« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月24日 (日)

奈保子さんのカラオケが大充実

 わたくし周辺環境の変化で久しくカラオケから遠ざかっていたので気づかなかったのですが、JOYSOUNDのカラオケに河合奈保子さんの曲が最近数多く新たに配信されていて大充実していることが分かりました。
 これまで奈保子さんの曲が充実しているカラオケといえばシングル全曲を配信しているUGAが断然だったのですが、JOYSOUNDはそれを大幅に凌駕する充実ぶり。ということは・・・そうです、「B面曲」が大量に入っているのです!
 数えてみたら、B面曲が18曲とアルバムから2曲。そして欠けていたシングル曲も全て配信されていて、全58曲(メドレー1つを含む)という充実ぶり。

 で、昨日はその情報を頂いたT2U音楽研究所の臼井さんと「実店舗で検証」(笑)してきました。2人で3時間、計34曲奈保子さんオンリーを歌いまくって楽しかったです。そして、改めて奈保子さんの楽曲の良さと難しさ、それをきっちり歌いこなす奈保子さんの歌唱のすばらしさを実感したのでした。
 なお、事前に「ある」と思っていた曲がお店では出てこなかったりしたのですが、後で調べてみたら配信予定前日だったり機種が対応してなかったりだったようです。58曲配信されるのは最新機種「JOYSOUND f1」ですが、昨日のお店の機種は「CROSSO」だったのでした。それでも51曲ですからかなりの充実です。
 
 というわけで本店談話室の2号室「奈保子さんをカラオケを歌う」を大規模メンテナンスしましたのでご参考に。個人的にはB面曲なら「言葉はいらない」「やさしさの贈りもの」「若草色のこころで」があると嬉しいなあ。。どうも最近の大量配信はある方ががんぱってリクエストされている結果のようなのですが、私のカラオケ頻度ではちょっとお役に立てないです(^^;

 ちなみに昨日私が歌ったのは下記のとおり。B面曲は事前の仕込みが足りずにあまり歌えず、割と早めにA面曲に行ってしまいました(^^;

・Invitation
・あなたへ急ぐ
・Searchin' for tomorrow
・プリズム・ムーン
・SENTIMENTAL SUGAR RAIN
・夢見るコーラス・ガール
・恋のハレーション
・十六夜物語
・エンゲージ
・ストロータッチの恋
・微風のメロディー
・涙のハリウッド
・ジェラス・トレイン
・浅い夢(来生たかお名義)
・コントロール
・UNバランス
・夏のヒロイン

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年6月21日 (木)

「愛のメモリー」あるところにはあります

 前回紹介した松崎しげるさんのメガ盛りシングル「愛のメモリー 35th Anniversary Edition」ですが、記事をアップしたあとに偶然の一致で(微笑)Amazonが品切れに。現時点(6/21未明)で「1~2ヶ月以内の配送」というとんでもない状態になってます。いったいどれだけ注文が入っているのでしょうか。。。

 ところが、あるところにはあるようで、例えばタワーレコードとHMVのネット通販サイトではどちらも現時点(6/21未明)で在庫あり表示となってます。なぜAmazonだけ極度の品切れなのか・・・私には理由が分からないのですが、こういう状況ですから関心のある方は在庫のあるところから手に入れるのが吉かと。
 もちろん、CDショップで見かけたらそちらでもどうぞ。DVDなんて入ってませんから値段も変わりませんし(微笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

メガ盛りシングル「愛のメモリー」は如何

 松崎しげるさんの「愛のメモリー 35th Anniversary Edition」が、6/13付オリコンTOP100内に入ったことが話題になってます。

 6月6日発売のこのシングル、私も発売日に買ったのですが、何が驚きって、収録曲が全て「愛のメモリー」。過去に発売された音源9バージョンに新録音の2バージョン&ボーカルレスを加え、さらに原曲「愛の微笑」も加えて・・・と、盛りに盛って全14トラック、それでいて売価は1000円ポッキリという超お値打ち。こんなシングル見たことがありません。

 こうなるとネタの香りが濃厚ですし、実際私もしゃれで買ったようなものですが、聴いてみればこれは単なるネタではなく極めて真面目に作られたCDです。
 オーケストラを従えた壮大なバージョンやボッサやラテンなど変化球バージョンで新たな発見もあり、それでいて一貫して「ブレない」歌唱が、そこにはあるように私は感じました。ボーカリストの力が実によく分かります。また同じ楽曲を何度も録音していると、結局「オリジナルが一番」という感想になりやすいのですが、それぞれ個性が違いますので、あたかも「別の曲」のような感覚で聴けました。新録音のバージョンもグッドですね。

 ジャケットや盤面にも仕掛けがありますので、ぜひお店で手に取ってみていただけたらと。
 それに何と言っても、同一タイトル複数バージョン商法(複数買い商法)がこれだけ幅を利かせてチャート上位を席巻している世の中で、異バージョンを潔くすべて1枚に詰め込んだCDがチャートインするなんて痛快ではありませんか!

