« 何もかも変わるとしても | トップページ | ポニキャン版「ゴールデン☆ベスト尾崎亜美」発売 »

2011年2月12日 (土)

あの頃のラヴソングをあなたに

 きのう2月11日は愛知県稲沢市へ。稲沢市民会館の「イナザワサウンドサーカスvol.5~あの頃のラヴソングをあなたに」を観てきました。JR東海道線に稲沢駅がありますが、最寄は名鉄電車の国府宮駅。新名古屋駅から特急で10分少々ですから、近いですね。国府宮神社にお参りしてから会館へ。

 出演は大橋純子さん、尾崎亜美さん、来生たかおさんの3人。まあ毎度のごとく亜美さんが主な目当てではあるのですが、今回の3人はいずれも私にとって本籍とかホームルームのような存在である河合奈保子さんと縁がある方でして。。。亜美さんと来生さんからは曲を提供いただいてますし、純子さんの「シルエット・ロマンス」は82年のコンサートでカバーしてライブ盤としてリリースされてますね。(そのシルエット・ロマンスは来生さんの提供ですが・・・)
 ってことでジョイントではあるのですが個人的に大興奮だったのであります!

 ジョイントの進め方にも色々ありますが、今回は中京テレビ放送・本田アナが司会に就いて3人のステージを順々にというスタイル。
 で、トップバッターは亜美さん。「このメンツだとやっぱりトップバッター」とは本人の談(笑)。ちなみに芸歴だと亜美さんと来生さんが同じで純子さんが一番上、年齢は純子さんと来生さんが同じで亜美さんが下ということになります。「マイ・ピュア・レディ」や「天使のウィンク」といった最近のジョイントライブでの定番曲を中心に水戸黄門スタイル(G:是永巧一さん、B:小原礼さん)で8曲。もうじき春と思って「春の予感」を持ってきましたが昼頃まで雪・・・(笑)。でもまあ予感ですからね。。結果として3人のなかでは一番賑やかな(やんちゃな)ステージでした。「グルメ天国」なんか宇宙人の歌ですもんね(笑)

 続いて登場は大橋純子さん。ぐっと大人のムードになりました・・・なんですが、曲は大人でもしゃべりは洒脱。いやーこんなにしゃべる方だとは・・・。「寡黙に思われているがそうではない素の姿を見ていただきます」ですって(笑)。亜美さんのほのぼのトークとはまた違うアプローチで楽しませてくれました。歌のほうはもう圧倒的は迫力で、ライブでは初見でしたが素晴らしかったです。代表曲の「たそがれマイラブ」やラジオ深夜便の歌でおなじみの「大人の恋をしましょう」など6曲でしたが、曲数が少ないのはトークが長いからですね(笑)。作者がいるので緊張するといった「シルエット・ロマンス」もピアノ一本で披露してくれました。

 最後は来生たかおさん。引き続いて大人のムード満点です。来生さんもライブでは初見ですが、声が全然変わらないですねー。で、歌はとても伸びやかに歌うのですが、トークになると一転、小さめの声で絞り出すようにトツトツと喋るのでギャップに驚いてしまいました(笑)。で、特別面白い話しをしているわけではないのですが、来生さんの醸しだす雰囲気がおかしくて結構ウケてました。曲は「浅い夢」「夢の途中」「Goodbye Day」など8曲を披露。実は来生さん、曲名の紹介を全くしなかったのでこの3曲以外は曲名が分かりませんでした(^^; 

 アンコールは3人のセッションで「アローン・アゲイン」。来生さんのリクエストだったようです。この曲前トークでも来生さんの存在感は独特で、なぜか小声でひそひそ話しでもするように話しかけたり(笑)。あちこち話しが発展して終始マイペースといった感じでしたね。押していたのか最後は亜美さんが仕切って曲に行きましたが(笑)

 ジョイントライブだと1人の持ち時間が少なくて腹五分目ぐらいに感じることも少なくありませんが、今回は1人50分ぐらいで、セットチェンジも含めて公演時間は3時間という、結構なボリューム。大満足でした。

 そうそう、亜美さんもオフィシャルサイトのほうで書いてますが、この日はなんと化粧道具を半分忘れてきたのだそうで。人から借りてなんとかしのいだそうですが、それをまたお得意の「要らんことトーク」で嬉しそうに話すんですよね、これが(笑)。そんなん言わなきゃわからないのに、ねえ。「今日は顔に責任が持てません。終わった頃には別人になってるかも」と言ってましたが、大丈夫、まったく問題なしでした(微笑)。

<曲目(亜美さんパート)>
 ・マイ・ピュア・レディ
 ・春の予感
 ・シーソー
 ・オリビアを聴きながら
 ・BENGAL BABOO BABE
 ・グルメ天国
 ・天使のウィンク
 ・手をつないでいて

|

« 何もかも変わるとしても | トップページ | ポニキャン版「ゴールデン☆ベスト尾崎亜美」発売 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/50853428

この記事へのトラックバック一覧です: あの頃のラヴソングをあなたに:

« 何もかも変わるとしても | トップページ | ポニキャン版「ゴールデン☆ベスト尾崎亜美」発売 »