« 奈保子さんのカラオケが大充実 | トップページ | 「オリビアを聴きながら」再演決定 »

2012年7月 1日 (日)

うるう秒と標準電波

 きょう2012年7月1日は原子の振動を基にした時計と地球の自転を基にした天文時のずれを合わせるためのうるう秒の挿入がありました。UTCの6月30日23時59分の次に60秒を入れる、ということなので、日本標準時では7月1日8時59分60秒が挿入されました。
 この8時59分60秒を手元の時計でダイレクトに確認することはできませんが、電波時計の9時0分0秒表示の1秒後にNHKラジオ第1の時報音を確認しましたので、あぁ、確かに1秒追加されたなと(笑)。私が使っている目覚まし時計タイプの電波時計は夜中しか時刻校正しないのでこうなります。

 さて、電波時計は福島、佐賀の2箇所から発信されている長波(40kHz、60kHz)の標準電波を受信して時刻を校正していますが、かつて標準電波といえば短波の5MHz、10MHzで発射されていて、短波ラジオを使えば誰でもその標準電波を聞くことができました(ラジオたんぱ専用タイプのラジオではダメですが・・・)
 確か毎時35分から39分は停波していたと思いますが、それ以外はずっとカッ、カッ、という秒音を発信していたものです。標準電波は正確な時刻のほかに「正確な周波数」を届けるのが役目でしたので、10分サイクルの前半は正確な1kHzのピー音も合わせて電波に乗っていました。また0分、10分、・・・といった10分毎に、コールサイン、時刻がモールス符号と音声でアナウンスされてましたね。JJY JJY ○時○分 JST というアナウンスが懐かしい。。。
 もちろん、標準電波ですから送信周波数そのものも正確で、私のような「ラジオ屋さん」にとっては短波の標準電波はラジオや無線機の調整に大変重宝でした。標準電波を基準にして周波数カウンターを調整すると、各種周波数をかなり正確に測定することができたのです。

 短波は電離層反射により少ない送信電力で広範囲に届く反面、受信が不安定で周波数の精度も多少落ちてしまうことから、標準電波は現在の長波に移行してしまいましたが、一般に出回っている長波ラジオでは聴くことができず、もうアマチュアの立場では周波数の標準としては使いようがなくなってしまったのが残念なところです。その代わりに電波時計が広く普及して便益も得てるので、否定もできないのですがね。

|

« 奈保子さんのカラオケが大充実 | トップページ | 「オリビアを聴きながら」再演決定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/55094414

この記事へのトラックバック一覧です: うるう秒と標準電波:

« 奈保子さんのカラオケが大充実 | トップページ | 「オリビアを聴きながら」再演決定 »