« chanter et chanter! 19 | トップページ | ちょっとインターバル »

2012年4月13日 (金)

「熱狂の日」まであと20日

 5月の大型連休の風物詩、東京・丸の内のクラシックフェス、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭はメインのコンサートが5月3日から5日まで開催されます。ということで開幕まであと20日に迫りました。
 昨年は東日本大震災の影響で東京国際フォーラムのうちホールAなどが使用出来ず、来日アーティストのキャンセルもあって規模を縮小しての開催であり、世の自粛ムードも相まって、なんとなく「遠慮がちに開催してる」ような感もありました。
 今年は規模も2010年のレベルに戻り、祝祭感溢れる「熱狂の日」になるのではと思っています。やはりこのクラシックフェスは、祝祭感が一番のポイントだと思うのですね。一般にはとっつきにくいクラシックの生演奏が、ここでは気軽に聴けるのは、この祝祭感によるところが大きいです。もちろん料金も市価に比べて安いこともポイントですが。。とにかく、遠くから聞こえてくる演奏を聴きながら地上広場でビール飲んでるだけでも楽しくていい気分になっちゃう、不思議なフェスなのです。

 ま、そうはいってもやっぱり敷居が高いと感じる方は、前夜祭などいかがでしょうか。5月2日夜の前夜祭はなんと、公演時間2時間のプログラムが破格のS席2000円!今年のテーマ「ロシア音楽」の有名どころを詰め合わせて、しかも小曽根真さんも出演してこの価格はお値打ちだと思いますよ。

 人気曲のプログラムや小ホールのプログラムで売り切れが出ていますが、まだまだ買えるプログラムも多数ありますので、どうぞご検討頂ければと思います。

|

« chanter et chanter! 19 | トップページ | ちょっとインターバル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/54464402

この記事へのトラックバック一覧です: 「熱狂の日」まであと20日:

« chanter et chanter! 19 | トップページ | ちょっとインターバル »