« 「JEWEL BOX」の後継商品発売か? | トップページ | 越路吹雪ナイト2012 »

2012年11月18日 (日)

亜美さんのプチライブツアー(大分・山口)

 11月16日・17日の両日、尾崎亜美さんの西日本プチライブツアーを追っかけてきました。

 16日(金)は大分のBrickBrock。西大分駅の程近く、海沿いの古びた倉庫を改装したような趣のあるライブハウスでした。内部は前方が丸テーブル、後ろは教室形式の座席、右横に一段上って4人がけテーブルが並び壁際はカウンターとバラエティ。さらにロフトっぽい2階席があったりして、面白い作りでしたねえ。自由席だったのでカウンターを選択して着席。
 ライブはライブハウスのオーナー?の挨拶でスタート。2階席から階段を下りてきて登場するという演出にはちょっと驚きました(笑)。サポートは配偶者の小原礼さん(Ba)。
 ライブハウスならではのゆるーいトークなども交えつつ、とても和やかな感じでライブは進行していきました。こういう小さなハコは手拍子が良く響くのですがみなさんバッチリで、一体感が感じられるのはいいですね。私も声掛けなどしてみたり。。楽しい時間はあっという間に終了。時計を見てみたら1時間40分ほどの公演で、ちょっぴりショートサイズでした(微笑)。最後はオーナー?が締めてましたが、プレイガイトでも発売したのにソールドアウトにならなかったのがかなり悔しかったみたいで、ぜひまたリベンジしたいとおっしゃってました。とはいえ1階席は埋まってたのでスカスカ感は感じられなかったのですけど・・・。土曜日だったら状況が違ってたかもと私は思います。私のような遠征組みだと平日はなかなかつらいですからね。
 ライブ終了後はサイン会が開催され、CD購入者は2階へ。私も買って列に並びましたが、亜美さん「お、良く来たねえ」ですって。はい、私はいつでも神出鬼没です。

 続いて17日(土)は下関のBILLIE。下関といっても海に面した市街地ではなく、新下関駅に近い長閑な住宅地。クルマで来た方が多いようでしたが、私は下関駅からサンデン交通の路線バスで最寄の一の宮まで行きました。途中の経路の一部は「サンデン」の由来である山陽電気軌道の路面電車の経路と一致していたのですが、さすがに痕跡はありませんね(微笑)。でも、途中の「東駅」というバス停名(地名の通称としても使われているらしい)に、電車時代の名残がありました。
 こちらはジャズライブハウスということで、外観も内部もおしゃれ。内部は完全にスクエアで、集団お見合いよろしくテーブルが縦に2列ずらっと並び、壁際にカウンター席という作り。規模は違えど東京のSTB139に近いですね。1500円で食事が付けられるというのは良心的だと思います。あらかじめ席にセットされているので揚げ物は冷えてますが、味はまあまあ良かったかと。難点はバーカウンターがとにかく並ぶということでしょうか。。。
 ライブは亜美さんでは珍しく1部2部制。お店側の要望でしょうが、リハが終わってから初めて知ったとMCで話してました(微笑)。そういえば、大分でもそうだったのですが店にグランドピアノがあるというのも着いてから知ったそうで。近頃の亜美さんはキーボード用の譜面はタブレット端末に仕込んで演奏していますが、ピアノ用の準備をしていなかったので、ピアノ←→キーボードと移動するたびにタブレット端末を持って移動することに。そんなゆる~いMCも大分より更に増量。そのほうがライブハウスっぽいという小原礼さんの意向だそうですが、私も賛成!その小原礼さんはこの日が61歳の誕生日で、ライブ途中にはバースデーセレモニーもあったりして。亜美さんがジャジーに「Happy Birthday To You」を歌ってました。前日の大分に続き、客席との一体感が感じられるステージで盛り上がり、よかったです。

 そういえば礼さんは大分でも下関でもノリノリで、どうもその要因が新しい(珍しい)ベースを買ったことにあったようで。高いほうだとギターのような音も出せるという6弦のベースで、ライブで初披露だったそうです。なもんで、ギターが無ければ普通はやらないような「純情」が飛び出したり、下関では「タイムマシンにお願い」をほぼぶっつけ本番でやってくれたり。亜美さんの歌詞が怪しかったですが(微笑)なんかとても楽しそうでした。

 ということで2日続けてのライブハウスは、亜美さん礼さんを近くに感じることができてとても楽しかったです。追っかけがいがあるというか(笑)。おつかれさまでした。

<曲目>
1.FOR YOU
2.VOICE
3.マイ・ピュア・レディ
4.シーソー
5.BENGAL BABOO BABE
6.グルメ天国
(下関のみ番外)タイムマシンにお願い
7.オリビアを聴きながら
 ※下関ではここで休憩
8.THE WORLD IS ALL CHANGING
9.風のライオン
10.ヒメジョオン
11.愛のはじまり
12.天使のウィンク
13.Prism Train
14.スープ

En1.純情
En2.明日に架ける橋

|

« 「JEWEL BOX」の後継商品発売か? | トップページ | 越路吹雪ナイト2012 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

を!
大分に来られましたか.
BrickBrockですね.
ワタシの家から歩いて15分くらいのとこ.
ですが,一度も行ったことないんです.
素敵なお店とは聞いていますが,仕事の都合や予算や何やかやで.
ところで,JR九州の印象はいかがでした?

投稿: DF50555 | 2012年11月18日 (日) 23:33

■DF50555さん
いらっしゃいませ。
はい、大分行ってまいりました。BrickBrockは関東でいうと横浜赤レンガ倉庫みたいな感じの場所ですね。
JR九州ですか?小倉まで特急ソニックに乗りましたが快適でしたね。普通列車も新しくて、下関で見たJR西(たぶん近畿圏のお下がり)と比べると高感度大です。
それはそうと、大分のバスがSuicaで乗れることに感動しました(笑)

投稿: MARU | 2012年11月19日 (月) 01:18

ライブがあること、前日に、知りました。(地元の新聞で)
マスターのことが、頭をよぎりました。
来るかな?でも平日だし、来ないだろうと。でも、いらっしゃったんですね。
凄い行動力ですね。
ブログを読むたび、いつも、感心しています。

投稿: りか | 2012年11月19日 (月) 23:28

■りかさん
いらっしゃいませ。
亜美さんはソロライブが少ないので、関東以外の公演でも、公共交通で行き帰りが出来て、かつ休みが取れる状況なら行きたくなってしまいます。
まあ、気軽な単身生活ということも要素としては大きいですね(微笑)

投稿: MARU | 2012年11月20日 (火) 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/56140345

この記事へのトラックバック一覧です: 亜美さんのプチライブツアー(大分・山口):

« 「JEWEL BOX」の後継商品発売か? | トップページ | 越路吹雪ナイト2012 »