« うるう秒と標準電波 | トップページ | サラヴァ東京のパリ祭 »

2012年7月 7日 (土)

「オリビアを聴きながら」再演決定

 昨年9月に上演されて好評だった扉座・RAYNET制作の音楽劇「オリビアを聴きながら」の再演が決定しました。8月22日から31日まで、昨年と同じ青山円形劇場です。熱い再演の声に応えて、ということで嬉しい限りです。扉座の公式サイトに専用ページが出来ています。
 →こちら

RAYNETのサイトでは予告編(というか昨年のシーン)も見られます。
 →こちら

 昨年の観劇記はこちらのとおりですが、「オリビア~」のタイトルで想起されるようなメロウな物語・・・ではありません。いや、挿入されるシーンにメロウな部分も無いわけではないのですが、劇の骨格は、こんな時代だからこそ、のメッセージを持つちょっと硬派な内容です。それでいて劇中には大いに笑える仕掛けもたくさんあります。何と言っても振り付けがラッキィ池田さんですし(笑)、エンターテインメント性もバッチリ。笑って泣いて感動してという感じでしょうか。お時間の合う方はぜひ足を運んでいただければと思います。

 再演ではありますが、発表されている出演者を見る限り一部に役者の変更があります。また扉座によれば「更にパワーアップして決定版として上演」ということですので、細かな部分でストーリーや演出がチューンアップされてるかもしれませんね。私も大いに楽しみにしたいと思います。

|

« うるう秒と標準電波 | トップページ | サラヴァ東京のパリ祭 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/55136613

この記事へのトラックバック一覧です: 「オリビアを聴きながら」再演決定:

« うるう秒と標準電波 | トップページ | サラヴァ東京のパリ祭 »