« 端敵★天下茶屋 | トップページ | ヒットミュージックグラフィティ »

2012年10月28日 (日)

端敵 東京千秋楽

 10月17日から東京公演だった劇団扉座の「端敵★天下茶屋」はきょう28日が千秋楽でした。そして、観ました千秋楽!
 音楽劇「オリビアを聴きながら」の再演で千秋楽を見たとき、明らかにそれまでの上演回とは違った感覚が客席にも舞台にも溢れていて、それがとても心地よくて今回も千秋楽を狙ったのです。というか、最初に買った切符が千秋楽で、でもその前に予習しておいたほうがより楽しめるかな・・・と行ったのが10月21日の公演だったわけで。ついでに書くと、昨日の夜も行ってました。ですから今公演は都合3回。

 果たして、やはり千秋楽は客席の盛り上がりが違いましたね!笑いどころでの反応がとても良かったです。舞台上のノリも良かったような気がしたし(あくまで当社比)・・・なんででしょうねえ、千秋楽の魔力なんでしょうか。
 前回、肩の凝らない理屈抜きで笑える芝居と書きましたが、昨日と今日は「人情味」がより強く出ていたように感じました。いや、芝居の筋自体は同じですから、私の意識がそういう方向に強く反応しただけかもしれないですけど。いずれにしても、「芝居ってライブなんだなあ」と、扉座の経験2作品目にして思ったのでした。つまり、同じ公演でも同じ上演は一つとしてないということです。

 そうそう、違いといえば・・・前回、客演の趣里さんのセリフが怪しくなると急に調子が変わると書きましたが、怪しくなると感じた部分はアドリブでした。私の観た3回ともネタが違ってましたので、もしかしたら毎回ネタを変えてたのかも???これはこれでプレッシャーであり大変なことですよね。でも、もう少し声の張りに連続性があったほうがよろしいかとは思います(微笑)。このアドリブを受けとめる六角精児さんが絶妙で、さっすがという感じでした。こういうところも、複数回観る楽しさですね。

 さて、端敵★天下茶屋は11月2日、3日と北九州・黒崎公演があります。中国、九州方面の方はぜひどうぞ。次の扉座公演は来年2月、尾崎亜美さんもご覧になった「つか版忠臣蔵」の再演だそうです。

|

« 端敵★天下茶屋 | トップページ | ヒットミュージックグラフィティ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/55993912

この記事へのトラックバック一覧です: 端敵 東京千秋楽:

« 端敵★天下茶屋 | トップページ | ヒットミュージックグラフィティ »