« Harvour Light Memories | トップページ | 「深夜便のうた」に亜美さんの新曲 »

2011年6月26日 (日)

この夏の節電対策

 先週の関東はえらい気温が上りまして、6月でこの暑さはかなわんなあ、これから先が思いやられると思ったところ、土曜日曜はぐっと気温が下がってほっと一息ついたところです。

 気温の上昇に伴って電力使用も急上昇して、さらに強く節電が叫ばれるようになり、冷房の温度設定を上げるとかすだれを掛けるとか、使ってない家電製品のコンセントを抜くとかいろいろ言われています。
 ところが、私からすると、なんでこの対策が出ないのかなあ?と思うことがあります。

 それは、テレビジョンを消そう、ということです。

 基幹メディアの一つあるテレビを全く見るな、なんて言うつもりは勿論ありません。電力使用のピークは昼間の14時ごろということですから、13時から17時ぐらいはテレビを消したらどうですか、ということです。この時間帯の民放テレビはワイドショーかドラマ再放送ですから、これを見なくても生活に重大な支障は出ないでしょう。

 ここで、とてもざっくりとした、簡単な計算をしてみます。

関東の世帯数が約1800万。
平日昼間の世帯視聴率(全局)を20%と仮定すると、平日昼間の稼動テレビ受像機台数は約360万台。
26型前後の液晶テレビの消費電力が約60Wなので、消費電力合計は
60W×360万台=21600万W=21.6万kW

 この数字は、きょうの東電の供給力4360万kWに対して約0.5%です。一見小さくみえますが、あと一押しというところでは大変有効ではないかと。

 テレビを消したらちょっと淋しいって?高校野球の中継が楽しみ?ラジオがあるじゃないですか。ラジオ。
 今回の震災ではラジオが大きく見直されて買い手が殺到、長期間にわたり店先からラジオが消えましたよね。そうまでして買ったラジオを使いましょうよ。防災袋に放り込んだままでは、それこそ宝の持ち腐れじゃないですかね。(ついでに乾電池も腐りますし・・・)

|

« Harvour Light Memories | トップページ | 「深夜便のうた」に亜美さんの新曲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 テレビを消すという節電方法には賛成です。考えてみたら、あまり必要のない、とくに見ようと思ってなかった番組をなんとなくだらだら見てしまっていることがあります。起きたらテレビのスイッチを入れるとか、帰宅したらテレビのスイッチを入れるとか。ニュース番組だって、日に何度も見る必要はないし。テレビは見たいものをあらかじめ決めておいて、その時間に見る、終わったらスイッチを切る、というのがいいですよね。

投稿: AT | 2011年6月27日 (月) 22:17

■ATさん
いらっしゃいませ。賛同ありがとうございます。
テレビを消すのは冷房の制限なんかと違って身体への負担がないですし、簡単でいいと思って書いてみました。
ま、どうしても昼間テレビを見たいというならば、ワンセグなどの携帯テレビをバッテリーで見るという手はありますね。充電を深夜に行えば昼間の電力には負荷が掛かりません。

投稿: MARU | 2011年6月28日 (火) 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/52046982

この記事へのトラックバック一覧です: この夏の節電対策:

« Harvour Light Memories | トップページ | 「深夜便のうた」に亜美さんの新曲 »