« いまさらですが猫森集会2011(Bプロ1日目) | トップページ | 初めての花電車 »

2011年10月 5日 (水)

あの事故から30年

 いまから30年前の1981年10月5日、東京・渋谷のNHKホールで「レッツゴーヤング」のリハーサル中にその事故は起こりました。河合奈保子さんが降下していたセリに誤って転落、第一腰椎圧迫骨折で約2ヶ月間の療養を余儀なくされる重傷を負いました。テレビジョン出演は11月30日の「夜のヒットスタジオ」から復帰しましたがコルセットの着用が翌年春まで続きました。
 デビュー2年目の奈保子さんにとって大変つらい出来事で、ファンの方も大変心配だったことだと思います。と私もファンの割には他人事のように綴っていますが、大変申し訳ないことに私、リアルタイム世代ながらこの事故のことをまったく覚えていなかったのです。ファンになったのは後追い(2002年~)とはいうものの「トップテン」「ザ・ベストテン」は普通に見ていたのに・・・。芸能全般に対して関心が強くなかったのは事実なんですが。

 そんなわけでこの事故のことはファンになったあとファンサイトの掲示板で改めて認識し、奈保子さんの著書「わたぼうし翔んだ」を古本屋で入手して詳細を知ることになりました。そこには、療養中のことが日記も引用しながら活写されているのですが、奈保子さんが歌いたくて歌いたくて仕方がなかったということ、そしてプロ意識の強さが印象に残りました。こういう書き方をするのも何ですが、本当に歌が好きなんだなっていうのがよく分かり、ますます惹かれていったのでした。

 重傷ながら後遺障害が出なかったのは不幸中の幸いで、それはたまたまセリ下にいたスタッフがとっさに受け止めて頂いたことも良かったのかもしれません。無事に復帰できたことで私たちは素晴らしい歌の数々を楽しむことができ、今もなおマイペースの活動を見守っていられることに深く感謝したいです。

|

« いまさらですが猫森集会2011(Bプロ1日目) | トップページ | 初めての花電車 »

河合奈保子」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/52917385

この記事へのトラックバック一覧です: あの事故から30年:

« いまさらですが猫森集会2011(Bプロ1日目) | トップページ | 初めての花電車 »