<TOP100入りの記事はこちらなど>
松崎しげる「愛のメモリー」記念盤で25年ぶりにシングルTOP100入り
~MUSICAN NET

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

トリコロールのソワレ

 6月12日の夜はシャンソン歌手ソワレさんのライブ「トリコールのソワレ#1 越路吹雪をボサノヴァで」を観てきました。

 6月12日といえばソワレさんの誕生日でして、以前は「バースデーリサイタル」として東京・渋谷O-WESTを会場に紙テープの飛び交うド派手なライブをしていましたが、昨夜はバースデーを前面には出さず、3回シリーズライブの第1回としての位置づけ。場所は最近のソワレさんのホームグラウンドである東京・渋谷のサラヴァ東京。場内はぎっしり満員御礼状態でした。

 トリコロールというからには3色ですが、6月12日の#1は「白」のイメージ。衣装も白でまとめてましたが、特に1部の衣装は河合奈保子さんを意識したんだそうで。あ、奈保子さんの衣装を真似たのではなく、初心に帰ってという意味で。(終演後の本人談)
 その1部はサブタイトルのとおり越路さんの曲を中心にボッサなアレンジで。ちょっとしっとりしたソワレさんの歌声は珍しいかもしれませんね。でもこれがまた良いんだな。
 2部は前半を越路さんのメドレー中心に、後半はオリジナルをパワフルに歌い踊るという、ふだんのスタイルで。「初めて観た人は1部と2部のギャップに驚くかもしれない」とおっしゃってましたが、まあ確かに(微笑)。でも私は何だかんだともう8年ぐらい観てますから!バースデーセレモニーも挟みつつ、ダンサーが登場して踊ったりと賑やかで楽しいライブでした。

 ソワレさんはMCで「最近はサラヴァ東京のプロデューサー業が忙しくて音楽の時間が取れていなくて。でももっと歌手としてのソワレを大切にしたい」なんてことをおっしゃってましたが、私も「歌ってこそのソワレさん」だと思っていますので、たくさんライブやってほしいなあと思います。シリーズの残り2色は、青(ジャズ)=9月22日、赤(童謡・叙情歌)=12月8日だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

第28回上高地音楽祭

 6月9日は第28回上高地音楽祭に行ってきました。メインの出演者が尾崎亜美さんということで、いわゆるおっかけです。
 上高地音楽祭は毎年恒例のイベントのようで、ウェブサイト「とっておき信州」には『梅雨入り間近の時期なので、雨天や曇天の時も多い』と書いてあったのですが、今回まさにそのとおりに、あいにくの雨。亜美さんは「晴れ女」を自認しているのですが、さすがの亜美さんも如何ともしがたかったようで。。。亜美さんもライブのMCで「ごめんね」と言ってました(笑)。

 雨のため、小梨平キャンプ場で穂高連峰を背景に歌う予定だったのが、屋根のあるビジターセンター前に変更。屋根があるといってもステージ部分だけで、客席側は野天です。そのステージ前にはブルーシートが敷かれ「お座りください」ということだったので私も座ってみたのですが、雨合羽だけで下半身の防御をしていなかった私は雨が激しくなると足元が浸水する事態になってしまい「勇気ある撤退」をしました。この音楽祭は信越放送のテレビカメラが入っていて(クレーンカメラやステージ前のレールカメラなど本格的!)ステージ前は座ってもらわないと困るということだったようですね。
 そういうわけで私は立ち席エリアからスタンディングで鑑賞してました。場所の確保含め都合2時間半ほど立ち通しでしたが、それよりも雨の止み間が全くなかったのが辛かったですね。雨合羽は着ていても眼鏡に水滴がついてしまって見にくかったり。もっとも、亜美さんも共演の小原礼さんも「気温が思いのほか低い」というコンディションのなかで演奏が大変だったのではと思います。亜美さんは可愛らしい白の衣装で結構薄着だったので、なおのこと。

 ライブはオープニングアクトで地元のあしびきコーラスが2曲。その後亜美さんが登場してコーラス隊と唱歌・歌謡曲を2曲コラボ。5曲目からいつものスタイルのライブでした。
 久々にノリの良い「BENGAL BABOO BABE」と「グルメ天国」が聴けましたが、会場は傘をさしながらの人も多くて手拍子は少な目。それでも手拍子できる人は私も含めて精一杯手を叩いて、グルーブを届けようと努力しました。案外悪くなかったんじゃないかなあと、これは自画自賛ですが。。
 そうそう、手拍子といえば「傘をさしている人は無理しなくて良いから。風邪ひいちゃうと困るから」と、細やかな気遣いのMCでした。それに対して雨合羽の私は「両手空いてるよ」と手のひらを亜美さんに向けてアピール。そしたら亜美さん気づいてくれて「あ、いま手のひらを向けてくれた人がいる」と。ありがとうございます。

