« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月27日 (水)

来週の週刊現代

 当店本館のお便り広場に「嘉門達夫さんが今週、週刊現代で河合奈保子さんのことを売野雅勇さんと対談する」という情報を頂いていましたが、本日その対談があったそうで、嘉門さん本人のブログでもさっそく触れられております。

 河合奈保子 ~冷やし中華始めましたか?(知らんガナ!)

 嘉門さんと売野さん、そして元マネージャさんとの鼎談だったようです。記事が載るのは来週発売の号ということですから、楽しみに待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

「つか版・忠臣蔵」再演拝見!

 ということで、扉座の「幻冬舎プレゼンツ つか版・忠臣蔵」を昨22日夜に観てきました。
 会場の「すみだスタジオパーク倉」はJR錦糸町駅から歩いて15分ほどで、繁華街からは離れた住宅やオフィス、町工場が混在するようなところ。入口には出演者の幟が立ち並び、いかにも「芝居小屋」というイメージ。劇場内も幟があったり提灯が下がっていたりと芝居小屋の雰囲気満点でした。席数は200もないかしら。開演前には劇団の役者さんが煎餅や饅頭を売り歩いています。

 で、芝居ですが、とっても面白かったです!赤穂事件あるいは仮名手本忠臣蔵として有名なストーリーはとりあえず忘れましょう!というぐらいのあっと驚く筋書きでスピード感とダイナミックさに2時間押しまくられました。筋書きと演出は簡単に時空を飛び越え、登場人物のキャラクターがあんなことやこんなことになっていて、そりゃないでしょうよという笑いのポイント多数。それでいてホロリとさせられたり考えさせられたりというシーンもあって、まあ忙しかったこと(笑)
 しかしまあ、考えてみれば私たちが良く知っている「忠臣蔵」も、赤穂事件を題材にしてはいるものの芝居として創作・脚色したものであって、史実とはずいぶんと違うわけで。

 終演後、ロビーで主宰の横内さんにご挨拶。「ハチャメチャで面白かったです」と言ったら「大真面目に書いているんですよ」と切り返されました(^^;

 とにかくネタばらしはとても出来ないような芝居で、これはもう実際に観て感じていただきたいと思います。お勧めなんですが残り席がとても少なくなっているようで。。。

 で、そんな人気公演なのに、なんと学生さんを無料で招待しちゃおう、という無謀が企画が出来ていて、上演後のあいさつでもプッシュされておりました。2月28日の夜、「カネはないけど時間はある」という学生さん必見です。
 無謀ナイトご案内
 芝居の前のトークショーには六角精児さんも出演される予定だそうです。(芝居本編への出演はありません)
 大人は観劇できませんが、芝居を知らない周りの若者にぜひ勧めて欲しいとのこと。観劇応募は2月25日(月)までとのことなので、お早めに~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

再演「つか版・忠臣蔵」は2月19日から

 音楽劇「オリビアを聴きながら」の再演にあたってブログライター会見に参加した縁から劇団扉座推しになった私ですが、次の公演「つか版・忠臣蔵」の再演が2月19日から始まります。会場は東京・錦糸町に近い「すみだパークスタジオ倉」ですから、東京スカイツリーのお膝元ですね。

 この公演、昨年の初演を尾崎亜美さんがご覧になって「すごく面白かったー」と公式サイトのブログでコメントしてます。私は初演を観ていないので、今年は見逃さないようにしなければと準備しております。

 公演の詳しい案内は劇団の公式サイトを。

 ただ、ハコが小さいらしく、昨年評判の公演がスポンサーである幻冬舎の厚意でプライスダウンということも相まってか、すでに日程の多くが前売完売となっていて、特に土日は全滅 (^^;
 実は私もうかうかしてたら土日は取れなかったのでした・・・。

 残席わずかのようですので切符はお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

「B面コレクション」の英断に拍手

 1月23日に発売された河合奈保子さんのゴールデン☆ベスト「B面コレクション」が「A面コレクション」並みに売れているようですが、amazonなんかを見ているとB面コレクションのほうが反響が大きかったりします。(レビューの数が多い)
 以前にも綴りましたが、私自身、正直なところ発売前は「思い切った商品化だなあ」と感じていたB面コレクション。。しかしネットでご意見に接するたびに、実に絶妙な商品化だったんだなと思うようになりました。

 奈保子さんのシングル曲すべての復刻は2001年発売の「JEWEL BOX」で実現しました。このときの収録構成は、シングル発売順にA面→B面→A面→B面・・・となっていて、時期で分割した4枚組としていました。従って、今回のゴールデン☆ベストの発売にあたってJEWEL BOXを踏襲した収録順で前期2枚組、後期2枚組という構成も考えることはできたのではと思います。一般的にはB面だけよりもA面とミックスのほうが手に取りやすいのではないか。。。しかしあえて大胆にA面2枚組、B面2枚組としたことで、むしろ選択の幅が広がって手に取りやすくなったということではと。
 とりあえずヒット曲中心にA面を聴きたいリスナーはAコレ、JEWEL BOX以降に発売された「NAOKO PREMIUM」「しんぐるこれくしょん」といったA面のみコンプリートの商品をお持ちのファンはBコレ、これからシングル音源をコンプリートしたい方はAコレとBコレ両方・・・と立場によってうまく選択できるわけですね。

 B面コレクションにはボーナストラックでレア音源「町田学園女子高等学校校歌」も収録されていますが、それ「だけ」が注目されているわけではなく、B面の楽曲そのものが評価されているように感じられるのも嬉しい限り。B面コレクションをゴールデン☆ベストのラインナップとして出したコロムビアの英断に拍手です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

こんな方もお求めになっています

 前記事のとおり河合奈保子さんのゴールデン☆ベスト「A面コレクション」「B面コレクション」が高初動ですが、並行して、昨年11月21日発売のライブ映像復刻DVD6作品もamazonを見てるとコンスタントに売れてますねぇ。

 今頃気づいたのですが、このDVDをこんな方もお求めになっていました!

 お幸せかな? ~クリス松村オフィシャルブログ

 日付を見ると発売直後にお求めになったようですね。
 文中で述べられている、こうしたライブ映像作品を買い手がいるうちに、正しく語れる人がいるうちに積極的に発売すべきという意見にはそのとおりだと思いました。

 あとは、文化といえども事業としての営みは無視し得ないわけですから、リスナーの身としては「売上げ」という実績を積み上げていくことも大切かなと。いわゆる「ご意見」や「レビュー」も建設的でありたいですね。どうか次につながりますように。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

初動好(高)発進!

 1月23日に発売された「河合奈保子ゴールデン☆ベスト~A面コレクション」「同~B面コレクション」が揃ってオリコンTOP300内に入ったということです。

 A面コレクション 238位
 B面コレクション 244位

 これは「ゴールデン☆ベスト」シリーズでは異例の高初動とのこと。

 ここまで、T2U音楽研究所の受け売りでお届けしました(^^;

 しかしこうしてみると、発売前は「思い切った商品化だなあ」と感じていたB面コレクションがA面コレクション並みに売れており、ちょっと驚きです。そういう私もA・B揃って購入していますが、これは私の場合、取材の一環というか奈保子さんへのお布施というかコロムビアへのお布施というかソワレさんへのお布施というか・・・・まあそんな感じなので(笑)。
 どんな人がどんな思いでB面コレクションをお買いになったのか・・・総選挙(もちろん、国政のことですよ)みたいに出口調査があったらいいのになぁ(微笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »