« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

デビュー35周年記念ライブ・尾崎亜美コンサート(名古屋)

 19日の大阪に引き続いて30日に開催された尾崎亜美さんの35周年記念コンサートへ行ってきました。場所は名古屋の都心、栄にある中日劇場。大阪の新歌舞伎座と同様、ホールというよりは商業演劇の劇場ですね。商業ビルに収まっていたところとか、劇場内に飲み物や軽食だけでなく土産物など多彩な売店がある構造も同じでした。

 大阪公演の様子は、名古屋公演を控えていたためネタばらしにならない程度に綴りましたが、当面ソロコンサートはないようなので、大阪のことも含めて綴ります。基本的なフォーマットは同じです。

 震災をうけての開催ということで、オープニングの「FOR YOU」の後、亜美さんが代表してコンサートを行うに当たっての想い(趣旨説明)をされてました。『震災以来、音楽をすることの意味をずっと考えてきた。自分にできることはないか、今の時期にコンサートをやることは勇気がいることだったし、迷ったけどやっぱりコンサートをやろうと。何が正しいかは分からないけど、私はミュージシャンだし、私が何度も救われてきた音楽の力を信じたい。そのエネルギーが届けばいいなと思っている・・・』概ねそのようなことを話されてました。そして『音楽を思いっきり楽しみたい。楽しんで欲しい。だからその前にお願いがあります』ということで、出演者と客席で震災で亡くなった方へ黙とう。大阪は着席したままでしたが、名古屋では起立しました。大阪の様子が事前に伝わっていたからかもしれません。実は私も公共の場所で黙とうをしたのは今回が初めてでした。

 黙とうの後は音楽を楽しむモードへ。デビュー曲や春らしい曲を重ねていきます。そして最近のコンサートでは定番の「BENGAL BABOO BABE」は客席も手拍子で参加。この曲の手拍子の打ち方は最近難しいパターン(パン・パン・パンパン)を要求されることが多いのですが、大阪・名古屋とも難しいほうで。ベースのリズムに合わせればいいのですが。。。まあ、そこそこ合ってましたね(^^;
 珍しいところでは、ReBORNバージョンの「Southern Cross」をAisaさんと。月とか星からエネルギーを受けることが多いので、とのこと。そして、歌って祈りだよね、とも。
 中盤には特別ゲストの杏里さんが登場。杏里さんもこのコンサートに対する想いを語ってました。25周年のときにコラボした「Forgive yourself」や亜美さんからの提供曲を。「中国人形(Chinese Dall)」は「オリビアを聴きながら」とデビューシングルのA面候補に最後まで残った曲だそうで。お二人の合作の新曲「シーサイド・キャフェ」は、みんなに勇気を与えられるような歌にしたいと杏里さんがリクエストしたそうです。


 後半は基本的には元気タイム。「愛に恋」はキーボードを離れて立って歌い、バンドのソロ回しも。ただ、元気だけで突っ走ったわけでもなく、「Colors of a wish」は祈るような歌唱が印象的。その後のMCでも、今回のライブへの想いを再び。名古屋では、大阪のあとに聞こえてきた意見も踏まえつつ、『それでも私は音楽の力を信じていてい、だからこそ35年もやってこられた』と。終盤の「天使のウィンク~Prism Train」の流れは定番の盛り上がりどころですが、大阪・名古屋とも「まばら立ち」でした。本編ラストの「蒼夜曲」は、亜美さんが『詞の内容は違うけど、鎮魂歌、レクイエムに近い位置にあると思って、どうしても歌いたと思って・・・』と語ってました。そう言われて聴くと涙が出てきそう。亜美さんもちょっと涙ぐんでました。

 アンコールでは杏里さんを呼び込んで「オリビアを聴きながら」。名古屋では「皆さんも一緒に歌ってください」と杏里さんが呼びかけて、でもやっぱり皆さん杏里さんと亜美さんの声を聞きたいから小声で(笑)。最後、マイクロフォンを客席に向けられたときだけ、そこそこ大きな声で歌いました。
 ラストソングは「手をつないでいて」。この曲は最近のコンサートのエンディングの定番ですが、聴きなれたこの曲も、この状況のもとで聴くとまた違った感慨が。今だからこそ、この曲が必要だなあと改めて思いました。もどかしいことがあまりにも多くて、ついギスギスした感情を持ってしまうけれど、優しさ・暖かさを忘れたくないですね。

 最後のカーテンコールが、みなさんやり遂げたという顔で良かったです。

 そういうわけで、震災への思いを胸に進んだコンサートでしたので、いつものコンサートとは趣は確かに違いました。口笛とか大歓声とかは無かったけど、拍手や手拍子は力強かったです。静かなる熱さを感じるコンサートでした。来て良かった・・・そう思いました。

<曲目>大阪、名古屋とも同一

1.FOR YOU
2.冥想 (ReBORN ver)
3.春の予感 (ReBORN ver)
4.マイ・ピュア・レディ
5.シーソー
6.BENGAL BABOO BABE
7.Southern Cross (ReBORN ver) with Aisa
8.Forgive Yourself with 杏里
9.地中海ドリーム
10.ときめき
11.中国人形
12.シーサイド・キャフェ(新曲)
13.待っていてね
14.愛に恋
15.Colors of a wish
16.天使のウィンク
17.Prism Train
18.蒼夜曲

EN1.オリビアを聴きながら with 杏里
EN2.手をつないでいて

9~12 Vo:杏里

<サポートメンバー>
是永巧一(G)、小原礼(B)、佐藤準(Key)、Aisa(Chor,G,Perc)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

イシマルソフト本店の閉店

 大人向けのCDの品揃えの充実ぶりに定評のあった東京・秋葉原のイシマルソフト本店がついに今日、閉店してしまいました。石丸電気レコード館の流れを汲む音楽ソフト専門店の終焉は、ただただ残念でなりません。きのう、お店を覗いてきましたが、閉店セール(6割引)ということもあって予想以上にお客さんが多かったのが印象的でした。しかし残り在庫は少なく、節電のため間引きされた照明も相まって淋しさが募る最後でした。

 私にとって石丸電気とは、初めてレコードを買った店であり、河合奈保子さんの各種復刻音源のBOXセットを買ってきた店であり、「NAOKO PREMIUM」発売イベントのビデオコンサートを観た店であり。。。奈保子さんのBOXが出る度に強力にプッシュしてくれたのも本当にありがたかった。そもそも、私が奈保子さんのファンになったのも、レコード館で見かけたDVD-BOX「PURE MOMENTS」を衝動買いしたことがきっかけだったし。
 そのほかにも、いま持っている新品CDの殆どは石丸で買ってました。浮気をしたのは10枚あるかないか。。。ライブ会場で買った尾崎亜美さんや谷山浩子さんの新譜とかですが。。

 いまCDはネットショップで簡単に買える時代。リアルなショップで買う意味はあるの?なんて意見も耳に届きます。しかし、リアルショップがなくて良いとは私は思わない。
 確かに毎月多くの新譜が発売される中、品揃えが「店舗の大きさ」に縛られるリアルショップはネットショップにかなわない面はあります。お店に足を運んで、棚を探して、無ければ店員に聞いて、在庫が無ければ他店を回り・・・なんてことに比べたら、ネットショップは欲しいCDのタイトルやアーティスト名で検索してポチっとやって一丁上り。遙かに効率的です。でもね、ネットショップって結局それだけ。欲しいCDを決め打ちで買うには便利だけど「それ以外の商品が目に入るチャンスが無い」のです。リアルショップで棚を眺めていて、おっ!と思ったものを手にとって、気になったものを買ってみる。こうしたことが音楽文化には必要だと私は思っています。実際、もしネットショップだけの世の中だったら、私が奈保子さんのファンになることもなかったでしょうし。

 ソフト本店の閉店後もイシマル本店7FのCD売場は残るので、これからもCDは愛着のあるイシマルで買っていきたい気はあるのですが。。。1フロアにクラシックもジャズもDVDもブルーレイも全部詰め込まれており、邦楽CDコーナーはフロアの6分の1もない状態で、品揃えはイシマルソフト本店と比べるべくもなく。奈保子さんの在庫はベスト盤2枚、亜美さんもベスト盤3枚という状態でした。これでも他の家電量販店のCD売場に比べれば良いほうかもしれませんが。エディオンに吸収されてから、かつての石丸電気らしさがどんどん消えていくのは残念なことです。

 これで東京における大人向けの品揃えが期待できる大型専門店は、銀座の山野楽器本店、池袋の五番街といったところにゆだねられることになります。ぜひとも長く続いて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

デビュー35周年記念・尾崎亜美コンサート2011(大阪)

 というわけで、きのう3月21日は尾崎亜美さんのデビュー35周年記念コンサートへ行きました。場所は大阪・上六の新歌舞伎座。以前は難波にあって、重厚な南海難波駅ビルとともにランドマーク的存在でしたが、最近新装移転したそうで、新歌舞伎座新開場記念という冠も付いてました。あ、上六とは上本町六丁目のことです。近鉄上本町駅といったほうが分かり易いか。。。近鉄が大阪電気軌道として開業したときのターミナルであり、いわば創業の地。百貨店や系列ホテルもあって今でも近鉄の一大拠点です。新歌舞伎座はその近鉄百貨店の南隣の商業ビルに収まっていて、概観は以前と違って近代的です。

 私はこういう商業演劇の劇場へ入ったのは初めてだったのですが、劇場の中に売店がたくさんあったり、開演前に客席を売り子さんが回ってアイスモナカを売ってたりと、いわゆるホールや公会堂とは違った雰囲気でしたね。

 さてコンサートはというと。
 こういう状況ですので、いつものコンサートとは趣きが違うところがありました。
 始めの方で亜美さんの少し長めの挨拶があって、今回のコンサートをやるにあたっての想いを述べてました。そして震災犠牲者、被災者への想いを客席と共有。
 曲によってはうるっと来たり、声がつまったりもしてました。。。いろいろと、感じるところがあったのだと思います。私も、聞きなれた曲が震災を通してまた新たなメッセージを持っていると感じるところがありました。
 うーん、こんなふうに書くと何かしんみりしたコンサートのように思われてしまうかもしれませんが、決してそうではなく、全体に暖かな雰囲気のコンサートだったと思います。盛り上がるところはちゃんと盛り上がったし!
 特別ゲストの杏里さんも良かったです。杏里さんの曲に亜美さんが詞をつけたという新曲を披露してくれましたが、前向きな感じでしたね。そうそう、大阪の人はノリが良いという話を亜美さんが切り出して、ほら、とお約束の「とーれとれぴーちぴち」「(客席)かにりょーりー」とやったら杏里さんえらくウケてました。

 曲目については、来週名古屋公演があるので、書くのはしばらくお預け。久々に聴けた曲もありました。曲数はアンコール含め20曲。約2時間半の公演時間にしては抑え目?かもしれませんが、亜美さんの想いが詰まったコンサートでした。


 正直に言って、関東住まいの私がこのコンサートへ行くことについて当初、ある種のうしろめたさのようなものを少し感じていました。しかし、きのうの朝、移動中に聞いていたKBS京都ラジオのパーソナリティが「被災地でない私らが笑顔になれないで、被災者が笑顔になるわけない」といった趣旨のことを話していたのを聞いて、救われました。このラジオと亜美さんのメッセージのお陰で、会場内では、めいっぱい音楽を楽しむことができました。

 「音楽の無い世界はいや」
亜美さんがそう繰り返していましたが、私もそう思います。

<追記>
曲目については名古屋公演をどうぞ。(同一です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

亜美さんデビュー35周年

 きょう3月20日は尾崎亜美さんのデビュー記念日。1976年「冥想」でデビューして満35周年を迎えました。35といのは30や40ほどの区切りの良さではなく、25といったクォーターでもないのですが、いちおう5年毎の節目ということで(^^; 昨日の誕生日に引き続き、亜美さん、おめでとうございます。

 私が河合奈保子さんつながりで、ふと初めてコンサートに行ったのが2004年の2月。ファンになったと確信してファン宣言をしたのが2005年3月ですから、私のファン歴としては約6年。30年来のファンもたくさんいらっしゃる中では、駆け出し、初心者の部類ではありますが、これからも「現場」を中心に応援していきたいと思います。

