたので3日に届きました。

 で、注目のライナーノーツですが(←そこかい)
 収録曲の歌詞の隣に、ひとつひとつ「想い出エピソード」が綴られています。奈保子さんについては、一言でいうとべた褒めです♪なにしろ表現力や歌唱力に直接言及しているのは奈保子さんぐらいなのです。あ、実力派とか、別の表現でべた褒めしている方もいらっしゃいますが。。。奈保子さんに限らずどのエピソードもポジティブで読んでいて楽しいし、まりやさんの思い入れも分かるので大変興味深いです。是非お買い求めの上ご確認いただければと。

 そうそう、2枚組のコンピですが、Disc2は「Mania's Songbook」と名付けられています(笑)。Disc1が主だった曲、という扱いだそうです。「Invitation」はDisc2収録ですが、世間的な印象からするとまあそんな感じでしょうね(微笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »