« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

19世紀の光

 とある大型雑貨店で、久々に目にした商品を思わず衝動買いしてしまいました。

Edisonlamp1

 エジソン電球。
 エジソンが発明した当時の白熱電球をコピーしたものです。この手のものには電球の形状だけ真似て現代のフィラメントを仕込んだものもあるのですが、これはカーボン球・すなわち炭素フィラメントなので、当時の光が出ます。ただし、エジソンは白熱電球を実用化したときにフィラメントの素材として京都・八幡の竹を採用しましたが、これは竹フィラメントではないようです。

 箱を開けて電球を出してみました。

Edisonlamp2

 フィラメントがゆるーく2回だけ巻いてありますね。

 台所の電球を外して付け替え、点灯してみました。

Edisonlamp3

 これが、19世紀の末の光です。正直、暗いです。40W球なのですが、現在の40W電球と比べると段違いの差があります。電球を直視してもまぶしくありません(笑) その代わりムードはありますね。
 (注:写真では電球に露出が合っているので回りが真っ暗になってますが、実際はここまで暗くありません)
 言い換えると、現在の白熱電球は当時と比べて大幅に進化しているということです。

 とはいえ、その進化した白熱電球も、電球型蛍光灯やLED電球の登場でエコの観点からはすでに肩身が狭くなりつつあり、政府からは製造中止が望ましいと言われる始末。東芝が生産をやめたときにはニュースになりました。(東芝は日本での電球製造の先駆け。) そんな中、エジソン電球が売られているのをみて驚いた次第です。実はこれ、10年ぐらい前までは大きな電器店とか大型雑貨店などでは見かけることが出来たのですが、最近すっかり見なくなってたのですよね。再生産したか、デッドストックが出てきたのか??
 
 この電球を組み込んだ真空管ラジオの製作例があったので、いつか挑戦してみたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

藤田朋子さん17回目のMANDALAライブ

 きのう2月22日の夜は東京・南青山のライブハウスMANDALAで藤田朋子さんのライブ「chaner et chanter! 17」を観てきました。出演は藤田朋子(Vo&おしゃべり)、桑山哲也(Acc&おしゃべり)、黒木千波留(Pf)といういつものメンバー。例によって藤田さんについては以下tokoさんと表記します。客席は火曜の夜ということもあって若干空席がありましたが、なかなかの盛況。

 前回の「chaner et chanter! 16」は昨年11月1日で、“ワンワンワン”犬の日という趣向でした。で、そのとき「次はニャンニャンニャンなのかなあ」と思ったりしたのですが本当にそうなりました(^^) ということで、今回はバーカウンターで猫の鳴き真似をするとチロルチョコのサービスがありました。

 1曲目は前回と同じ「犬のおまわりさん」。あれ犬なの?と思ったのですが、迷子になってるのは猫だったのでした(笑)。途中の「にゃんにゃんにゃにゃーん」は客席にマイクが向けられましたが、前回と同じパターンだったので結構声が出てましたね。TOKOさんも満足そう。

 1部は1曲目を除きオリジナルでまとめてきました。季節に合わせどんよりした曲(笑)を用意しようと思ったところ、朝の天気を見て春めいたものに変更したそう。久しぶりに聴けた曲もあってよかったです。
 2部は、配偶者・桑山さんがミュージカルに出たのを見て歌いたくなったということで、ミュージカルナンバーを中心に。前回ライブで轟沈した曲のリベンジも上手くいって良かったです。
 意表を突いたのが2部の最後。「見上げてごらん夜の星を」だったのですが、これを前半英語バージョンで。「上を向いて歩こう」の英語版は有名ですが、そういうものがあるとは知りませんでした。永六輔さんもびっくりかも。。

 トークもいつものように桑山さんを交えて軽快で楽しかったですが、今回の大収穫は黒木さん。いつもはうなずき中心でポツリポツリとしゃべるぐらいなのが、今回はしゃべるしゃべる。こんな様子は初めて見ました。
 あ、営業トークも強力でしたねー。前のお客さんにフードの注文をしきりに勧めてました(笑)

