« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月25日 (日)

bayfm「THE SESSION」

 きょう3月25日のbayfm「THE SESSION」は尾崎亜美さんがゲストでした。アルバム「soup」の曲をバックで流しつつ、「soup」制作にまつわることを中心にトークが盛りだくさんで楽しめましたねー。スタジオライブの「オリビアを聴きながら」は定番ですが、DJの斎藤誠さんとのセッションはビートルズの「All My Loving」で、これは珍しいのでは。

 で、ポストトークの動画が番組サイトにアップされてますので(正確には、携帯電話やスマートフォンで見るためのQRコードが掲載されている)、ぜひご覧頂ければと。

 http://blog.bayfm.jp/session/main.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

そして36周年へ

 昨日は尾崎亜美さんのバースデーでしたが、きょう3月20日はデビュー記念日です。みーちゃん(美鈴さん)から亜美さんへ、これもある意味バースデーですね。
 35周年記念のニューアルバム「soup」とそのライブツアーはぎりきり35周年内に収まり、ご本人もMCで「ぎりぎりセーフ」と言及していましたが、亜美さんの今の思いを詰めるべく工程が遅れただけのことで、素晴らしい作品です。きょうから36周年ですが、ぜひこの作品でまたライブをやっていただきたいなあと思います。東京公演は満員御礼でしたからねー。36周年もやんちゃな亜美さんを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソワレライブ2011

 3月18日の夜は東京・渋谷のライブハウス・サラヴァ東京へ。ソワレさんのソロライブを観てきました。ソワレさんのソロライブは結構久しぶりのような気がします。
 ソワレさんは「シャンソン歌手」という括りですが、この夜は「ソワレの好きな唄2012」という副題が付いていて、1部ではソワレさんが聴いてきた思い入れのある歌手の曲が並びました。というわけで1曲目は一番入れ込んでいる越路吹雪さんの「愛の賛歌」でしたが2曲目に出ました!河合奈保子さんの「ラブレター」。奈保子さんのCD復刻モノでライナーを手がけるなど奈保子さんシンパで知られるソワレさんですが、自身のライブで取り上げるときは「けんかをやめて」が定番だったので(=シャンソンライブの雰囲気から)、曲名を聞いたときはちょっと意外でした。で、アレンジはあっと驚くジャズテイスト。やってくれますねえソワレさん。そのほか渡辺真知子さんや大貫妙子さんの曲などを。幼少のころ渡辺さんが家に遊びに来ていたという話は初めて聞きました。
 そうそうこの1部、50年代のコンサートの感じを出したくて司会を立てたということなのですが、その司会が店長のボボさんで、そのいい加減さに大爆笑。およそ50年代の雰囲気(例えば玉置宏さん)とは違ってました。

 2部はオリジナルとシャンソンを中心に。後半はかなり飛ばして盛り上がりました!「隣の人に置いていかれないでね」というMCがまたソワレさんらしいです(奈保子ファンにはこのフレーズが何か分かる人も多いはず)。
 私としては久しぶりにオリジナルの「恋のあと」が聴けたのが良かったな。以前「血管が切れる曲」なんて言われてたこともありましたが、その絶唱は相変わらず素晴らしいです。勿論、絶唱だけでなく抑えた歌唱も良いのですが。
 アンコールには意外にもスパイダースの(今となってはムッシュかまやつさんのと言うべきか)「あの時君は若かった」。さらに新春シャンソンショウ(今年は行けなかった・・・)で定番の「誰にでも、あなただけの歌がある」は客席も一緒に歌って盛り上がりました。私、ソワレさんにマイクを向けられたのですが思いっきり歌詞間違えてしまった・・・すいません。

 久々にソワレさんのライブを聴いて、やっぱり楽しいし歌唱は素晴らしいし、良いなあと思った次第です。最近はサラヴァ東京のプロデューサーとしての仕事が忙しいようですが、どんどん歌っていただきたいです。
 そして、ソワレさんの奈保子さんへの思い入れも改めて感じたのでした。オリジナルとか訳詞の歌詞に、奈保子さんの作品へのオマージュも結構ありますし(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

