« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月28日 (月)

「nahoko 音」CD化から5年

 きょう11月28日で、河合奈保子さんのピアノインストアルバム「nahoko 音」がCDで発売されて5年になりました。
 その年の4月26日、iTunesMusicStoreで「nahoko音」が発表されたとき、何の前触れもなく12年ぶりの新譜が発表されたこと、ピアノインストアルバムであること、iTunes限定であることに大いに驚きいたのですが、このCDのパッケージを手にしたときも大いに驚きましたよねえ。CDを取り外すとそこにはURLが。
 そこに記されていたのは、それまで存在しなかった奈保子さんの公式ウェブサイトで、当時は「購入した方への奈保子さんからのメッセージ」と受け止められて、暗黙の了解としてネット上でその存在を語ることは自粛されたものでした。当店では今年4月26日の発表5周年を機に自粛解除しましたが(^^;

 今となっては2007年2月27日が最後の更新となっていて内容が陳腐化しており、あまりありがたみがないのですが、公式サイトが存在するということだけでも「存在の証明」として嬉しく思います。そしてそこに記された奈保子さんからのメッセージ「新しい作品はまだもうちょっと先になってしまいますが・・・」を信じて、ゆったりと新しい動きを待っていようと改めて思います。「ゆったりと待つ」というのは、何だかことある毎に綴っているような気がしますが(微笑)

 「nahoko 音」のCDは店頭では見かけなくなりましたが、発売元のアオラコーポレーションをはじめとして主要通販サイトで購入できます。iTuneでは持っているけど・・・という方もCDいかがですか。スリーブには近影も収められています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

スペシャルなライブ 2デイズ

 11月23日・24日の両日、東京・渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行われたライブ「en」を観てきました。
 尾崎亜美さんの音楽活動35周年、配偶者の小原礼さん生誕60年を記念したスペシャルなライブで、もうとにかく、ゲストがてんこ盛り。出演順に書き出すと
 23日:ムッシュかまやつ、奥田民生、Char、佐藤準、南こうせつ、佐久間順平、鈴木茂、林立夫、大貫妙子、是永巧一
 24日:屋敷豪太、奥田民生、ムッシュかまやつ、佐藤準、是永巧一、伊勢正三、鈴木茂、林立夫、大貫妙子、デーモン小暮
(以上敬称略)

 いやー、怒涛の2時間半オーバーのライブでした。出演者の皆さんがみんな楽しそうで、メイン(というかホスト役に近かったかも)の亜美さんが一番楽んでいたのかもしれませんね。勿論客席も盛り上がりました。確かに亜美さんの最後の曲以外スタンディングはなかったですけど、間違いなく盛り上がってました。ふだんの亜美さんのライブとは客層が少々違って若い方も大勢いましたしね(微笑)

 それにしても、こんなライブめったにないですよ。キャパ300そこそこのハコでレジェンドを含むゲストがこんなにてんこ盛りなんて。。。それもこれも、亜美さん・礼さんの人のつながり、つまりは縁あってなんだろうなあと。

 で、このライブの模様が衛星テレビジョンで放送されます。亜美さん礼さんがホストのBS11「MUSICA」で、2012年2月4日(土)、2月18日(土)の2回に分けて放送予定だそうです。視聴できる方はお楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

紅葉シーズンの京都で渋滞を回避する方法

 11月も中旬から下旬にさしかかる頃となると例年なら京都は紅葉シーズンに突入なのですが、今年は10月下旬以降の気温が順調に下がらず(^^; どうやら遅れ気味のようですね。
 この季節になるとこの雑記帖に「京都 渋滞」などのキーワードでたどり着く方も結構いらっしゃいます。やはりこの季節の京都の渋滞はドライバーにとっては気になるのでしょう。なんとか渋滞を回避したいという気持ちは良くわかります。

 そこで、渋滞を回避して京の紅葉狩りを楽しむ方法をレクチャーしているサイトがありますので、ご覧頂ければと思います。
 ↓
 http://www.city.kyoto.jp/tokei/trafficpolicy/kankochi/index.html


 見て、なーんだと思った方。抜け道とか時間帯とか裏技とかを期待されている方もいるかもしれませんが、そんなもんはありません。渋滞回避の第一は「クルマから公共交通へ」。特に鉄道を活用することがポイントです。パークアンドライドで観光地へ向かいましょう。

 鉄道がないところは路線バスに乗りましょう。バスは混んでるしいつ乗れるか分からない、渋滞で時間が掛かるのはクルマと同じというご意見もあるでしょうが、バスが混んでてなかなか来ないのは渋滞のせい。単純計算ですが、渋滞で所要時間が2倍になってしまうと、同じ車両数で操車したときの運行度数は半分になってしまいます。これでは運転間隔が開いてしまうので車内も混雑してしまいます。ですから、みんなでバスに乗ってクルマを使わないようにすれば、渋滞が減ってバスの操車(回転)が良くなり、増発と同じ効果が出るのです。
 市バスも京都バスも系統によって増発しますし、市バスは臨時系統も出ます。

 市バス・地下鉄の臨時増発について(京都市交通局)

 それでは、快適な京の旅をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

SPECIALなCD

 長らく製造中止だった尾崎亜美さんのアルバム「SPECIAL」がきょう、11月16日に再発されました!
 オリジナルは1997年11月の発売で、歌詞カードがカードタイプになっているという変わった趣向でした。イメージとしては、CDケースサイズの卓上カレンダーみたいな感じで、気分によって表のジャケットを替えられるという。。
 オフィシャルサイトの告知によると、今回は当時のままの歌詞カードの復刻ではなく通常のブックレットタイプになっていますが、音源はリマスタリングされているということです。収録曲はリテイクやカバー曲が中心ですが、アカペラアルバムというスペシャルな仕様になっています。クリスマスに向けてぴったりのものですので、いかがでしょうか?
 私はファンになったのが2004年ですので中古でしか持っていませんでした。今回の再発はもちろん買いです。

 「SPECIAL」
 2011年11月16日発売 規格番号:TOCT-11190
 1500円 発売:EMIミュージックジャパン
 
 1. Joyful Joyful
 2. For You
  - ENGLISH VERSION -
 3. The Christmas Song
 4. 真冬の流れ星
 5. 初恋の通り雨
  - REDOND VERSION -
 6. eclipse
 7. Have Yourself A Merry Little Christmas
   ~ Silent Night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

まち・人・未来CONCERT

 昨11月9日夜は神奈川県茅ヶ崎へ。伊勢正三さん、山本潤子さん、尾崎亜美さん出演の「まち・人・未来CONCERT」を観てきました。はい、亜美さん目当ての追っかけです。会場は茅ヶ崎市民文化会館。1400人収容の大ホールはほぼ満員の大入り。女性の比率が高いような気がしましたが、たぶん伊勢さん目当てなのかなと。

 この3人の組み合わせのライブは、以前にも「歌の贈り物」というタイトルで行われていて、個人的には久しぶり。今回のライブにもサブタイトル的に入ってましたが、MCでは「まち・人・未来CONCERT」を優先してましたね。

 ライブはソロコーナーとセッションコーナーで構成されてましたが、ソロコーナーは3曲ずつだったのであっという間でした。そのぶんセッションではめったに聞けないコラボレーションが聴けて良かったです。潤子さんの「天使のウィンク」なんてレアでしょ(笑)。ソロコーナーでもコラボはあって、ふだんはピアノ弾き語りの「オリビアを聴きながら」が、昨夜は小原礼さんのベースに伊勢さんのギターも加わって一味違いました。

 しっとり聞かせる(要するに静かな)曲が多かったのですが、それでも歓声とか割と聞こえてましたし、終盤の盛り上がる曲ではスタンディングもあって、盛り上がったライブだと思います。そして最後は「翼をください」を客席も大合唱。歌手に煽られて無理やり歌わされるのは好きではないのですが、昨夜のように盛り上がった自然な流れで歌うのは大好きです。しかし、「翼をください」をスタンディングで歌うとは思わなかったあな(笑)

 曲数少なめのライブでしたが、個人的にはなにぶん亜美さんのライブを聴けたのが7月以来のことで、少々禁断症状が出掛かっていたところでしたし、初めて生で深夜便のうた「愛のはじまり」が聴けたので満足でした。夏場のライブは関東圏以外ばかりだったので、諸事情で参加できなかったのよね。一転して11月・12月はいっぱいライブ予定がありますので楽しみです。ライブ予定は亜美さんのオフィシャルでどうぞ。


<曲目>
(オープニング)
1.海岸通り (尾崎亜美)
2.中央フリーウェイ

(亜美さんソロ)
3.マイ・ピュア・レディ
4.愛のはじまり
5.オリビアを聴きながら with伊勢正三

(山本さんソロ)
6.青い夏 with伊勢正三
7.素直になりたい
8.海を見ていた午後

(伊勢さんソロ)
9.湘南夏
10.22才の別れ
11.なごり雪

(セッションタイム)
12.あなたの空を翔びたい
13.海風
14.卒業写真

(アンコール)
En1.ささやかなこの人生
En2.天使のウィンク
En3.翼をください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

七回忌

 きょう2011年11月6日は本田美奈子さんの七回忌でした。
 あれから6年経ったんですね。月日の流れが早く感じます。

 あの日、ファンでもない私が強いショックを受けてしばらく何も手につかなくなったあの感覚は、今でも鮮明に思い出せます。直前に発売されたコンピ盤「名曲発掘!ジュエル・バラッズ」で本田さんの素晴らしさを再認識した矢先のことで、もうライブで歌唱を聴くことができないという強い喪失感もさることながら、なぜもっと早く気づいていなかったのかという自分に対する悔しさがショックをいっそう大きくしていたように思います。

 本田さんに関しては何を語れるわけでもありませんが、メモリアルコンサート「音楽彩」が毎年行われ、CDの出版も続いていることに、あらためてその大きさを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »