« カウントダウン | トップページ | Team ECO コンサート2011 »

2011年7月16日 (土)

J-POP青春の'80

 4月からNHK-BSプレミアムで「J-POP青春の'80」という番組が始まっています。アーティストを3~4組招いてのライブとトークの番組なのですが、7月14日の放送は、杏里さん、尾崎亜美さん、B.B.クイーンズの皆さんの出演でしたので、亜美さん目当てでしっかり録画して見てみました。

 杏里さんと亜美さんは曲の提供関係があるので、二人並んでのトーク。杏里さんがデビューする前、曲の提供が決まって亜美さんが自宅に招いたときに、杏里さんをリラックスさせようと怖いお面をかぶって登場して驚かせたなんて思い出話も出てきました。これで打ち解けて話しが弾んだそうですが、亜美さんお茶目ですね。定番「オリビアを聴きながら」も二人の共演で。
 亜美さんは他に「マイ・ピュア・レディ」「春の予感」「天使のウィンク」の3曲でしたが、天使~以外はテレビサイズのメドレーだったのでやっぱりちょっと物足りないかなあ、なんて。でもミュージシャンは3月の35周年記念ライブのメンバーにドラムの島村英二さんを加えた編成で演奏は豪華でした。テレビライブだとドラムが入るんだよなあ。。ステージでもぜひドラムをお願いしたいところですが(^^;
 B.B.クイーンズは杏里さん、亜美さんとのつながりが無いらしくトークは別撮り。ここに後にMi-Keを結成する宇徳敬子さんがいたとは全く知りませんでした(^^; ライブでは「踊るポンポコリン」だけでなくMi-Ke名義の「想い出の九十九里浜」も披露してました。

 ところで、亜美さんのトークのときに曲をたくさん提供しているという話になって、提供曲の一部というフリップが出てきたのですが、河合奈保子さんの「微風のメロディー」と「プリズム・ムーン」もしっかり書いてありました。これはファンとしてスルーされなくて良かったです。しかもシングルB面の「プリズム・ムーン」が紹介されるのも珍しいのでは。提供先アーティストが五十音順に並んでいて、杏里さんとともに上位に書かれていたのも幸いして、割とアップで長く映ってました(^^)
 それと、河合奈保子ファンの視点では、大友康平さんとともに司会を担当しているのが橋本奈穂子アナウンサーというのがポイント高かったです。これで「なおこ」と読むのだそうで。しかも奈保子さんがデビューした80年生まれとのことで、親しみが湧きますね。途中「奈穂子にしきらせて~」というコーナーがあって、タイトルコールでちょっとどきっとしました(笑)。

 1時間番組なのですが、アーティスト3組でトークあり歌ありだと、もうちょっと時間が欲しくなりますね。90分番組ぐらいだといいなあ。あと、大友さんのトークが若干滑走気味かもしれませんね(笑)
 (注・意見には個人差があります)
 でもアーティスト重視の落ち着いたいい番組だと思います。スタジオ観覧したいですね。
 再放送が7月19日にありますので、よろしければどうぞ。

|

« カウントダウン | トップページ | Team ECO コンサート2011 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

コメント

この番組、僕はB.B.クイーンズというより宇徳敬子さんが出るので見ました。昔はMi-keの3人そろってB.B.クイーンズに属していたのだと思います。
個人的には「思い出の九十九里浜」をとりあげてくれたのでうれしかったです。
昔NHKの歌番組にMi-keがレギュラーで出ていたときにNHKホールまで番組観覧に行ったこともあります。

橋本奈穂子アナウンサーの名前に反応してしまいましたか。僕の場合、河合奈保子さんとは字が違うのでそれはなかったですが。
NHKには鈴木奈穂子アナウンサーもいますね。(おはよう日本)

投稿: AT | 2011年7月18日 (月) 14:56

プリズム・ムーンが紹介されててよかったですね。亜美さんの演奏については王道の選曲でしたが一般向けにも盛り上がりますよね。

なお、Mi-keがBBクイーンズのバックにいたのは有名な話かと思ってました。というか、Mi-keとか宇徳敬子さんをデビューさせるためにあそこに参加させたのではないかと思いますが。多分ポンポコリンのレコーディングでコーラスやってたことはないのではと思いますし。

投稿: ハイパパ | 2011年7月18日 (月) 23:16

■ATさん
いらっしゃいませ。
宇徳敬子さんがお目当てでしたか。私は亜美さんが目当てで録画して宇徳さんが出てらしたので、なんか得した気分でした。
奈穂子さん、確かに字が違うのですが読みが一緒ということで反応してしまいました。ラジオ派は音声重視ということで(^^;

■ハイパパさん
いらっしゃいませ。
あ、宇徳敬子さんとB.B.クイーンズの話って有名なんですか。当時の私といえばラジオとテレビで普通に音楽を聴いていただけで、経歴がどうのとか気にしてなかったので。。

亜美さんの選曲は王道ですが、'80を全面に出している番組なのに80年代の歌は1曲だけで、いーのかなーとも思ったりしました(微笑)

投稿: MARU | 2011年7月19日 (火) 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/52225625

この記事へのトラックバック一覧です: J-POP青春の'80:

« カウントダウン | トップページ | Team ECO コンサート2011 »