 さて、あす21日には大阪・新歌舞伎座で、30日には名古屋・中日劇場で35周年記念コンサートがあります。こういう状況下ではありますが、「こういうときだからこそ」という亜美さんの強い想いで予定通り開催することを公式サイトで宣言されております。亜美さんからのメッセージにはこうあります。


「怒り」や「悲しみ」のエネルギーを

「愛おしさ」「優しさ」のエネルギーに

少しでも
少しでも

変えたいのです。

私は亜美さんの想いを受け止め、支持します。
会場全体がその想いを共有できるような、良いコンサートになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

HAPPY BIRTHDAY

 きょう3月19日は尾崎亜美さんのバースデーです。いちいちカウントはしませんけど(^^;
 こんな状況ですが、バースデーは誰にでも年に1回巡ってきます。それをお祝いしてはいけないという話は無いはず。たとえ被災地でも新しい命が生まれたらお祝いするでしょ。

 ですから、ここは平年と同じように・・・亜美さんおめでとう!
 これからも素敵な音楽を私たちに届けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

店からラジオが消えた

 東日本大震災はいまだ厳しい状況が続いています。
 直接の被災地からは離れている首都圏でも、計画停電が日常生活に大きな影響を及ぼしています。私のような会社勤めとしては鉄道の減便・運休が辛いところです。
 そして、なぜか店からモノが消えつつあります。日持ちする食品類なんて、直接被害も受けていないのに、みんな一体どうしたんでしょう。水や乾電池はまあ分かります。計画停電への備えなのでしょう。集合住宅だと停電時に水が出なくなる場合がありますし、懐中電灯も必要でしょう。
 そして、とあるラジオ番組に出ていた経済紙論説委員が「いまどこに行ってもラジオがない」と言っていたのを聞いてびっくり。へえ、と思って会社帰りに近くの大型家電量販店に寄ってみたら本当にありませんでした。しかも安いポケットラジオだけでなく3万円以上もする短波ラジオまで。。。ネットでざくっと見てみたらやっぱり同じ。

 私はこれまで、防災の日など時季を捉えてはラジオを備えることの大切さを綴ってきました。(たとえばこれとかこれ
もちろん、この雑記帖はひろく一般向けに発信しているものではありませんし、ここに綴ったからといって世の中が変わるとも思っていませんが、このような事態になるに及んでようやく世間のラジオに対する認識が高まったのかと思うと、正直なところ残念な気分です。

 震災後にラジオをお買いになった方、どうぞこれを機に停電の時だけでなく日頃からラジオをお聞きください。いま節電ということが強く求められるようになりましたが、テレビを消してラジオを聞くのも大幅な節電になります。

 それから・・・買い込み(買いだめ)は平常時にしておくべきことです。いま、被災地でも必要な物資を必要以上に買い込むことがどういうことに影響するかは想像できるでしょう。冷静になりましょう。


 最後に少し話は違いますが。
 今回の震災は東北地方の被害が甚大ですが、関東の茨城県や千葉県でも被災している場所があります。水戸市内では鳥居が倒れたり道路に段差ができたりといった状態ですし、大洗は津波に襲われています。千葉の旭も。テレビ報道では全くといっていいほど出てきませんが、東北だけではないということもぜひ知って欲しいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

何ということが起きたのか

衝撃的な映像がテレビジョンや新聞で出ています。
何と申し上げてよいのか・・・型通りですが、このたびの地震により被災されたみなさんに謹んでお見舞い申し上げます。

11日の地震のさいは都内の職場に居て、ビル8階の事務所のフロアに立ってました。
はじめ細かな縦揺れが来て、これは横揺れが来ると身構えているとそのとおりに。小さな揺れがしばらく続き、長いな、と思ったら揺れがだんだん激しく。これはと思って机の下に潜りました。関東住まいが長いので震度4~5程度の地震はこれまでも経験していますが、初めて「怖い」と思った揺れでした。
結果として事務所の中は机の上の書類等が落ちたりキャスター付きの大型テレビが少し動いただけで済んだのですが、怖いと思ったのは揺れが大きくなっていく状況が1月に起震車で体験した揺れに近いものがあったからだと思います。ついに来るものが来たのか・・・と思いながら机の柱にしがみついていました。

11日の夜は職業上、事務所で地震の影響の情報収集を夜遅くまで行い、そのまま泊り込み。翌12日もそのまま勤務となり、12日夜に自宅に戻ってきました。室内はCD収納箱が床に落ちて中身がばら撒かれたぐらで、大きな混乱はなく助かりました。揺れの感知で停止したガスのマイコンメーターを復旧させましたが、初体験でした。


職場では地震発生直後からテレビがつけっぱなしでしたが、自宅に戻ってからはもっぱらラジオを聴いています。被害の大きさを伝えるという点でテレビの威力は絶大ですが、映像がある分アナウンスの口調までセンセーショナルな伝え方になっている気がしてならず、ちょっとしんどく感じます。公的情報にリスナーからの情報を加え、聞きなれたパーソナリティが伝えるラジオが私には合っています。災害放送というものは、災害の事実を伝えることはもちろん必要ですが、安心感を与えることも重要だと思うのですが。。。テレビの報道をしんどいと感じる方はぜひラジオをお試しください。

発災から丸2日以上経ちますが、厳しい状況が続いています。これ以上悪い状況にならないことを願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

春よ、来い!

 昨5日夜は東京・新宿の全労済ホール・スペースゼロへ。谷山浩子さん、相曽晴日さん、岩男潤子さん、伊藤サチコさんのジョイントライブを観てきました。
 ライブの正式名は“交感ひろばpart2「春よ、来い!」~花宴~のほほん☆ひなまつり~”というえらい長いもの(笑)。この切符はチケットぴあの某窓口で発売初日に入手したのですが、発売開始時間前から並んでいるとお店の人が来て「お買い求めの公演は?」と訊くので、上記のように答えたところ怪訝な顔をして「それ今日発売ですか?」と残念な対応でした。あのねぇ、メジャーな人気公演を買いに来る人ばかりが初日に並ぶわけじゃないのよ。。。あ、この公演はメジャーじゃないけど人気公演です。それが証拠に、初日に並んで買った割には席はかなり後ろのほうで、確か程なく売り切れたのではと。

 さてこのライブ、ピンと来た方もいるかと思いますが、昨年の猫森集会Aプログラムの出演メンバーでして、4人の織り成すハーモニーが好評だったことから形を変えて企画されたもの。猫森集会は谷山さんのライブで他3人がゲストでしたが、今回はジョイントなので4人とも持ち歌を持ち寄って、という形での開催でした。といっても、谷山さんの提供作が結構入っていたので、結果としては谷山ワールドの濃いライブでしたが(笑)。4人のなかでは伊藤サチコさんが年代的にも「今風」な作風でしたね。

 猫森と違ってジョイントの4人それぞれの個性も楽しめて、かつコーラスワークの素晴らしさ。尾崎亜美さんをはじめ私がよく行くライブで大掛かりなコーラスが入ることは稀ですから、とっても贅沢な時間でした。
 絵的に面白かったのは、皆さんピアノを弾きながら歌うので(岩男さんはギターも弾いてましたが)、Voがピアノのある下手で、コーラスの3人がステージ正面という時間が多かったこと。あと、谷山さんはコーラスのときにイヤホンでモニターしているのか左手を耳に当ててることが多くて、何だか鶴田浩二さんみたいだったです(笑)
 そうそう、とりとめのないガールズトークも「のほほん☆ひなまつり」というタイトルと良くマッチしてました(笑)。ちなみに「春よ来い」という割りには春っぽい曲はあんまり・・・でした(^^;

<曲目>

オープニング
 ・お昼寝宮・お散歩宮

伊藤サチコ
 ・カレンダー
 ・しっぽのきもち
 ・このままではダメになる
 ・春の道
岩男潤子
 ・鳥籠姫
 ・パタパタ
 ・ここにいるよ
 ・翼になれ
相曽晴日
 ・ムカエニキテ
 ・月の夜雲のゆりかご
 ・春霞
 ・種 -Seed-
谷山浩子
 ・夜の一品
 ・人魚は歩かない
 ・何かが空を飛んでくる
 ・海の時間

Enc
 ・てんぷら☆さんらいず

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »