« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月28日 (月)

川村龍一さん逝く

 5月27日付の朝刊。川村龍一さんが個人事務所で亡くなっているのが見つかったという記事に驚きました。

 私が短い関西暮らしをしていたころ、朝の目覚まし代わりはMBS毎日放送ラジオの「おはよう川村龍一です」でした。「トラ勝ちネコ負け」のコーナー以外、今となってはどんな放送内容だったか思い出せませんが、落ち着いた声と軽妙な語り口は覚えています。番組の終りの時間近く(歌のない歌謡曲だったかな?)が出勤のために部屋を出る時間で、電車に乗ってからはポケットラジオで8時からの「ありがとう浜村純です」を聞くのが定番でした。

 95年の阪神淡路大震災の当日、川村さんは番組内で阪神間の被災状況をいち早くレポートしています。といってもこのとき私は関西を離れていて、実際にラジオを聞いていたわけではありません。しかし、後に刊行された「阪神大震災の被災者にラジオ放送は何ができたか」に綴られていた克明な放送内容の書き起こしを読んで、後から知ることが出来ました。ですから、感覚的には「聞いたつもり」なのです。

 川村さんは当時芦屋在住で、近所では多数の家屋が倒壊したものの自宅は被害を免れたそうです(被害の出る出ないの境目あたりだったらしい)。車で大阪のスタジオへ向かうものの、6時半の放送開始に間に合わない。そこで当時まだ珍しかった自動車電話をスタジオにつないで電話出演し、車で移動しながら目に飛び込んできた状況を逐一レポートしたのです。阪神高速道路の崩落もこの中で伝えています。
 スタジオに入ってからも、警察発表の被害情報を読みながら「こんなもんじゃない!」と付け加えたり、道中見てきたことを踏まえて、いま何が起きているのか伝えようとしています。

 6時半といえば震災の状況がよくわかっていない段階であり、そんな中、機転を利かせて芦屋から大阪までの被災状況をいち早くレポートした川村さんの放送は賞賛に値するでしょう。実際、のちにギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞を受賞しています。


 実はMBSラジオの震災報道は、初期段階では大きく出遅れています。朝5時から6時半まで、すなわち地震が起きた時間は東京からの全国ネット番組「榎さんのおはようさん」を放送しており、番組内で地震の速報は出たものの、MBSからの情報発信は番組内の短いローカルニュース枠で各地の震度を読み上げたぐらいでした。
 しかし、6時半からの川村さんの放送は、その出遅れを補って余りある内容であったと思います。あくまで私は紙上でしか知らないですけれども。


 川村さんのご冥福をお祈りします。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

技研公開2012

Giken2012

 きょうは毎年行われているNHK放送技術研究所の一般公開に行ってきました。恒例行事かつ土曜日ということもあってか、結構な人出でしたね。

 展示内容は日頃の研究開発の成果の紹介ですが、毎年見ていると正直いってそう目新しいものはありません。そのぶん、地道に研究開発を続けているなということは分かります(微笑)。
 気になったものをいくつか。

■スーパーハイビジョン
 ここしばらく展示の目玉になっていて毎年その精細さには驚かされますが、今年はフレーム周波数120Hz版(120fps)が出ていました。従来の60Hz版と並べてみると、動きのある物体のブレによるにじみが皆無でくっきりすっきり映っているのが素人でも分かります。ま、レートを上げてるんだから当然といえば当然なんですが、具体的に試作品を見ると感動しますね。
 毎年おなじみのスーパーハイビジョンシアターは、いつもの1F実験スタジオではなく講堂で見るようになってました。上映内容はスペースシャトルの最後の打ち上げ。音響は22.2chで大迫力だったのですが、個人的にはスーパーハイビジョンの素材としてはあんまり・・・。やはりスーパーハイビジョンはネイチャーもののほうが合うような気がします。

■インテグラル立体テレビ
 専用めがね無しで立体映像が見え、見る人が位置を変えると・・・たとえば左に動くと左から見たように見えるという、まさに「そこにあるような」立体感が得られるテレビ。これも毎年展示されていますが、年を追うごとに精細さが増しています。今年はかなり精細だったと思いますが、それでもピントが外れたところ(背景)は画像がかなり粗く見えてしまいます。スーパーハイビジョンの映像も、撮り方によっては(絞りを開けて背景をボカす)かなり立体感があるので、私なんかはそれでいいんじゃないかと思ったりもするのですが(^^;

■放送と通信の融合
 Hybridcast(R)とソーシャルテレビを推していました。Hybridcastは放送波による映像伝送と、インターネットによるデータ伝送を組み合わせていろいろやろうというもの。一例として、大集団の歌手グループのステージの中継を放送波で、グループの中で好みの歌手のアップ映像をネットで取得してワイプで合成、なんてものが出てました。
 ソーシャルテレビは、SNSとテレビの融合。昔は茶の間に一家が集まってわいわいテレビを見ていたものですが、そんな感じを離れた場所で見ている人どおしで実現しようとしているようです。

■VHF-Low帯マルチメディア放送
 地上デジタル放送への移行で空いた1~3chを使って、移動体向けのデジタル放送をしようというものですが、ほとんど同様のことがNOTTVとして実現しており、私には違いが良くわかりません(^^; 説明員の話によると、基本技術は同じでセグメントの使い方が違うらしいのですが・・・。

■生字幕制作のための音声認識
■気象情報を対象とした手話CGへの翻訳
 これは聴覚障害者向けのサービスとして実用化が待たれるものでしょう。結構認識率高かったです。

■興味度推定技術を応用した番組推薦システム
 これはねえ・・・使い方によっては怖いなあと思いました。テレビを見ているときの行動をカメラで捉えて、集中して見ているのか、つまらなそう(ながら視聴)なのかというデータを集めて分析し「あなたならこんな番組は如何ですか」と提案するらしい。個人の嗜好が把握されることになるので、プライバシー保護が重要な問題になるのでは。

■仮想対決システム
 別々に競技する選手、たとえばスキーの滑降なんかを全く同じカメラワークで撮影して、合成することで仮想的な対決映像を作るというもの。選手ごとのコーナリングの違いとか時間差が一目瞭然で、これは面白いと思いましたね。


 会期はあす5月27日までですので、興味のあるかたはどうぞ。説明員(たぶん、ふだんは研究者)がみなさん張り切って説明してます(^^)


 <おまけ>

 NHKの衛星放送開発がIEEE(電子情報系の国際的学会)のマイルストーンに認定されたそうで、入口脇に碑が飾ってありました。衛星を中継器ではなく放送局(送信所)として使ったのは世界初なんですね。誇りに思わねば!
Ieee

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

スカイツリーの開業日は

 金環日食のフィーバーから一晩たったら、マスコミはすっかり東京スカイツリーの話題にスイッチ。いやあ、変わり身が早いですね(微笑)

 22日は東京スカイツリーの「開業」として大きくニュースで取り上げられました。確かに、タワーの展望台や併設の商業施設が開業したのは5月22日です。
 でも、東京スカイツリーの“本業”はあくまで放送局の送信所・電波塔であるはず。それを踏まえると、本当の開業日とは、スカイツリーからいち早く放送電波を発射したスマートフォン向け放送局「NOTTV」の本放送開始日である4月1日であると、私は思うのですね。

 賛同者がどの程度いるかは、わかりませんが(微笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

金環日食

 世紀の天文ショー、5月21日の金環日食。幸運にも見ることが出来ました。ただし、間接的ですが。

 観察グラスを買うのが常道なんでしょうが、お天気次第のイベントのために、しかもその後の使い道がないと分かっているのに買うのもなあ・・・というセコい考えで(→その分を尾崎亜美さんの応援にまわしたい)、今回は観察グラスは買わずにピンホール投影法で観察することに決めてました。 ボール紙(それもスーパーで日用品を買ってきたときに包装材として入っていたもの)に千枚通しで穴を開けただけなので、本当にコスト0。

Pinhole

 前日の天気予報では、どうも天気がイマイチっぽい予想だったので期待せずに起きてみたら、陽が射しているではないですか。ということでさっそく穴あきボール紙出動!これを太陽にかざすと、影の部分に太陽の形が投影されます。おお、欠けてる!

0730

 ピンホールを通った光をこのように投影して観察すると上下が反転します。観察グラスで見た方は右上から欠けていきますが、この方法では右下から欠けていきます。 白い壁に直接投影しても観察できましたが、それだとカメラの自動焦点が作動しないので、コントラストをつけるためにあえてボール紙を置いて投影してます。

 あとは金環の瞬間を待つばかりですが、うす雲が通り過ぎていくたびに光量が変動。ピンホール投影法は光量の減に弱いので、なんとか持ちこたえて欲しい・・・ん、この感覚は夜間に中波ラジオ(AM)をフェージングのなか遠距離受信しているときの感覚そっくり(笑)

