« chaner et chanter! 18 | トップページ | ソワレさんのバースデーライブ »

2011年6月11日 (土)

大震災から3ヶ月

 東日本大震災(どうもこの名前はしっくりこない・・・)から3ヶ月が経ちました。
 もう3ヶ月も経ったのか・・・という気持ちです。被災地域があまりにも広いということもあるでしょうが、まだまだ大勢の方が避難所生活を余儀なくされている現実がとてももどかしい。もちろん原発問題も。
 どうやって生活再建をしていくのか、津波の被害地区を防災との兼ね合いでどう復興していくのか、・・・他にも課題は山盛りですが、一歩一歩でも前進してほしいと願わずにはいられません。自分にできることは、できるだけふだんどおりの生活を続けて経済を回していく事と、文化芸術活動に積極的に参加していくことぐらいしか出来ませんが。

 先週、横浜の日本新聞博物館へ行ってきました。そこでは震災報道写真展が開かれていましたが、ひときわ目を引いたのは写真ではなく、石巻日日新聞が震災後6日間に渡って発行した手書きの壁新聞でした。その手書きの文字になんとも言えない切迫感を感じるとともに、被害状況は努めて冷静に、救援情報と生活情報はできるだけ細かく伝えていこうということが読み取れる紙面でした。模造紙2枚分ぐらいの壁新聞ですから、載っている情報の量は通常の新聞に比べたらはるかに少ないでしょう。しかし、困難な状況の中、取材を敢行し新聞を出し続けたことに意義があるのだと思います。停電でテレビジョンや携帯電話などはダメになり、ラジオもどれだけの人が持ち出せたかということを思うと、最後は最も古典的なメディアである新聞が頼りだったことは想像に難くありません。やっぱり最後はアナログなのです。
 そういえば、震災のときツイッターやフェイスブックが頼りになったという声があがりましたが、あくまで電力と通信が確保されていた地区での話し。本当の被災地ではそんなもの使えるわけがありません。ちょっと過大評価だと思ってます。

 今回の震災は東北だけでなく、関東でも津波や液状化の被害が大きかったところもあります。また翌日未明に起きた長野や静岡の地震の被害もあります。そういったところも忘れないようにしていきたいものです。

|

« chaner et chanter! 18 | トップページ | ソワレさんのバースデーライブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/51918749

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災から3ヶ月:

« chaner et chanter! 18 | トップページ | ソワレさんのバースデーライブ »