« 猫森集会10周年!まずはAプロから | トップページ | いまさらですが猫森集会2011(Bプロ1日目) »

2011年9月26日 (月)

音楽劇「オリビアを聴きながら」を観る

 9月18日から24日まで、「オリビアを聴きながら」という音楽劇の公演がありました。扉座・RAYNETの制作で、尾崎亜美さんの楽曲だけを使った音楽劇というもの。亜美さん本人が音楽監督を務め、ここしばらくは亜美さんのオフィシャルサイトでもずっとその仕事の話題が綴られていました。亜美さんが出演するわけではないのですが、亜美さんが編曲とオケ作りに心血を注ぎ、稽古にも出て指導した公演であり、オフィシャルサイトでも観劇を強くおすすめされていたので、23日のソワレ(夜公演)に行ってきました。ネタバレにならないようにと思って楽日のあとにこうして綴っているわけですが、公演に行けず後日発売のDVDで楽しまれる方もいらっしゃるかもしれないので、中身は程ほどにしておきます(笑)

 会場は東京の青山円形劇場。ブラタモリ的案内をすると、かつての東京都交通局青山電車営業所(都電青山車庫)の跡ということになります。青山車庫は運転教習線もある広大な車庫でしたが、現在はその跡地にこどもの城と国連大学が建っていて、円形劇場はこどもの城の3階。円形劇場というだけあって、本当に円形の舞台を客席が300度ぐらい取り囲んでいます。その舞台はちょうど亜美さんのLPレコードを模していて、ラベルの部分には筆記体でAmiiの文字が。さらにプレイヤーのアームも傍にあって、思わずにやり。
 
 物語は、勤め先の会社(の上役)に翻弄される主人公、その主人公とピアノ教室の先生とのロマンス、主人公の初恋の人との思い出話(回想)の3つが主軸になって進んでいきます。倒産で失職した主人公が音楽で救われ、何をなすべきかを見出していく・・・。超ざっくり言うとそんな感じです。

 見終わった感想ですが、とても良い(面白い)劇でした。時代性があります。おかしいことに対して声を上げなくてどうする、というメッセージが強く出ています。一方で冷徹なビジネスの世界も突きつけていて、喰っていくには好きなことだけじゃ済まないじゃないかという極めて現実的なことも描かれています。喰えないかもしれない信念を取るか、喰っていける現実を取るか・・・。難しい選択です。そんなふうに、考えさせられる内容だったのですが終盤は感動的でした。私が同じ立場だったらどうするのだろう、結局流されて主人公のようにかっこよく生きられないかも。。。音楽には人を救う力があるということは強く共感しました。
 こんな風に書くと重たい劇のようですが、コミカルなところはとことんコミカルで、ラッキィ池田さん指導のオーバー気味なアクションの振り付けも相まって笑わせてもらったシーンも多々ありました。

 劇の全編に織り込まれた亜美さんの曲は、既発表作品ながらまるで劇のために書いたかのようにきれいにはまってました。もちろん亜美さんは劇のために編曲をし尺を合わせてるし、脚本のほうも曲を前提にして書いているわけですが、詞を含めてストーリーに本当にマッチしてたのです。流れにあわせ2番の歌詞から始まっていた曲もあったり。ストーリーと独立していたのはパーティーのダンスシーンでの「BENGAL BABOO BABE」とか、カラオケ屋で歌った「ボーイの季節」ぐらいかなあ。オルゴールの蓋を開けると「漂流者へ」のメロディが流れてきたり(♪せめてオルゴール止まるときまで~)とか、亜美ファンには分かる仕掛けもあったりして。ポップなナンバーでは客席から手拍子も出たりして、そういった部分は亜美さんのライブを見ているようでもありました。それと今回の大発見は、亜美さんの曲は男が歌ってもイケルということ。もちろん実力があればこそなんですが。

 会場では、発売されたばかりのシングルCD「愛のはじまり」(NHKラジオ深夜便「深夜便のうた」)も販売されていたのでゲット。WEB通販よりちょっぴり安くてサイン入りだったのでちょっと得した気分です(笑)

 役者さんに知っている人がいる訳ではなく、亜美さんの関わった仕事ということだけで観にいったようなものだったのですが、行って良かったと思いました。再演してくれたら、また観にいくと思います。

<劇中歌>

・(曇りのち晴れ)
・春の予感
・天使のウィンク
・(伝説の少女)
・悲しみはビートに変えて
・マイ・ピュア・レディ
・時に愛は
・FOR YOU
・FRIENDSHIP
・ボーイの季節
・BENGAL BABOO BABE
・Endless Dream
・蒼夜曲セレナーデ
・(キャンディの夢)
・漂流者へ
・風のライオン
・Walking in The Rain
・VOICE
・オリビアを聴きながら

(  )はメロディだけの使用でパンフレットにナンバーが記載されていないもの。
他に「ウーパーダンシング」も使われていたそうですが、私は気づけなかった(^^;


<2012年7月7日追記>
 再演が決定しました!→こちら

|

« 猫森集会10周年!まずはAプロから | トップページ | いまさらですが猫森集会2011(Bプロ1日目) »

尾崎亜美」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/52838421

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽劇「オリビアを聴きながら」を観る:

« 猫森集会10周年!まずはAプロから | トップページ | いまさらですが猫森集会2011(Bプロ1日目) »