 金環の時間は奇跡的に雲の切れ間で光量最大!しっかり観察することができました。楕円になっているのは観察面を太陽の向きにきちんと合わせていないためです。

0735

 そして、左上が欠けた状態へ。

0745

 ということでコスト0で観察できましたが、この方法は間接的に見ているのと、くっきり感が無いのでロマンチックにはなれないかもしれないですね。しっかりした暗箱を作ってピントも正確に合うようにすると、もっとはっきりくっきり観察できたのでしょうが、個人的にはこれで満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

BEST☆TEN続報

 前の記事のとおり私にとっては「空振り」に終わった横須賀カレーフェスティバルでのBEST☆TENのライブでしたが、その後、奈保子さんカバー担当のいづみさんのブログを見てびっくり。
 いづみさん、声帯ポリープだそうで・・・喉の調子どころの話じゃない状態ではないですか。そりゃ歌えないですね。そうならそうできちんと説明してくれれば良かったのに。。。
 前記事では少々厳しいことも書きましたが、きっと本人も歌えなくて悔しかったことでしょう。早期に回復されますよう。

 さて、そのブログによると、横須賀カレーフェスティバルの後、市内のライブハウスにも出演したそうで、そこではいづみさんが歌うはずだった曲を他のメンバーが代打で歌ったとのこと。奈保子さんの曲は「大きな森の小さなお家」だったそうで。なるほど、これはこれで良いですが、もっとレパートリーが増えると良いなあ。今後に期待したいところです。まあ、まずは喉を直すのが先決ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

「BEST☆TEN」のデビューステージ

 先日、河合奈保子さん絡みのネット検索をしていたら、面白い情報に行き当たりました。
 70年代を中心としたアイドルポップスをカバーする3人組のユニット「BEST☆TEN」が結成され、3人のカバー割り振りの中に奈保子さんも含まれるというのです。

 BEST☆TEN ~いづみの宴

 この手のカバー活動で奈保子さんの曲を対象にするというのはあまり聞かないので、これはと思ってデビューイベントという「横須賀カレーフェスティバル」へ本日、はるばる足を伸ばしたのでした。

 で、ステージが始まったのですが何と冒頭、奈保子さんカバー担当のいづみさんが「今日は喉の調子が悪くて歌えません。踊りとスマイルで。。」と紹介されたではありませんか。思わず口あんぐり。

 あの~。私にとってはあなたが歌わないと意味無いんですが!

 もう、帰ってしまっても良かったのですが、せっかく来たので一応ステージは最後まで聞いてきました。生バンドではなく、カラオケ。正直、歌唱については発展途上といったところかな?でも固定ファンがいる様で、野外ステージには紙テープが盛んに飛び、コールや笛の音などがこだまするという、まさに往時のアイドル歌手のコンサートを彷彿とさせるような情景が、そこにはあったのでした。奈保子さんの曲は聴けなかったし、規模が違いすぎるけれど、奈保子さんのバースデーライブ(よみうりランドオープンシアター・イースト)もこれに近い雰囲気だったのかなあと思いながら、ステージを見ていました。デビューなのに既にファンがいるわけは、途中のMCで分かりました。もともとはキャンディーズのカバーユニットだったそうで。なるほどね。キャンディーズのファンは熱心ですものね。。。

 そんなわけで決定的瞬間に立ち会うはずだったのに、意外な展開で空振りになってしまったのでした。後で確認したら、5月3日のプレデビューのときもいづみさんは喉が原因で歌えなかったらしい。。。まだ歌を聞いてないうちに評価をしてはいけないのでしょうけど、歌手として喉のコンディションを整えられない、あるいはコンデションが思わしくないとしても最善のケアをして本番をこなせないようでは、この先思いやられます。ちょっと厳しいことを言うようですが、プロ意識としてどうなのかと。いっそうの奮起を期待します。

【5/17追記】
フォロー記事を書きました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

熱狂の日2012を振り返る

 熱狂の日音楽祭2012、3日間の祝祭が終わって個人的にはちょっと脱力状態ですが、特に印象に残った公演の感想などを。

■No.141
シュニトケ:モーツ-アルト・ア・ラ・ハイドン
プロコフェエフ:「ピーターと狼」

 これは「ピーターと狼」が指揮者・井上道義のナレーション付きという触れ込みにひかれて取ったのですが、聴いてビックリ見てビックリ。マエストロ井上はナレーションをはるかに越え、舞台を動き回り、時に客席に飛び降り、まるで一人芝居を演じているかのような感じの大熱演。加えてナレーションにはギャグや駄洒落もちりばめられていて、公演中に笑いが。最後には自分で飼っているというアヒルまで飛び出して客席大喝采。
 はじめにやったモーツ-アルト・ア・ラ・ハイドンも、オケメンと掛け合いの演技がたっぷりで大いに笑えました。

