« イルカ with Freiends vol.9 | トップページ | ヒロシマに一番電車が走った »

2013年8月 3日 (土)

chanter et chanter ! 23

 きょう8月3日は藤田朋子さんのバースデー。おめでとうございます。その藤田さん(以下tokoさん)のライブ「chanter et chanter ! 23」を昨夜観てきました。場所は毎度おなじみ東京・南青山MANDALAで、ミュージシャンもこれまたおなじみ桑山哲也さん(Acc)、黒木千波留さん(Pf)、増根哲也さん(B)の3人。最近のライブはこの3人で固定してますね。

 昨夜のライブは誕生日イブということもあってか客席は満員御礼状態で、tokoさんもご満悦。ミュージシャンに「今日はバックチャージがたくさん出るよ」と言っておりました(笑)。
 そんな誕生日イブのライブは、1部はtokoさんがしゃべり倒して終了というイメージ(爆)。TVのロケでインドネシアに行ったことがどうしてもしゃべりたかったそうで、その道中の大変さを面白おかしく力説していました。曲は夏の歌しばりで。いつもよく歌う曲ではなく“古いものを漁って”持ってきたとこのとで、私も初めて聴くがいくつかありました。トークが長かったので曲は少なめ。
 2部はよく歌う歌が中心でしたが、加藤登紀子さんの「今どこにいますか」は初めての歌唱。そして、恒例の「お誕生日コーナー」もありましたが、誕生日イブのtokoさんのライブでお客様の誕生日を祝うというのも不思議な感覚ですね。ここで歌う曲は「君の誕生日に」と決まっているのですが、どうしたことか今回tokoさんが途中で迷走しかかって、演奏の桑山さんが上手くフォローして戻していたのが微笑ましかったです。
 1部でしゃべり倒したtokoさん、2部はさくさく進めたら案外早く終わりそうになって、アンコールではなく本編に急遽1曲追加。こういうの嬉しいですね。

 というわけで歌もトークもたっぷり楽しめたライブになりました。これでドリンク1杯付き4500円は実に安い!芝居も好きだけど歌も大好き、だからずっと歌っていきたいと言っていたtokoさん。またのライブも楽しみにしています。

<曲目>
◎1部
・虹の彼方に
・空が痛い
・夏の記憶
・SUMMER WITHOUT YOU
・夢やぶれて
・恋のシーズン

◎2部
・神ともにいまして
・今どこにいますか
・見上げてごらん夜の星を
・君の誕生日に
・HOME
・シェルブールの雨傘
・LOVE LETTERS(←追加曲)
・他に何もいらない

◎アンコール
・パリの空の下セーヌは流れる(inst.)
・愛の音
・夕映え
・おやすみ

<トークハイライト>
・海外ロケには自信があったけど今回のインドネシアロケはもう大変!でも放送で使われたのはホンのちょっと。
・昔の持ち歌はキーが高くて・・・制作側が今井美樹さん風を狙ってたみたい。。。
・CDを出すのは大変。自分の思い通りになんか行かない。
・NHK朝ドラのオーディションを勧めてくれた塩屋俊さんの思い出。
・1部で全くしゃべらなかったので、休憩中にお客さんから「ケンカしたんですか?」と訊かれた桑山さん。
・インドネシアロケから帰って来たtokoさんを成田空港に迎えに行ったら、家までの道中「聞いて聞いて聞いて」と話しをずーーと聞かされた桑山さん。
・90分のコンサートで6曲しか演奏しなくてあとはずーっとしゃべってたら、ホールの方から「面白かったけどこんなに曲が少なかったのは他にさだまさしさんぐらいです」と言われた桑山さん。

|

« イルカ with Freiends vol.9 | トップページ | ヒロシマに一番電車が走った »

藤田朋子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いつもライブの感想をありがとうございます。さすがに詳しい!昨日はちょっと変なテンションで…。でもかなり楽しく歌えて(喋れて)幸せでした。どうもありがとうございました!また是非clover

投稿: toko | 2013年8月 3日 (土) 22:07

■toko様
いらっしゃいませ!
こんなところに直々のお出まし光栄です。ありがとうございます。
ライブレポは雰囲気を知ってもらいたくていろいろ書いてますが、詳しすぎるかしら(^^;
また歌ってくださいね。告知DMお待ちしていま~す。

投稿: MARU | 2013年8月 4日 (日) 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/57918221

この記事へのトラックバック一覧です: chanter et chanter ! 23:

« イルカ with Freiends vol.9 | トップページ | ヒロシマに一番電車が走った »