« 尾崎亜美「愛のはじまり」CD化決定&予約開始 | トップページ | 防災の日のラジオ特番 »

2011年8月30日 (火)

宮川彬良さんの楽しいコンサート

 昨8月29日の夜は、かつしかシンフォニーヒルズで「コンチェルタンテII」を見てきました。なんのこっちゃというタイトルですが、サブタイトルは「宮川彬良vs新日本フィルハーモニー交響楽団」。宮川さん監督でオーケストラを振るコンサートです。この告知を宮川さんがゲスト出演したTBSラジオで聞いて、これは楽しそうだと思って切符を取りました。

 私が宮川さんを知ったのはもう20年ほど前、ここでも何度か話題にしたことがあるNHKテレビ「音楽・夢コレクション」でした。当時は宮川晶という本名で音楽監督を担当していて、毎回繰り出す楽しい音楽と斬新なアレンジに、エンディングのクレジットを見て名前が印象に残ってました。最終回の最後の曲、島田歌穂さんの「SongForYou」のピアノ伴奏で自ら出演されてましたね。近年NHK衛星第2で放送されていた「どれみふぁワンダーランド」は、夢コレを思わせる番組構成で面白かったなあ。

 そんな宮川さんのコンサートなので、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しいものでした。新日本フィルですから音は本物ですが、基本線はポップスですし宮川さんのMcつきですし、客席を楽しませたいという空気に満ちた肩のこらない楽しさが良かったです。夏休みということで客席に子供の姿も多かったのですが、ザ・ピーナッツとかクレージー・キャッツは分かったかな(笑)。
 一番笑ったのはベートーベンの交響曲第5番(運命)とペレス・プラードのマンボNo5をドッキングさせたもので、これがいま南米で大ウケなのだそうです。ベートーベンとペレス・プラードが自由に行き来するというのは愉快です。

 あ、楽しさだけじゃなくて第2部メインの宮川さん作「音楽劇『ハムレット』より5つの主題」は舞台音楽家らしい壮大なもので、客席の拍手も大きかったですね。

 宮川さんはMcで何度も「音楽は夢のようなもの」と話していましたが、コンサートを観ていて妙に納得してしまったのでした。また夢の世界に浸りたいです。

|

« 尾崎亜美「愛のはじまり」CD化決定&予約開始 | トップページ | 防災の日のラジオ特番 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/52603642

この記事へのトラックバック一覧です: 宮川彬良さんの楽しいコンサート:

« 尾崎亜美「愛のはじまり」CD化決定&予約開始 | トップページ | 防災の日のラジオ特番 »