■No.112
モソロフ:「鉄工場」
ストラヴィンスキー:春の祭典

 春の祭典が有名ですが、私はむしろ鉄工場の印象が強く残りました。まさに製鉄所にいるかのような音、演奏にびっくり。読響を下野竜也さんが振りましたが、この方の指揮ぶりは熱かったですね。本当に汗かいてましたが(笑)

■No.185
ストラヴィンスキー:春の祭典(2台ピアノ版)

 これは小曽根真さんと児玉桃さんの競演という注目のプログラム。実に迫力のある演奏でした。小曽根さんが本来の譜面に何か書き足したそうなのですが、素人の私にはどこが書き足した部分なのか分からず(苦笑)
 そして、アンコールに応えて小曽根さんのオリジナル「REBORN」が演奏されたのですが、これも小曽根さんと桃さんの競演。ってことで、桃さんのジャジーな演奏という大変レアなものも聴けました。

■No.314
ラフマニノフ:晩祷
ラフマニノフ:「鐘」

 これは合唱メインのプログラム。初日終了後、合唱団の「カペラ・サンクトベテルブルグ」が良かったという感想をネットで多く見かけたので取ってみましたが、評判どおり。この人数でこれだけの迫力ある声が出るのかとびっくりしました。
 これまで個人的に合唱曲というのは食わず嫌いというか、避けていたところがありまして。。。どうしても宗教色が強いものが多いので。でも今回、合唱曲への印象が変わりました。

■No.316
チャイコフスキー:イタリア奇想曲
ボロディン:だったん人の踊り
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

 今年の熱狂の日を締めくくる最終公演でした。しょっぱなからオケが熱い演奏のように聞こえたのは気のせいかしら。。。だったん人の踊りはカペラサンクトペテルブルグの合唱付きで。そしてラフマニノフの2番のピアノはこの人、ポリス・ベレゾフスキーさん。見た目大柄ながらも力強さだけでなく繊細さももち、超絶テクニックの演奏をさらっとやってのけるこの方、まさに大熱演。
 演奏後はスタンディングオベーションもちらちらあり、満場の拍手とともにうなりのような声援が。そしてアンコールでラフマニノフ2番の最後のほうを少し。アンコール後はスタンディング多数(私は2Fですが、1Fは総立ち状態だったらしい)で、たいへん高揚した気分で会場を後にしました。


 そんなわけで祝祭の3日間が終わって、また普通の生活に戻すのがちょっと大変な感じです(微笑)。来年も楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

熱狂終わる

 世界最大級のクラシックフェスである東京国際フォーラムのラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2012は5月5日で全日程を終了しました。私は3日間とも通い、有料公演9プログラムのほか無料コンサートなどを存分に楽しませていただきました。素人が気楽にクラシックを聴ける機会はそうないですからね、ここぞということで(笑)。

 昨年の音楽祭は震災の影響で規模を縮小し、また自粛ムードのためか祝祭感も抑え目の開催でしたが、今年は、規模、祝祭感、人出など概ね2010年並に戻ったのではと感じます。初日と二日目が雨模様で地上広場の屋台村は苦戦してる感じでしたが、最終日の5日は待望の晴れで、地上広場は一日中、人であふれていました。

Lfj2012_1
 これは5日夜7時ごろの様子ですが、昼前からずっとこんな感じでしたね。

 私は夜9時からのホールA最終公演、すなわち音楽祭としてのファイナルも聴いて会場を後にしましたので、国際フォーラムを後にしたのは夜10時半ごろ。ほんの2時間前は沢山の屋台と大勢の人でにぎわっていた地上広場も、すっかり綺麗に撤収されてしまい、なんだかさっきまでのことが夢のように感じたのでした。

Lfj2012_2

 まあ、お祭りというのはそういうものですけどね。

 公演の感想はまた別途。いや別に引っ張りたいわけではなくて、もう夜遅いので気力が続きません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

「熱狂の日」初日終了、そしてこれからお越しになる方へ

 東京国際フォーラムのクラシックフェス「熱狂の日音楽祭2012」は、3日の初日が終了しました。ほぼ一日雨模様で、地上広場の屋台村には残念な天候でしたが、音楽祭は盛り上がっておりました!雨を避けるためか地下展示ホールが常に混んでいたような。。。

 個別の公演の感想は最後にまとめて書くとして(手抜き)、これからお越しになる方へお伝えしたいこと。

 初日は、ガラス棟地下の特設チケットオフィスが例年になく混雑してました。私が見ている範囲では、午前中から夕方5時ごろまで、常に15分程度の待ち行列が出来ている状態で、13の窓口をフルに使ってました。(待ち時間は並んでいる距離から私が推定)
 この音楽祭は第1回のときに特設チケットオフィスの行列が60分~90分待ちとなる事態となり、その後主催者はメールマガジン会員の創設などできるだけ前売券の購入へ誘導する施策をとるようになりました。リピーターには前売券購入が浸透したので、近年では特設チケットオフィスに行列が出来きても一時的なもので、時間帯によっては窓口の数を絞るほどだったのですが、今年は明らかに違いました。これが初日だけの現象なのかどうかわかりませんが、スマートに公演を見るなら、ぴあ取り扱いの店舗やコンビニであらかじめ購入して来場するのがおすすめです。(在庫はオンラインのため特設チケットオフィスと共通)
 とはいっても、会場のチケットオフィスだと通常必要な発券手数料105円/枚が不要ですし、会場の「ソムリエカウンター」で相談してチケットを買いたいという方もいらっしゃるでしょうから、絶対事前購入すべきとまでは言いません。もし、会場で買おうとするなら到着時間に相応の余裕を見込んでお越しの程を。

 2日目、3日目は天候が回復すると良いですね。私もさわやかな風のもとビールが呑みたいです(笑)

 そうそう、2日目(5月4日)の午後はNHK-FMの中継が入ります。
 「今日は一日ラ・フォル・ジュルネ三昧
 お越しになれない方はぜひ聴いて会場の雰囲気を感じていただければと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

熱狂の日2012開幕!

 大型連休のお楽しみ、東京・丸の内のクラシックフェス、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭。2012年はプレイベントが4月27日から始まっていますが、国際フォーラムでのコンサートは5月3日開幕です!
 この記事をアップしている時間はまだコンサート開始前なのですが(^^; 5月2日の「前夜祭コンサート」にさっそく参加しましたので、気分は開幕、ということで。

 前夜祭コンサートは5000人収容のホールAですが、1Fは大入り満員。(2階席は未確認)
 このコンサートは、今年のテーマ「ロシア音楽」の美味しいところを詰め合わせ、しかも値段がお値打ちという大変お徳なコンサート。「白鳥の湖」「くるみ割り人形」など私でも分かる聴き馴染みの曲はもちろんのこと、素人の私には聞きなじみのない曲も良かったです。
 以下素人のひとくち感想(^^;

・東京都交響楽団のコンマスが意外とお茶目で好印象(笑)。もちろん音もしっかり。
・姉妹デュオ、サンヤ・ビジャーク&リディヤ・ビジャークの4手ピアノは、よく手がこんがらないかと感心。
・パリ室内管弦楽団の指揮・ジョセフ・スヴェンセンの“チャイコフスキー「弦楽セレナード」からエレジー”での踊るような指揮ぶりに興味津々。たおやかで綺麗な音。
・小曽根真のピアノはやっぱりすごい!超絶。

 ホールAには主に後方客席向けに大型モニターが設置されているのですが、このモニターはバックから指揮者を狙ったり、ピアノの手元を狙ったりと、前方の客席でもついつい見入ってしまう内容でした。ほんと、サンヤ&リディヤさんや小曽根さんの手の動きはこのモニターでみてすごいなと。

 残念ながら雨のスタートで、地上広場の屋台村はちょっと残念な感じでしたが、それでも地上広場キオスクでは雨を避けるように「ちょい渋&渋さ知らズ」のライブパフォーマンスがあり、盛り上がっていました。

 さて、昨夜会場を一巡りして嬉しかったのは、今年の熱狂の日音楽祭は2010年並の趣向が復活していること。地上広場キオスクは、八角形の「あずまや」が復活。地下展示ホールのキオスクも赤い八角形のステージが復活。ガラス棟にはシンボル絵の特大のタペストリーが下がり、雰囲気が盛り上がります。やっぱり祝祭感とカジュアルさがこのフェスの持ち味ですから。
 その代わり、2011年は誰でも入れた地下展示ホールは、2010年度以前のとおり、本編コンサートのチケットもしくは半券の提示が必要となってますのでご注意を。とはいっても、国際フォーラム周辺で行われるエリアコンサートなど、誰でも観られるものも多数ありますので、チケットなしでふらっと来ても、十分楽しめると思います。本編コンサートのチケットも、ホールAを中心にまだまだあるようです。

 本日も雨模様なのが残念ですが、盛り上がってまいりましょう。会場の模様は公式ブログの速報でどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »