« 熱狂の日2012を振り返る | トップページ | BEST☆TEN続報 »

2012年5月12日 (土)

「BEST☆TEN」のデビューステージ

 先日、河合奈保子さん絡みのネット検索をしていたら、面白い情報に行き当たりました。
 70年代を中心としたアイドルポップスをカバーする3人組のユニット「BEST☆TEN」が結成され、3人のカバー割り振りの中に奈保子さんも含まれるというのです。

 BEST☆TEN ~いづみの宴

 この手のカバー活動で奈保子さんの曲を対象にするというのはあまり聞かないので、これはと思ってデビューイベントという「横須賀カレーフェスティバル」へ本日、はるばる足を伸ばしたのでした。

 で、ステージが始まったのですが何と冒頭、奈保子さんカバー担当のいづみさんが「今日は喉の調子が悪くて歌えません。踊りとスマイルで。。」と紹介されたではありませんか。思わず口あんぐり。

 あの~。私にとってはあなたが歌わないと意味無いんですが!

 もう、帰ってしまっても良かったのですが、せっかく来たので一応ステージは最後まで聞いてきました。生バンドではなく、カラオケ。正直、歌唱については発展途上といったところかな?でも固定ファンがいる様で、野外ステージには紙テープが盛んに飛び、コールや笛の音などがこだまするという、まさに往時のアイドル歌手のコンサートを彷彿とさせるような情景が、そこにはあったのでした。奈保子さんの曲は聴けなかったし、規模が違いすぎるけれど、奈保子さんのバースデーライブ(よみうりランドオープンシアター・イースト)もこれに近い雰囲気だったのかなあと思いながら、ステージを見ていました。デビューなのに既にファンがいるわけは、途中のMCで分かりました。もともとはキャンディーズのカバーユニットだったそうで。なるほどね。キャンディーズのファンは熱心ですものね。。。

 そんなわけで決定的瞬間に立ち会うはずだったのに、意外な展開で空振りになってしまったのでした。後で確認したら、5月3日のプレデビューのときもいづみさんは喉が原因で歌えなかったらしい。。。まだ歌を聞いてないうちに評価をしてはいけないのでしょうけど、歌手として喉のコンディションを整えられない、あるいはコンデションが思わしくないとしても最善のケアをして本番をこなせないようでは、この先思いやられます。ちょっと厳しいことを言うようですが、プロ意識としてどうなのかと。いっそうの奮起を期待します。

【5/17追記】
フォロー記事を書きました

|

« 熱狂の日2012を振り返る | トップページ | BEST☆TEN続報 »

河合奈保子」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

いろんな人がいるんですね。このいずみさんという人は漫才コンビおぼん・こぼんのこぼんさんの娘さんでしょうか? キャンディーズのカバーユニットの話は知りませんが、なんだかわからない世界です。芸人は芸を見せてもらわんと思う次第で、歌わないけどとりあえず応援するというファンは本人のためになるのかどうか…。

投稿: ハイパパ | 2012年5月13日 (日) 21:42

■ハイパパさん
いらっしゃいませ。ここに反応するとは(微笑)
いづみさんがこぼんさんの娘さん?それは知らなかったです。
前身のキャンディーズのカバーユニットは確かバンディーズと言ってましたね。私も詳しくない世界ですが、同様のストロベリーキャンディーズは別件のライブイベントで3回ほど見たことがあって、その時の固定ファンの乗りが今回の横須賀カレーフェスティバルと全く一緒でした。。。あ、現地での応援が誰に対してのものなのかは判別不能です。ユニットですので。
ま、まずは歌ってもらわないことには何ともなりませんなあ。奈保子さんの名曲をそれなりのクオリティで伝道してくれるなら応援しちゃうのですが。

投稿: MARU | 2012年5月13日 (日) 22:43

フォロー記事も書きましたが、いづみさんは声帯ポリープだそうで。。。
そりゃ歌えないですね。まずは治療に専念していただきたいところです。

投稿: MARU | 2012年5月17日 (木) 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/54696038

この記事へのトラックバック一覧です: 「BEST☆TEN」のデビューステージ:

« 熱狂の日2012を振り返る | トップページ | BEST☆TEN続報 »