« 「soup」ライブ、盛り上がってます! | トップページ | 「soup」ライブツアー終了! »

2012年3月10日 (土)

鎮魂の週末

 あす3月11日で東日本大震災から1年です。もう1年にもなるのに、ここ数日の新聞の特集記事など見ると現地の厳しい状況が続いておりもどかしさを感じます。
 テレビジョンも特別番組が多いようですが、正直なところ映像を見るのは少々つらい気がします。現実から目をそらしたいというわけではないのですが、私にはやはりラジオが合っています。ラジオも特集番組がたくさんあります。
 震災とそれに続く計画停電で一躍見直されたラジオ・・・今はどうなんでしょうか。もし人の心がテレビジョンやネットに戻っているのだとしたら、ちょっと残念に思います。ニッポン放送の上柳アナはこう述べています。

「『防災のためにラジオを聴いて』と簡単に言うけど、思い上がっちゃいけないと思う」  「急にラジオのスイッチを入れて、そのパーソナリティーの言うことを信じるのは難しい。普段から番組を聴いてもらう努力が大切で、信頼関係があって初めて、リスナーにしてみると『こいつの言うことは信用できる』」
 (東京新聞2012年3月8日朝刊、放送芸能面の記事より)

 まさにその通り。私もラジオが非常時だけのメディアになってはならないと常々思っていますが、こうした言葉がラジオの送り手から出てくるのは心強いです。


 そして、東日本大震災で霞みがちですが、3月10日は東京大空襲のあった日。一夜のうちに推定で10万人もの非戦闘員の命が奪われた東京大空襲は、間違いなく昨年までは3月に大きく取り上げられていたことでした。戦災と震災は単純に比べられないことだけれど、多くの命が奪われたということにおいてどちらも風化させてはならないものだと思っています。10日、11日と、鎮魂の週末です。

|

« 「soup」ライブ、盛り上がってます! | トップページ | 「soup」ライブツアー終了! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

3.11の当日に尾崎亜美さんがコンサート開かれたのですね。きっと、何かの決意みたいなものがあるのかもしれませんね。

岩崎宏美さんが絆311プロジェクトに参加して歌ったギター1本の聖母たちのララバイも、この日の追悼には相応しいかもしれません。
kizuna311.com/contents/singing279/

投稿: ギムリン | 2012年3月12日 (月) 04:33

■ギムリンさん
いらっしゃいませ。
亜美さんの新アルバム「soup」は東日本大震災の影響を強く受けています。もともと35周年盤として制作が進んでいたものを、構想を練り直して曲を入れ替え「今、音楽で伝えたいこと」だけのアルバムにしたそうです。ラストソングのスープもレクイエムですし。そして、行程を組み替えてたら35周年ぎりぎりのこの時期になったと。
決意という大袈裟なものはなかったかもしれませんが、必然だったのかもしれませんね。

投稿: MARU | 2012年3月13日 (火) 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/54186799

この記事へのトラックバック一覧です: 鎮魂の週末:

« 「soup」ライブ、盛り上がってます! | トップページ | 「soup」ライブツアー終了! »