 それにしてもライブのTOKOさんは本当に生き生きしてます。その楽しそうな姿を見てこちらも楽しくなります。未体験の方、ぜひどうぞ。

<曲目>
◎1部
 ・犬のおまわりさん
 ・待ちぼうけ
 ・INFANT EYES
 ・風便り
 ・MEMOIR
 ・笑顔の種
 ・他に何もいらない

◎2部
 ・(inst)・・曲名取れず・・・
 ・(inst)カルーソー
 ・I GOT RHYTHM
 ・Corner Of The Sky
 ・HOME
 ・What I Did For Love
 ・君の誕生日に
 ・幸せのリズム
 ・見上げてごらん夜の星を(English Ver)

ENC おやすみ

<トーク ハイライト>
・年末年始は映画「WAYA」を撮影!
・舞台のケータリングで太った桑山さん
・女子高の同窓会のようだった「歌うま」の収録(放映3/8)
・子供の成長を喜ぶTOKOさん(→渡鬼の話)
・横浜のソロライブで固まってしまった黒木さん
・でもここは慣れてるからと俄然しゃべり出す黒木さん
・レミゼのオーディションで、課題曲を無視してHOMEを歌わせてと通訳抜きで直訴したTOKOさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

日経エンタ3月号にて

 発売中の日経エンタテインメント2011年3月号に、当店リンクサイトT2U音楽研究所のつのはず誠さんが特集記事の一部を書いているというので買ってみました。
 特集は「女性アイドルの生きる道」で、このご時世ですから(微笑)話題の中心はAKB48。まあこれは私も彼女達、いや仕掛人のビジネス展開以外は大して興味はなく、見るところは「チャートで見る女性アイドル30年」。ここをつのはずさんが書いてますが、チャートを切り口にしているところがつのはずさんらしいですね(笑)。
 私としては当然、河合奈保子さんが気になるわけですが、こんな感じです。
  1980年 7位
  1981年 2位
  1982年 5位
  1983年 4位
  1984年 7位
  1985年 8位
  1986年~ ランク外(11位以下)
 このランキングはオリコンTOP200に入ったシングルの売上枚数を合計した結果ということですが、80年代で6年にわたりTOP10に入っていたというのはかなり健闘したほうなのではと。期間だけなら小泉今日子さん(83年~88年)と同じで、6年超は松田聖子さん、中森明菜さんしかいません。(90年代メインなら他に工藤静香さん)。こういう実績を残しながら、現在の印象と言うか評価が不相応に感じるのが歯がゆいところですが。

 他に奈保子さん関連では、80年代に制作手法を変えたアルバム5枚のうちの1枚として「DAYDREAM COAST」が紹介されています。海外豪華ミュージシャンによる制作というところばかりに注目が行きがちですが、この1枚が「彼女が音楽活動へ注力するきっかけになった」というキャプションがついているのが嬉しいです。

 この他つのはずさんが書いたのは「アイドルチャート診断」で、これは現在進行形の話。つのはずさんらしい視点がないかなと思ったらありました!アーティスト毎のシングルの平均売上数ランキングを載せつつも、グループやユニットの売上を「1人あたりの平均」に直したものも参考として掲載してます。すなわち、握手会やら初回盤の種類乱発など「本来のチカラ以外のバイアス」を考慮するとこういう見方もできるでしょ・・・というわけで、こうした商法を直接的に批判することは避けつつも、それってどうよとやんわり問題提起しているように私は思えて痛快でした。
 (私もオリコンのランキングは規格番号毎の集計にすべきだと思ってます)

ということで、詳しくは本誌を「買って」お楽しみください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年2月16日 (水)

ポニキャン版「ゴールデン☆ベスト尾崎亜美」発売

 きょう2月16日、尾崎亜美さんの新しいベスト盤が発売されました。

 ゴールデン☆ベスト 尾崎亜美
 規格番号:PCCA-03356
 売価:2000円 発売:ポニーキャニオン

 ゴールデン☆ベストはレコード各社の横断企画シリーズで、一般リスナーや初心者をメインターゲットとしたものが多いのですが(そうでないものもあります)、これは一般リスナー、初心者向けのもの。1枚組で全17曲、提供曲やCM曲など耳馴染みの曲を多く収録しています。

・春の予感~I've been mellow~ (南沙織に提供,資生堂CM)
・オリビアを聴きながら (杏里に提供)
・21世紀のシンデレラ (トヨタカーエアコンCM)
・蒼夜曲~セレナーデ
・Love Is Easy
・My Song for You (カルピスCM)
・ごめんねDarling (岩崎良美に提供)
・パステル ラブ (金井夕子に提供)
・あなたの空を翔びたい (高橋真梨子に提供)
・地中海ドリーム (杏里に提供)
・天使のウィンク (松田聖子に提供,ダイハツCM)
・ボーイの季節 (松田聖子に提供)
・涙を海に返したい (杏里に提供)
・微風のメロディー  (河合奈保子に提供)
・時に愛は (松本伊代に提供)
・伝説の少女 (観月ありさに提供)
・黄玉の溜め息


 まあ、コアなファンからすると喰い付きのきっかけになるようなものは無いのですが(^^; そもそもコアなファンをターゲットとしたベスト盤ではありませんので。。。個人的には「微風のメロディー」の収録が嬉しいです。亜美さんのベスト盤に収録されるのは初めてのはず。ここから河合奈保子さんのことを思い出してくれる方がいらっしゃれば。。
 なお、「オリビアを聴きながら」と「蒼夜曲セレナーデ」はラピスラズリバージョンでの収録です。

 ところで記事タイトルに「ポニキャン版」と付けたのは、すでにEMIから「ゴールデン☆ベスト 尾崎亜美」が出ているから。こちらは18曲収録で1980円。レコード会社の移籍を繰り返しているので、このような珍現象が出てしまったのですね。したがって、お求めになるときはメーカー名か規格番号をはっきり指定しましょう。もちろん両方お求めになれば(ファンではなく世間的に)代表的な曲は概ねカバーできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

あの頃のラヴソングをあなたに

 きのう2月11日は愛知県稲沢市へ。稲沢市民会館の「イナザワサウンドサーカスvol.5~あの頃のラヴソングをあなたに」を観てきました。JR東海道線に稲沢駅がありますが、最寄は名鉄電車の国府宮駅。新名古屋駅から特急で10分少々ですから、近いですね。国府宮神社にお参りしてから会館へ。

 出演は大橋純子さん、尾崎亜美さん、来生たかおさんの3人。まあ毎度のごとく亜美さんが主な目当てではあるのですが、今回の3人はいずれも私にとって本籍とかホームルームのような存在である河合奈保子さんと縁がある方でして。。。亜美さんと来生さんからは曲を提供いただいてますし、純子さんの「シルエット・ロマンス」は82年のコンサートでカバーしてライブ盤としてリリースされてますね。(そのシルエット・ロマンスは来生さんの提供ですが・・・)
 ってことでジョイントではあるのですが個人的に大興奮だったのであります!

 ジョイントの進め方にも色々ありますが、今回は中京テレビ放送・本田アナが司会に就いて3人のステージを順々にというスタイル。
 で、トップバッターは亜美さん。「このメンツだとやっぱりトップバッター」とは本人の談(笑)。ちなみに芸歴だと亜美さんと来生さんが同じで純子さんが一番上、年齢は純子さんと来生さんが同じで亜美さんが下ということになります。「マイ・ピュア・レディ」や「天使のウィンク」といった最近のジョイントライブでの定番曲を中心に水戸黄門スタイル(G:是永巧一さん、B:小原礼さん)で8曲。もうじき春と思って「春の予感」を持ってきましたが昼頃まで雪・・・(笑)。でもまあ予感ですからね。。結果として3人のなかでは一番賑やかな(やんちゃな)ステージでした。「グルメ天国」なんか宇宙人の歌ですもんね(笑)

 続いて登場は大橋純子さん。ぐっと大人のムードになりました・・・なんですが、曲は大人でもしゃべりは洒脱。いやーこんなにしゃべる方だとは・・・。「寡黙に思われているがそうではない素の姿を見ていただきます」ですって(笑)。亜美さんのほのぼのトークとはまた違うアプローチで楽しませてくれました。歌のほうはもう圧倒的は迫力で、ライブでは初見でしたが素晴らしかったです。代表曲の「たそがれマイラブ」やラジオ深夜便の歌でおなじみの「大人の恋をしましょう」など6曲でしたが、曲数が少ないのはトークが長いからですね(笑)。作者がいるので緊張するといった「シルエット・ロマンス」もピアノ一本で披露してくれました。

 最後は来生たかおさん。引き続いて大人のムード満点です。来生さんもライブでは初見ですが、声が全然変わらないですねー。で、歌はとても伸びやかに歌うのですが、トークになると一転、小さめの声で絞り出すようにトツトツと喋るのでギャップに驚いてしまいました(笑)。で、特別面白い話しをしているわけではないのですが、来生さんの醸しだす雰囲気がおかしくて結構ウケてました。曲は「浅い夢」「夢の途中」「Goodbye Day」など8曲を披露。実は来生さん、曲名の紹介を全くしなかったのでこの3曲以外は曲名が分かりませんでした(^^; 

 アンコールは3人のセッションで「アローン・アゲイン」。来生さんのリクエストだったようです。この曲前トークでも来生さんの存在感は独特で、なぜか小声でひそひそ話しでもするように話しかけたり(笑)。あちこち話しが発展して終始マイペースといった感じでしたね。押していたのか最後は亜美さんが仕切って曲に行きましたが(笑)

 ジョイントライブだと1人の持ち時間が少なくて腹五分目ぐらいに感じることも少なくありませんが、今回は1人50分ぐらいで、セットチェンジも含めて公演時間は3時間という、結構なボリューム。大満足でした。

 そうそう、亜美さんもオフィシャルサイトのほうで書いてますが、この日はなんと化粧道具を半分忘れてきたのだそうで。人から借りてなんとかしのいだそうですが、それをまたお得意の「要らんことトーク」で嬉しそうに話すんですよね、これが(笑)。そんなん言わなきゃわからないのに、ねえ。「今日は顔に責任が持てません。終わった頃には別人になってるかも」と言ってましたが、大丈夫、まったく問題なしでした(微笑)。

<曲目(亜美さんパート)>
 ・マイ・ピュア・レディ
 ・春の予感
 ・シーソー
 ・オリビアを聴きながら
 ・BENGAL BABOO BABE
 ・グルメ天国
 ・天使のウィンク
 ・手をつないでいて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

何もかも変わるとしても

 昨夜は東京・渋谷のパルコ劇場へ。斉藤由貴さんの25周年記念コンサートを観てきました。正式なタイトルは「天使のララPresents 斉藤由貴25thAnniversaryコンサート~何もかもかわるとしても~」というとっても長いものなのですが(本人も長いと言ってました)、2月9日から連続5日間の公演。デビュー25周年と、アルバム発売記念を兼ねたコンサートで、昨夜はその2日目でありました。

 で、何で2日目だったかというと、この日の日替わりゲストが谷山浩子さん!そう、由貴さんと浩子さんの組み合わせといえば2007年の猫森集会で爆裂トークバトルを展開(笑)したときの強烈な印象が残っておりまして、これは絶対に楽しいに違いない!と思った次第。それを見たさに切符を取ったようなものです(^^; でも似たようなお客さんは私だけではないと思われ・・・何しろ5日間の公演で、2日目だけが即日完売(ぴあ分)だったのですから。あ、それだけじゃなく、2008年の13年ぶりソロコンサートが良かったことも切符を取った理由の一つですが。

 そして!お二人は期待に違わずやってくれました!まさに猫森の再来か?というような趣。とはいっても、猫森のときとはメインとゲストの立場が違います。今回は割と由貴さんがしっかり進行していこうという感じ。色々畳み掛ける浩子さんに対して「道場破りに来たの?」「猫森集会の仕返し?」と返す由貴さん。猫森のときのことを「ゲストは責任が無いから・・・。何をやってもいい」と言い放った由貴さんに、浩子さんが「それ、ふつう逆じゃないの?」。そうかと思うと由貴さんが主婦業に忙しいことをアピールして、昼1時で早起きという浩子さんに逆襲!由貴さんが衣装替えをすると浩子さん、「かわいい!しかも胸の谷間ができてる。」「そういうことはっきり言う?」「お客さん良く見えないかなと思って」・・・攻守がめまぐるしく変わる展開に客席大うけ。
 で、爆笑トークはたくさんあったのですが、やはりキメてくれたのは由貴さんでした(笑)
 「SORAMIMI」の曲前トークで、この曲を由貴さんはほとんど人前で歌ってなかったという話しから、浩子さんの曲は歌いにくいものが多いという話に発展。で、由貴さんが
 「でも『土曜日のタマネギ』は歌いやすいですよね!」
 すかさず浩子さん笑顔で 「あれ私の(作)曲じゃないから」
客席爆笑。由貴さん、ダウンしてしまいました(笑)。フォローのしようが無い・・・といって曲へ。

 いや、由貴さんの気持ちは分からないではないんです。浩子さんは詞だけ提供というパターンが結構多いのですが、そういう曲もセルフカバーで持ち歌として歌っているので、浩子さんの曲に思えてくるのも無理は無いなあと。ちなみに浩子さんは土曜日のタマネギの作曲をMAYUMIさんと話してましたが、正しくは亀井登志男さんです。。。たぶん、「MAY」と混同したのだと思いますが・・・そういう点では浩子さんも「似たもの」ということで(笑)。
 いやーゲストコーナー楽しかったなー。由貴さんも浩子さんを送り出すときに「行かないでー、ひとりにしないでー」「あー楽しかった」と満足そうでした(笑)。

 なんか浩子さんとのトークライブ(爆)のことばかり書いてしまいましたが、この後も公演が続くので、全体の構成とか曲目とかトークを自粛した結果となっておりますのでご理解を頂ければと。由貴さんいわく「(主婦業に)忙しいので、トークのネタとか(日替わりで)考える暇がない」ということですので(笑)。
 ただ言えることは、全体を通しても良いコンサートだった、ということです。ソロでシリアスなところはきちんと決めてましたし、演奏、演出も良かったし。何より由貴さんの歌が格段に上手くなってました。舞台やドラマの連続で喉の調子が万全ではなかったようですが、以前のような線の細さよりもたっぷりとした感じの歌唱に変わってましたね。ここぞ、というところの儚げさとのコントラストが良いです。レコーディングでかなり歌いこんだのかな?良かったので17年ぶりのフルアルバムという「何もかも変わるとしても」をロビーで買ってしまいました。

 一般リスナーの身で25周年記念コンサートへ行くということに気恥ずかしい面も少々ありましたが、行って良かったコンサートでした。ちなみに公演時間は2時間半ほど。やっぱりトークが長かった?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

これが池田泉州銀行CM楽曲のフルバージョンか?

 すでに本館TEAROOM☆NAOKOでは情報アップしておりますが、こちらでも。
 河合奈保子さんの最近の音楽活動として昨年5月に発足した池田泉州銀行のCM楽曲の提供がありますが、CMなので15秒とか30秒しか聴けませんでした。それ以上の部分が作られているのか、興味深いところだったのですが、先ごろ同行ホームページにアップされたビデオニュースVol.1にて、フルバージョンと思われるものがバックに流れています。

 ホーム> 池田泉州銀行について > Video News & CM

 同行はいつも「♪河合奈保子」とクレジットを入れてくれるのがファンとして嬉しいです(^^)
 楽曲は4分弱の長さで、これまでCMで使われていたのはその一部分(後ろのほう)であることが分かりました。構成としては2分弱で1コーラスみたいな感じで、アレンジを変えて繰り返し、エンディングへ、といったところ。最初と最後がピアノソロというのが、ピアノが原点の奈保子さんらしいなあと思います。ピアノ演奏は奈保子さん自身なのか不明ですが。。また曲調は「nahoko音」と違って、歌モノ寄りの感じです。
 まあ私の下手な説明なんかより実際にアクセスして聴いていただきたいと思います。私は素直に「お、いいじゃん」と思いました。ただ、ネット音質なのが残念なところで、やっぱり高音質で聴きたいものですね。これだけでCD化は無理だとしても、「nahoko音」のときのようにiTune配信なんかやってくれたら即買いしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

冬ぼたん

 上野公園にある上野東照宮ぼたん苑に行ってみました。そろそろ盛りが過ぎてるかなと思ったら、まだまだ見ごろでした。

Botan_1

Botan_2

Botan_3

 めったに雪が降らない東京で雪囲いは不要なんでしょうけど、都内の庭園で見られる雪つりと同様いいアクセントになってますね。

 梅もちらちら咲きだしてました。
Ume

 東照宮の境内に、広島・長崎原爆の火が灯されていました。焼け跡の火を受け継いだものだそうです。ここにあることを全く知りませんでした。。。
Hirosimanagasakifire

 上野公園にある東叡山寛永寺の清水観音堂は、京都の清水寺を模したとされていますが、かなりのミニサイズです(笑)
Kiyomizu

 上野公園といえば西郷隆盛像。東京地下鉄本社ビルの向こうに、建設中の東京スカイツリーが立ち上がってきました。銅像の向こうの仮囲いは上野駅前・西郷さん下の名物だった聚楽の建替工事です。
Saigou

 ぼたん苑は2月中旬までだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »