« 再び懐アイ そして初コール | トップページ | 8月6日 »

2012年8月 5日 (日)

伊勢正三さんの還暦記念ライブ

 昨8月4日夕は「伊勢正三 60th Anniversary Live in かつしか」を観てきました。場所は東京・葛飾区のかつしかシンフォニーヒルズ。京成電車青砥駅すぐの地味な場所ですが(^^;クラシックコンサート仕様のシューボックス型の立派なホールです。

 で、伊勢さんの還暦記念ライブではあるのですが、私の目当てはゲストの尾崎亜美さん(^^)。 亜美さんは年間のライブ回数が少ないので、首都圏ならこういうゲスト出演のものにも伺いたくなります。

 伊勢さんが6曲終わったところで、亜美さん登場。配偶者の小原礼さんも一緒です。この白い衣装は上高地音楽祭のときと一緒かな。。かわいらしいです。
 伊勢さんとコラボで「海岸通」「オリビアを聴きながら」。この2曲は2コーラス目を伊勢さんが歌いました。(あえてコメントはしません)
 ここで伊勢さんが下がって、礼さんと2人で。
 挨拶代わりの「マイ・ピュア・レディー」に続いて、まさかの「Bengal Baboo Babe」。亜美さんの近年のライブでは定番の曲ではあるのですが、ソロコーナーの2曲目に来るとは思わなかったです。この曲はちょっと難しい手拍子がキーなのですが、礼さんのリードにみなさんついてきてくれたので嬉しかったです(単なる2拍子の方も多かったですが・微笑)。
 新しいところからということで、2月22日発売のアルバム「soup」の話を交えつつ「愛のはじまり」。ソロ最後は亜美さん一人で「スープ」。
 その後伊勢さんが8曲やって本編終了。

 アンコールは伊勢さんとコラボで。まずは「海風」で総立ちで盛り上がり、続いて「天使のウィンク」の曲目予告とともに出てきたのは昨年?の大阪城ホール「君と歩いた青春」でのひとコマ(※訂正:今年の福岡サンパレス「ささやかなこの人生」のひとコマだったらしい・・・)のスライド。亜美さんとイルカさんが天使に扮している様子に客席もウケてましね。「天使のウィンク」は出だしがバラードなのでここで半分以上座ったのですが(これは正しい)、ガツンと盛り上がるイントロのところでスタンディング復帰してくれた人が少なかったのが残念。。。その後「ささやかなこの人生」で再び総立ち・・・オイオイ。まあ伊勢さんのライブですから仕方ないですかね。
 このあとのダブルアンコールは伊勢さんだけでした。

 ゲストという立場だとアウェー感が出てしまいがちなので、それを打ち消すために声掛けを少し多めに(当社比)してみましたが、届いたかしら?私以外にも女性の方が声掛けされてましたので心強かったです。そのかいがあったかどうかは知る由もありませんが、亜美さんもノリノリで声も良く出ていて良いライブでした。やっぱりライブって客席とのキャッチボールで作っていくものですよね(と自己正当化・微笑)。ゲストという立場としてはステージに居る時間も思ったより多くてよかったです。そうそう、ここの大ホールには「モーツァルトホール」という名前が付いているのですが、その名前に掛けてモーツァルト作の「トルコ行進曲」をソロのときやアンコールのメンバー紹介のときにちょろっと弾いてくれたりして、こういうサービス精神が旺盛なところも好きだなあ。

 終演後、ホールの外で亜美ママこと暁美さんと、亜美さんのお姉さんとバッタリ。亜美さんのブログで眼の手術をされたことは存じていたのですが、術後に眼鏡を新調したら視界がくっきりして、これで制作にうちこめるとのこと(暁美さんは袋物作家です)。秋にはまた東急東横店の催事に出られるようです。7月に誕生日を迎えてますますお元気そうで嬉しい限りです。

|

« 再び懐アイ そして初コール | トップページ | 8月6日 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/55355623

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢正三さんの還暦記念ライブ:

« 再び懐アイ そして初コール | トップページ | 8月6日 »