HAPPY BIRTHDAY

 きょう3月19日は尾崎亜美さんの誕生日。おめでとうございます。
 河合奈保子ファンとしての私は“亜美さん×バースデー”というと「Birthday Night」という曲を奈保子さんに提供していただいたことがすぐに頭に浮かぶのですが、シングルの「微風のメロディー」も、亜美さんのセルフカバー版ではバースデーソングだったりします。(だからHappy Happy Birthday ・・・)
 まあ、何にしても縁を感じるというか、そもそも私が亜美さんのファンになったつながりもこの2曲なので、思い入れ深い曲ですね。あ、「プリズム・ムーン」も浮き立つような感じが素敵な曲ですが。。
 ということで、素敵なBirthday Nightを。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

「LIGHTS OF LIFE」聴いてみました

 以前紹介した「業界の常識に挑戦した」女声ボーカルコンピ盤「LIGHTS OF LIFE~明日のために」を、同日発売の尾崎亜美さんのニューアルバム「soup」とともに発売日に買い求めていたのですが、やっぱり亜美さん優先になってしまい、しっかり聴くことができてませんでした(^^;
 で、亜美さんのライブツアーも終わったので改めて聴いてみましたが、これ、とってもいいです!

おさらいで、収録曲を

1.あすという日が/仙台市立八軒中学校 吹奏楽部・合唱部
2.アメイジング・グレイス/本田美奈子.
3.愛燦燦 /美空ひばり
4.ハナミズキ/一青窈
5.元気を出して/手嶌葵 
6.瑠璃色の地球/KOBUDO feat 夏川りみ 
7.千の風になって/鮫島有美子
8.野に咲く花のように /ダ・カーポ
9.翼をください/山本潤子 
10.時には昔の話を/加藤登紀子
11.シアワセノカケラ/岩崎宏美
12.FOR THE FRIENDS/河合奈保子
13.Over The Rainbow/藤田恵美 
14.人生の贈り物~他に望むものはない~/ダ・カーポ
15.イツクシミ/KOBUDO feat 上間綾乃
16.見上げてごらん夜の星を/本田美奈子.
17.川の流れのように/美空ひばり with 高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト


 このコンピ盤は、前向き感のある上質な女声ボーカル曲を「ジャンルレスで選曲した」ことが挑戦的なわけですが、曲自体は一部を除きメジャーな作品です。ですから、ああ知ってる、知ってるみたいな感じで流してしまうかなと思ったのですが、聴いてみるとこれがなかなかに「深い」のです。なんというのかな、全体を貫くやわらかさというか。前向き感はあるけれども、ぐいぐい引っ張られるのではなく、寄り添っている感じというのかな。
 例えば、このコンピ盤ではオリジナルではないカバーバージョンも使われています。発売前に曲目を見たとき、実は「なんでオリジナルを使わないのかな」と思ったのです。ところが聴いてみると、あ、これはオリジナルだとコンピ盤全体の統一感が薄れてしまうなと。オリジナルが良い悪いじゃなくて、このコンピに入れるにはこのバージョンが合っていたということなんだろうと思います。もちろん、発売元の「大人の事情」もあるでしょうが(微笑)。そして、結果として、知っている曲でも歌詞をより深く感じさせるのです。

 というわけで、決してジャンルレス=ごった煮ではなく、立派なコンセプトアルバムなんですね。

 個人的には、一番馴染みのある(世間的には真逆ですが)河合奈保子さんの「FOR THE FRIENDS」が、この流れの中で聴いてもしみじみ良い曲・歌唱だなあということが分かったのが嬉しかったです。一般リスナーの方が、奈保子さんのステレオタイプとは違う部分に気づいてくれたらいいな。
 そうそう、1曲目の「あすという日が」ですが、これは独唱でも聴いてみたい歌ですね。合唱もいいですけど「音の響きの美しさ」が優先されているような感じで・・・独唱だと歌詞の言葉がさらに伝わってくるのではと思いました。(注・意見や感じ方には個人差があります)


 なお曲の詳しい紹介は企画した臼井孝さんのページをご覧いただければと。
 歌ネットでも詳しく紹介されていますので、こちらもご参考に。
 ワタフレ特別編 コトバのチカラ

 現状、残念ながら店頭在庫はあまり見かけないようですが、通販サイトでぽちっとしていただければと。アマゾンも発売当初は欠品が多かったですが、最近は安定して入荷しているようです。17曲入りで2100円とお値打ちですし、どーですか、お客さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

「soup」ライブツアー終了!

 尾崎亜美さんの35周年コンサート「soup」ライブツアーは3月11日、最終日の東京公演が盛況のうちに終了しました!
 ということで、曲目を。大阪、名古屋、東京ともに同じフォーマットでした。

1.VOICE (シングルver)
2.純情 (Air Kiss)
3.冥想 (ReBORN)
4.春の予感 (ReBORN)
5.マイ・ピュア・レディ (ReBORN)
6.1グラムの歌 (soup)
7.ヒメジョオン (soup)
8.私の声を聞いて (soup)
9.Music Picnic (soup)
10.Southern Cross (ReBORN)
11.オリビアを聴きながら (ReBORN・弦抜き)
12.The World Is All Changing (soup)
13.愛のはじまり (soup)
14.Crying Dog (soup)
15.A New Song (soup)
16.雨上がりのFreedom (soup)
17.スープ (soup)

en1.天使のウィンク (10番目のミュー)
en2.Prism Train (HOT BABY)

 (カッコ内はバージョン)

<ミュージシャン>
鈴木茂(G)
西村智彦(G)
小原礼(B)
斉藤有太(Key)
江口信夫(Dr)
Aisa(Chor,Perc)

<ライブ・ハイライト>
・VOICEはアルバムver(アカペラ)で歌われることが多いのですが、今回はシングルver(バンドサウンド)で、私はライブでは初めて。新鮮でした。
・続く純情と合わせてハンドマイクで立って歌唱。2曲目から盛り上がります。
・Music Picnicでは亜美さんがピエロに早変わり。舞台狭しと歌い踊り客席も大盛り上がり。亜美さん、ちょっと息が上ってました(微笑)
・雨上がりのFreedomは立って歌唱。前のA New Songと合わせて元気曲コーナーで、ここでも盛り上がります。
・スープでは亜美さん、こみ上げてくるものがあったようです。
・アンコールは鉄板の2曲で大盛り上がり。特に天使のウィンクのDrは正統派の「ドコドコドン」が入っていて心地よかったです。江口さんいい仕事してます。

<各会場ごとのトピックス>
・大阪では、もはや恒例?の「とーれとれぴーちぴち」「かにりょーり!」の掛け合いがありました。亜美さんいわく、大阪で会場の心が一つになる歌なのだとか。他に「関西電気」「保安協会」も。そして終演後の手拍子がずっと鳴り止まなかったのが印象的でした。
・名古屋はハコが小さかったのですが、終盤の盛り上がりは大阪以上でした。大阪のスタンディングはアンコールだけですが、16,17曲目で結構スタンディングがありました。
・東京は3.11ということで冒頭、黙とうをささげました。盛り上がりということでは3会場中一番でしたね。


 と、概要はだいたい以上のとおりですが、優しくもめっちゃ盛り上がってとっても楽しいステージでした!とにかく亜美さん弾けてました!亜美さん動く動く。もう、楽しませようというオーラが出まくってましたからねえ。アンコールも通常だと、静かな曲でクールダウンして終わることが多いのですが、今回は盛り上がったまま終了だったので、高揚感が半端なかったです。こんなに高揚感がある亜美さんのライブは私のなかでは初めて。この素敵なライブに皆勤できたのは幸運でした。
 ということで、亜美さんの心意気に応えようと、私も回を重ねるごとに応援スタイルを進化させてみました。名古屋、東京と、スタンディングの先陣を切る曲をどんどん前倒ししたのですね。東京では17でジャンプもしてみたり(微笑)。ああ、楽しかった。

 そして、聴けば聞くほどsoupは名盤です。こんなに素敵なライブが東名阪3箇所で終わってしまうのは本当に勿体ない。どこかで「おかわり」(再演)があることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

鎮魂の週末

 あす3月11日で東日本大震災から1年です。もう1年にもなるのに、ここ数日の新聞の特集記事など見ると現地の厳しい状況が続いておりもどかしさを感じます。
 テレビジョンも特別番組が多いようですが、正直なところ映像を見るのは少々つらい気がします。現実から目をそらしたいというわけではないのですが、私にはやはりラジオが合っています。ラジオも特集番組がたくさんあります。
 震災とそれに続く計画停電で一躍見直されたラジオ・・・今はどうなんでしょうか。もし人の心がテレビジョンやネットに戻っているのだとしたら、ちょっと残念に思います。ニッポン放送の上柳アナはこう述べています。

「『防災のためにラジオを聴いて』と簡単に言うけど、思い上がっちゃいけないと思う」  「急にラジオのスイッチを入れて、そのパーソナリティーの言うことを信じるのは難しい。普段から番組を聴いてもらう努力が大切で、信頼関係があって初めて、リスナーにしてみると『こいつの言うことは信用できる』」
 (東京新聞2012年3月8日朝刊、放送芸能面の記事より)

 まさにその通り。私もラジオが非常時だけのメディアになってはならないと常々思っていますが、こうした言葉がラジオの送り手から出てくるのは心強いです。


 そして、東日本大震災で霞みがちですが、3月10日は東京大空襲のあった日。一夜のうちに推定で10万人もの非戦闘員の命が奪われた東京大空襲は、間違いなく昨年までは3月に大きく取り上げられていたことでした。戦災と震災は単純に比べられないことだけれど、多くの命が奪われたということにおいてどちらも風化させてはならないものだと思っています。10日、11日と、鎮魂の週末です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

「soup」ライブ、盛り上がってます!

 尾崎亜美さんの35周年コンサート「soup」は、東名阪ツアーの折り返しが終了!といっても全部で3日しかないのですが(微笑)。私も4日の大阪、5日の名古屋を見てきました。
 11日の東京を控えているのでライブの詳細は書けませんが、とりあえず「盛り上がっているよ」ということは書いておきたいです。
 新発売のアルバム「soup」は静かな曲も多いのですが、元気な曲でははじけてます。やんちゃなミュージシャン・尾崎亜美が見られますよ(笑)
 ということで、大阪または名古屋に参加して東京にも参加する方は予習が出来ているわけですから、盛り上がりどころは分かってますよね?東京も盛り上げていきましょう。
 東京で初参加の方は、隣の人に置いていかれないでね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

いよいよ「soup」ライブツアー

 明日3月4日から、いよいよ『尾崎亜美35周年コンサート「soup」』ライブツアーのはじまりです。

 【大阪】2012年3月4日(日)17:00~森ノ宮ピロティーホール
 【名古屋】2012年3月5日(月)19:00~ダイヤモンドホール
 【東京】2012年3月11日(日) 17:30~日本橋三井ホール

 ニューアルバム「soup」を携えた35周年ライブなので、多くの人に集まってもらえればなあと思っています。もちろん私も応援します!

 亜美さんはニューアルバムのプロモーションもラジオ、新聞、雑誌など精力的にこなしているのですが、ネットで読めるものをご紹介します。
 Hot express 尾崎亜美 「soup」インタビュー
 これだけまとまったインタビューがネットで読めるというのもなかなか無いので、ご覧頂ければと思います。亜美さんの音楽への向き合い方が良くわかります。

 そうそう、オリジナルアルバムというのはなかなかとっつきにくいものがありますが、松本伊代さんへの提供曲のセルフカバー「私の声を聞いて」は、オリジナルの音源がYouTubeに正規にアップされていますので、予習としてどうぞ。これがなかなか素敵なんですよ。

http://youtu.be/VCc73TRSd0M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »