« 阿波踊りサウンドフェスティバル2012 | トップページ | 音楽劇「オリビアを聴きながら」稽古も終盤 »

2012年8月16日 (木)

悲しくてやりきれない

劇団扉座公式サイトからお越しの方へ
 音楽劇オリビアを聴きながらのブログライター会見模様は2012年8月10日付け記事をご覧ください。
----------

 きょう8月16日は、京都では恒例の五山送り火。観光イベントの要素も強いとはいうものの、観光客の立場で見ても、見ているだけで何か厳粛な気分になります。

 きのう8月15日は、いわゆる終戦の日でした。
 夜にNHKテレビで放送された特別番組「終戦 なぜ早く決められなかったのか」は、見ていてとてもやりきれなかったです。外地の駐在武官の報告により軍部がヤルタの密談内容、すなわちソ連の対日参戦方針を早い段階でキャッチできていながら、戦争指導の方針転換に生かせなかったとは。。。

 腹の中で思っていることが、組織人としては言いだせないということ。それは規模や責任感の大きさに違いこそあれ、現代にも繰り返されていることではないかな。こんど再演される音楽劇「オリビアを聴きながら」の扱うテーマとも通じるものを感じたりしました。

|

« 阿波踊りサウンドフェスティバル2012 | トップページ | 音楽劇「オリビアを聴きながら」稽古も終盤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/55439584

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しくてやりきれない:

« 阿波踊りサウンドフェスティバル2012 | トップページ | 音楽劇「オリビアを聴きながら」稽古も終盤 »