 いつもと勝手が違うからなのか、定番「オリビアを聴きながら」で演奏が止まるというハプニングもありましたが、そういうことも含めて「忘れられない」ライブになりそうです。
 ライブの模様は、地元・信越放送では2012年6月24日(日)に放送予定です。見られる方はどうぞ。

<曲目>
あしびきコーラス・オープニングアクト
 1.花(はるのうららの、じゃなくて、泣きなさい笑いなさいのほう)
 2.春一番

亜美さんとコーラス隊コラボ
 3.故郷(ふるさと)
 4.上を向いて歩こう

亜美さんソロ
 5.FOR YOU
 6.VOICE
 7.マイ・ピュア・レディ
 8.シーソー
 9.BENGAL BABOO BABE
 10.風のライオン
 11.オリビアを聴きながら
 12.ヒメジョオン
 13.私の声を聞いて
 14.愛のはじまり
 15.グルメ天国
 16.天使のウィンク
 17.スープ

 en.明日に架ける橋

他に、雨が降っているということで「Walking In The Rain」と「初恋の通り雨」を一節だけ。フルで歌わなかったのは「これ以上降ってきちゃったら困るから」だそうで(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

選抜総選挙考

 AKBグループの「選抜総選挙」なるものが賑やかですね。内輪のイベントをさも「社会現象」のように見せかけることに成功した仕掛け人の手腕は大したものです(微笑)。

 まあ、私からすればどうぞご自由に、という感じですが、どうしても違和感を覚えるのは「総選挙」というワード。こんな内輪のイベントに「総選挙」と軽々しく使ってもらいたくないわけです。
 何がどうかというと・・・「選挙」とは一人1票の条件で投票するものです。しかしながらAKBグループのそれはCDさえ購入すれば、それに応じて一人で何票でも投票できるわけですよね。選挙とは本質が全く違うのです。

 だからこんなイベントはおかしい、とは言いません。名前を変えればよいのです。
 私はこのイベントにふさわしい名前は「株主総会」だと思ってます。
 株主総会の議決権は、一人1票ではなく、1株につき1票。より多くの株を持つ人の意見が優先されます。自分の意見をより反映させたければより多くの株を買う。つまり、金は力なり。まさにAKBグループの投票にふさわしいではありませんか。
 もちろん、違いもあります。株は市場に出回る数に限りがありますが、CDは青天井!そして、株の購入者には利益に応じた「配当」が還元されますが、AKBのCD購入者は一方的に搾取されるだけ(笑)。
 ま、みなさん納得づくで楽しまれているようですし、仕掛けが何であれCDが売れることで沈滞気味のCD業界の下支えになり、河合奈保子さんや尾崎亜美さんといった実力派アーティストの作品が出しやすい環境になるのであれば言うことはありません(微笑)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

祝!32周年

 きょう6月1日は河合奈保子さんのデビュー記念日。1980年のデビューから数えて満32周年、おめでとうございます。私が深く音楽を聞くようになったのは奈保子さんの存在があったからこそ。その歌声と楽曲の魅力に気づくのが遅すぎたのは申し訳ない限りですが「デビューしてくれてありがとう」と伝えたいです。

 さてこの1年も穏やか・・・というか何の動きもなく過ぎているわけですが、池田泉州銀行のCM楽曲が健在なのは嬉ばしいことかなと。
 (私は関西のテレビジョンを見られませんが、銀行のサイトで新作ビデオニュースに引き続き音楽が使われていますので・・・)

 公的な動きがない一方で、テレビジョンでは年に何回かは「あの人はいま」といった感じでとりあげられていますね。もっとも中には内容を伴わないものもあり、ファンとしては「単に視聴率稼ぎのため名前だけ使ったのか!」と歯ぎしりすることもあったのは極めて残念ですが、いずれにしてもテレビジョンが奈保子さんの名前を出すということは、それだけ待っている方が多いと認識しているからだと私は理解しています。

 私は当面、奈保子さんの「マイペースな活動」を静かに見守るという立場を変えるつもりはありませんが、もしできることならば、どんな形でもいいので奈保子さんの「音楽」のおすそ分けを私たちにいただけたらなあという思いもまた正直なところです。あっと驚くような何かがあると嬉しいなあ。。。

 私も気がつけば今年でファン歴10年を迎えます。10年だからと気持ちを新たにするつもりは全くありませんが(微笑)ファンサイトはマイペースに続けていけたらと思います。あっと驚くなにかがあったときのためにも(微笑)。古典的な構成のサイトですが、よろしくどうぞ。


 * *

デビュー記念日関連のコメントは本館の特設メッセージボードへどうぞ。

| | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »