« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月29日 (日)

Tokyoナビゲッチュー

 きょうはニッポン放送のイベント「ラジオパーク」開催中の東京・日比谷公園へ。「夏目三久Tokyoナビゲッチュー」の公開生放送を観てきました。
 事前に整理券が必要という情報があったので配布開始時間ちょうどに行ってみたのですが、結構な行列。結局放送開始の1時間以上前に整理券は予定枚数を配り終えた模様で、会場の小音楽堂は約700名の聴衆で大入りでした。
 たぶん、多くの方が夏目さん目当てだと思われるのですが、私の目当てはゲストの尾崎亜美さん。番組内でミニライブがありましたが、3曲はあっという間でしたね~。
 曲目は
 ・マイ・ピュア・レディ
 ・天使のウィンク
 ・スープ

 曲数が少なかったこともありますが、この手の一般リスナー向けミニライブではまず外さない「オリビアを聴きながら」ではなく「スープ」を持ってきたところが新鮮でした。亜美さんはスープについて「いま一番歌いたい曲」とおっしゃってましたが、この曲に込める強い思いを感じました。
 2曲目の天使のウィンクは、「やくそーくをー・・・」のイントロ部分が終わったところで、どこからかタイミングよく?“カランカラン”という鐘の音が(笑)。鳴り終ってからドーンと賑やかに本編に入っていきましたが、このあたりの状況に応じた演奏というのはさすがです。
 トークはいつものようにユルい感じで、レポーター(アシスタント?)の島田秀平さんと手相の話をしたり、新アルバム「soup」の話をしたりしてゲストタイム終了。正味40分も無かったかな。本当にあっという間でした。
 その割には予定より進行が押していたそうで、そのあとの進行は巻きで(笑)

 会場は暑くて快適とは言えなかったのですが、楽しいひとときでした。そうそう、夏目さんはかわいらしくて華奢な方でしたよ。

 さっそく番組のウェブサイトで簡単なレポも出てますのでよろしければ参考に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

「nahoko音」発表6年

 もう2日前になりますが、4月24日の夜は東京・四谷三丁目のライブレストラン「ソケースロック」で、いまのまいさんの「80~90年代J-POPカバーライブ&懐アイ反省会」を観てきました。
 1部は懐かしのアイドルソングを、まったりしたMCも交えて(笑)、そして2部は80~90年代J-POPカバーライブという構成で、全編生バンド!楽しかったです。曲目とかライブの模様は、本人セルフレポがまいさんのブログに出ているのでそちらに譲ります(いわゆる手抜き・・・)。個人的にはオリジナルの「Moment」が聴けたのが嬉しかったな。まいさんの魅力は「懐アイ」だけじゃない!
 私にとっては市ヶ谷の「ライブインマジック」よりこちらの店のほうが居心地が良く、かつステージとの距離がめちゃめちゃ近いので、ライブ中たくさん声掛けしてしまいました。ご迷惑でしたらスミマセン。


 さて、きょう4月26日で河合奈保子さんのピアノインストアルバム「nahoko音」がiTuneMusicStoreで発表されて満6年になります。このところ奈保子さんの動静について目に見えるものがご無沙汰で、雑記帖に載せる話題もこうした節目のことが中心になってしまうのはちょっぴり残念ではありますが、奈保子さんのキーワードは「マイペース」ですし、これまでどおり暖かく見守っていきたいと思います。

 もう発表から6年も経っているわけですが、実はこのところ「nahoko音」を検索ワードにしてこの雑記帖にたどり着く方が多く、この1ヶ月の検索ワードランキングは「nahoko音」がぶっちぎりの1位。特にプロモーションもないのですが、こうして興味を持っていただける方がいらっしゃるのは嬉しいことです。そして奈保子さんの素敵な音に触れることで、奈保子さんの音楽面を再発見していただけたらなあと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

ちょっとインターバル

 4月に入ってこの雑記帖、いつもよりインターバルを頂いています。私は短文投稿が苦手なので、ある程度まとまった話題でないとなかなか書き出せなくて。。。
 来週以降はきっと、話題満載でお届けできると思います(^^)

 って今回は短文じゃん!というツッコミは無しでお願いします(微笑)。いちおう消息として書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

「熱狂の日」まであと20日

 5月の大型連休の風物詩、東京・丸の内のクラシックフェス、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭はメインのコンサートが5月3日から5日まで開催されます。ということで開幕まであと20日に迫りました。
 昨年は東日本大震災の影響で東京国際フォーラムのうちホールAなどが使用出来ず、来日アーティストのキャンセルもあって規模を縮小しての開催であり、世の自粛ムードも相まって、なんとなく「遠慮がちに開催してる」ような感もありました。
 今年は規模も2010年のレベルに戻り、祝祭感溢れる「熱狂の日」になるのではと思っています。やはりこのクラシックフェスは、祝祭感が一番のポイントだと思うのですね。一般にはとっつきにくいクラシックの生演奏が、ここでは気軽に聴けるのは、この祝祭感によるところが大きいです。もちろん料金も市価に比べて安いこともポイントですが。。とにかく、遠くから聞こえてくる演奏を聴きながら地上広場でビール飲んでるだけでも楽しくていい気分になっちゃう、不思議なフェスなのです。

 ま、そうはいってもやっぱり敷居が高いと感じる方は、前夜祭などいかがでしょうか。5月2日夜の前夜祭はなんと、公演時間2時間のプログラムが破格のS席2000円!今年のテーマ「ロシア音楽」の有名どころを詰め合わせて、しかも小曽根真さんも出演してこの価格はお値打ちだと思いますよ。

 人気曲のプログラムや小ホールのプログラムで売り切れが出ていますが、まだまだ買えるプログラムも多数ありますので、どうぞご検討頂ければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

chanter et chanter! 19

Toko_live19

 4月4日の夜は東京・南青山のライブハウス「MANDALA」へ。藤田朋子さんのシリーズライブ「chanter et chanter! 19」を観てきました。何だかんだと、ここしばらくtokoさん(←藤田さんのことね)のライブはずっと通っています。だってお手製の案内はがきが届くと、行きたくなるんですもの(笑)
 平日の夜でしたが、店内はぎっしり満員御礼状態。フードの注文も多かったみたいで、なかなか出てきませんでしたねえ。ただ、tokoさんによると今回は予約が少なかったそうで。。。すいません、私いつも当日券で入ってます(^^;
 ミュージシャンはおなじみ黒木千波留さん(pf)、配偶者の桑山哲也さん(Acc)、そして増根哲也さん(B)。コントラバスが入るといい感じになりますよねー。

 なんか毎回同じこと書いてる気がするのですが、今回も素敵な歌と楽しいトークで、とても楽しめました。tokoさんが自身が楽しんでいるのが良くわかるライブを見るとこちらも楽しくなるんですよね。なんかこう、伸び伸びとした感じで。
 で、ライブの曲目やその解説はtokoさんの公式ブログで詳細に書かれているのでそちらをご覧頂くことにして(手抜き)、トークハイライトを。

・このライブが昨日じゃなくて本当に良かった!
 (前日夜が鉄道が止まるほどの暴風)
・蜷川さんの芝居に号泣する桑山さん。
・舞台の共演がきっかけで私よりも大竹しのぶさんと仲良くなった桑山さん。
・FAXを外した黒木さん(pf)に譜面を送るためにメールではなく車を走らせた桑山さん。
・それなのに譜面を手渡しせずポストに入れてきた桑山さん。
・「ラストダンスは私と」はバラードのアレンジで演奏すべきと力説する桑山さん。
 (詞の背景が、車椅子のご婦人が旦那に向けたものであるため)
・パリレコーディングを敢行した桑山さん。フランス語が分からなくてもジェスチャーで何とかなる!
・フランスではTVのリモコンをテーブル(食卓)に置いてはいけない。
 (食卓は食べものだけを置くところだとか。。で、リモコンはTVの前に置いているという(笑)・・・日本人的にはリモコンの意味がないのですが)
・好きなことを続けられる幸せ。

 今回は配偶者の桑山さんネタが多かったですね。

 次回ライブは回を重ねて20回。しかし夏から全国巡業のお芝居があり、なかなか時間が取れないような感じだそうで。でもまた告知が届くのを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

懐アイバンドSP春の陣

 きのう3月31日は東京の中波ラジオ局・文化放送の開局記念日。開局60周年おめでとうございました。私にとって文化放送というと、さだまさしさん、伊東四朗さん、梶原茂さん、吉田照美さん、立川志の輔さんあたりでどっぷりだったので思い入れのある放送局です。昨夜は19時から開局60周年の特別番組がありましたが、その中で「QRソングに尾崎亜美さんのアレンジしたバージョンがある(平成10年~)」という話が出てきてびっくり。文化放送はずっと聴いてますから当然そのQRソングも聴いているはずですが、知りませんでした。

 さて同じ夜、私は東京・市ヶ谷のライブインマジックへ。「懐かしアイドルソングバンドスペシャル-春の陣-」を観てきました。いまのまいさん主宰の「懐かしのアイドルソングの巻」が2008年に休止となった後、昨年に単発企画で復活していたのですが、2012年は定期開催が復活!実は1月と2月もカラオケ版で開催されていたのですが平日で伺うことが出来ず、土曜開催の生バンド版でようやく伺うことができました。場内ぎっしり。

 出演は主宰のいまのまいさんの他、竹田眞弓さん、藤崎とうこさん、あさくらはるか17さん、鈴木まりえさん、千恵さん、マミ。さん、渡辺美保さん、Kanaさん(from完熟娘。)、利根川藍さんの10人。このぐらいのボリュームが良い感じです。あまり出演者が多くなると1人の曲数が減ってしまうので(^^;

 全体は2部構成で、1部は春のデビュー曲から、2部は名曲メインという感じ。トーク控えめでサクサク歌いまくり、約2時間半、バンド生演奏でたっぷり楽しめました。ホーン隊が充実しているのがまた良いんですよね。幕間にはなつかCMのトリビュートとかメイキングとか、凝った映像が出てきましたが、衣装の凝り方といい、まいさんのプロデュース公演らしい内容(^^)

 今回、河合奈保子さんの曲は出てこなかったのですが(奈保子さんは一般的にはやっぱり夏のイメージですよね!)私としては尾崎亜美さんの作品が3曲出てきたのがツボ。
 ・幾千の涙を贈りたい(山口由子) 知恵
 ・曇り、のち晴れ(志村香) あさくらはるか17
 ・二人だけのセレモニー(岡田有希子) いまのまい

 曇りのち晴れは、ふだん亜美さんのアカペラバージョンで聴きなれている分、オリジナルのバンドバージョンが新鮮。二人だけのセレモニーは、こうして改めて聞いてみると転調しまくりで難しい曲ですね。そして驚いたのが幾千の~を歌った知恵さんで、この方、以前観た「女だらけの昭和歌謡ヒットパレード」ではパーカッション担当だったのですが、歌もいけるとは・・・上手いです。終演後に聞いたところ、まいさんがスカウトしてきたのだとか。さすがまいさん。

 次のバンドスペシャルは既に予告があって2012年7月21日(土)だそうです。一つのテーマを極める(笑)らしい研究会(カラオケ版)も行ってみたいところです。私それほどマニアックじゃないので、ついていける自信がありませんが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »