« 紅白に出で欲しい80年代アイドル | トップページ | 【速報】ミュージカル「バイトショウ」プレオープン会見 »

2013年9月24日 (火)

亜美さんの紙ジャケ再発・続報

 尾崎亜美さんのポニーキャニオン時代のオリジナルアルバムが再発売されるという件、すでに紹介したとおり10月に5枚、11月に5枚の計10枚の再発が決まっていますが、その後はあるのか?気になるところ。その計画がわかってきました。

 企画・監修の金澤寿和さんのブログによると、再発売を予定しているのは全部で13枚。ポニキャンから発売したアルバムはベスト盤を除くと17枚と勘定できるので、そうなると4枚は再発対象外・・・あらら。この点について金澤さんは「紙ジャケリイシューなのでアナログ盤(LP)で出ていたものを対象にした」とのこと。
http://lightmellow.livedoor.biz/archives/51974899.html

 ということは、まだポニキャンや販売店で発表されていない再発対象の3枚は「時間地図」「ラピスラズリ」「Dinner's Ready」ということになりますね。ちょうど一時休業前までの作品までということです。

 うーん、紙ジャケだからアナログ盤を対象って、まあわからないではないですが、河合奈保子さんの全アルバムをリマスタリングで復刻したBOXセット「Naoko Premium」ではCDで発売された後期のアルバムも含めてすべて紙ジャケ仕様でしたし、やってできない話ではないんじゃないかと。もちろん、単品の再発とBOXセットではいろいろ条件が違うので単純比較はできないとは思いますけど。

 再発対象から外れた4枚も良い作品なんですけどねー。それでもまあ、決して大きな需要が見込めるとは思えない中で13枚を豪華仕様で再発するわけですから、そこは喜びたいと思います。残りは通常盤で再発ってならないかなあ。。

|

« 紅白に出で欲しい80年代アイドル | トップページ | 【速報】ミュージカル「バイトショウ」プレオープン会見 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

なるほど、そうだったんですね。それで勘定が合いました。実は私は「ラピスラズリ」と「Dinner's Ready」はCDしか持っておりません。CDで買い始めたのが「Points-2」からで、その後中古でLP買ったりしたのですが、「Dinner's Ready」の時代にはもうアナログ盤自体出荷が少なかったのではないでしょうか。アナログ盤の方がジャケットが大きいというのが魅力でもあったのですが、「Dinner's Ready」は特に大きくても…というのが難で(笑)

投稿: ハイパパ | 2013年9月26日 (木) 21:47

■ハイパパさん
いらっしゃいませ。
私は10年ほど前にPOINTS-2を中古LPで買ったのが始まりで。。。なにせ「微風のメロディー」のセルフカバー版音源を聴きたいというのが動機でしたから。その後新品CDを買っていって・・・私の場合CDのみ持っているものが多いです。
LP盤の魅力にはジャケットの大きさだけでなくインナーの大きさもありますね。この年になるとあの大きさがありがたかったり(微笑)

投稿: MARU | 2013年9月27日 (金) 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/58254303

この記事へのトラックバック一覧です: 亜美さんの紙ジャケ再発・続報:

« 紅白に出で欲しい80年代アイドル | トップページ | 【速報】ミュージカル「バイトショウ」プレオープン会見 »