« BEST☆TEN続報 | トップページ | スカイツリーの開業日は »

2012年5月22日 (火)

金環日食

 世紀の天文ショー、5月21日の金環日食。幸運にも見ることが出来ました。ただし、間接的ですが。

 観察グラスを買うのが常道なんでしょうが、お天気次第のイベントのために、しかもその後の使い道がないと分かっているのに買うのもなあ・・・というセコい考えで(→その分を尾崎亜美さんの応援にまわしたい)、今回は観察グラスは買わずにピンホール投影法で観察することに決めてました。 ボール紙(それもスーパーで日用品を買ってきたときに包装材として入っていたもの)に千枚通しで穴を開けただけなので、本当にコスト0。

Pinhole

 前日の天気予報では、どうも天気がイマイチっぽい予想だったので期待せずに起きてみたら、陽が射しているではないですか。ということでさっそく穴あきボール紙出動!これを太陽にかざすと、影の部分に太陽の形が投影されます。おお、欠けてる!

0730

 ピンホールを通った光をこのように投影して観察すると上下が反転します。観察グラスで見た方は右上から欠けていきますが、この方法では右下から欠けていきます。 白い壁に直接投影しても観察できましたが、それだとカメラの自動焦点が作動しないので、コントラストをつけるためにあえてボール紙を置いて投影してます。

 あとは金環の瞬間を待つばかりですが、うす雲が通り過ぎていくたびに光量が変動。ピンホール投影法は光量の減に弱いので、なんとか持ちこたえて欲しい・・・ん、この感覚は夜間に中波ラジオ(AM)をフェージングのなか遠距離受信しているときの感覚そっくり(笑)

 金環の時間は奇跡的に雲の切れ間で光量最大!しっかり観察することができました。楕円になっているのは観察面を太陽の向きにきちんと合わせていないためです。

0735

 そして、左上が欠けた状態へ。

0745

 ということでコスト0で観察できましたが、この方法は間接的に見ているのと、くっきり感が無いのでロマンチックにはなれないかもしれないですね。しっかりした暗箱を作ってピントも正確に合うようにすると、もっとはっきりくっきり観察できたのでしょうが、個人的にはこれで満足です。

|

« BEST☆TEN続報 | トップページ | スカイツリーの開業日は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/54769896

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食:

« BEST☆TEN続報 | トップページ | スカイツリーの開業日は »