« 日経エンタ3月号にて | トップページ | 19世紀の光 »

2011年2月23日 (水)

藤田朋子さん17回目のMANDALAライブ

 きのう2月22日の夜は東京・南青山のライブハウスMANDALAで藤田朋子さんのライブ「chaner et chanter! 17」を観てきました。出演は藤田朋子(Vo&おしゃべり)、桑山哲也(Acc&おしゃべり)、黒木千波留(Pf)といういつものメンバー。例によって藤田さんについては以下tokoさんと表記します。客席は火曜の夜ということもあって若干空席がありましたが、なかなかの盛況。

 前回の「chaner et chanter! 16」は昨年11月1日で、“ワンワンワン”犬の日という趣向でした。で、そのとき「次はニャンニャンニャンなのかなあ」と思ったりしたのですが本当にそうなりました(^^) ということで、今回はバーカウンターで猫の鳴き真似をするとチロルチョコのサービスがありました。

 1曲目は前回と同じ「犬のおまわりさん」。あれ犬なの?と思ったのですが、迷子になってるのは猫だったのでした(笑)。途中の「にゃんにゃんにゃにゃーん」は客席にマイクが向けられましたが、前回と同じパターンだったので結構声が出てましたね。TOKOさんも満足そう。

 1部は1曲目を除きオリジナルでまとめてきました。季節に合わせどんよりした曲(笑)を用意しようと思ったところ、朝の天気を見て春めいたものに変更したそう。久しぶりに聴けた曲もあってよかったです。
 2部は、配偶者・桑山さんがミュージカルに出たのを見て歌いたくなったということで、ミュージカルナンバーを中心に。前回ライブで轟沈した曲のリベンジも上手くいって良かったです。
 意表を突いたのが2部の最後。「見上げてごらん夜の星を」だったのですが、これを前半英語バージョンで。「上を向いて歩こう」の英語版は有名ですが、そういうものがあるとは知りませんでした。永六輔さんもびっくりかも。。

 トークもいつものように桑山さんを交えて軽快で楽しかったですが、今回の大収穫は黒木さん。いつもはうなずき中心でポツリポツリとしゃべるぐらいなのが、今回はしゃべるしゃべる。こんな様子は初めて見ました。
 あ、営業トークも強力でしたねー。前のお客さんにフードの注文をしきりに勧めてました(笑)

 それにしてもライブのTOKOさんは本当に生き生きしてます。その楽しそうな姿を見てこちらも楽しくなります。未体験の方、ぜひどうぞ。

<曲目>
◎1部
 ・犬のおまわりさん
 ・待ちぼうけ
 ・INFANT EYES
 ・風便り
 ・MEMOIR
 ・笑顔の種
 ・他に何もいらない

◎2部
 ・(inst)・・曲名取れず・・・
 ・(inst)カルーソー
 ・I GOT RHYTHM
 ・Corner Of The Sky
 ・HOME
 ・What I Did For Love
 ・君の誕生日に
 ・幸せのリズム
 ・見上げてごらん夜の星を(English Ver)

ENC おやすみ

<トーク ハイライト>
・年末年始は映画「WAYA」を撮影!
・舞台のケータリングで太った桑山さん
・女子高の同窓会のようだった「歌うま」の収録(放映3/8)
・子供の成長を喜ぶTOKOさん(→渡鬼の話)
・横浜のソロライブで固まってしまった黒木さん
・でもここは慣れてるからと俄然しゃべり出す黒木さん
・レミゼのオーディションで、課題曲を無視してHOMEを歌わせてと通訳抜きで直訴したTOKOさん

|

« 日経エンタ3月号にて | トップページ | 19世紀の光 »

藤田朋子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/50953209

この記事へのトラックバック一覧です: 藤田朋子さん17回目のMANDALAライブ:

« 日経エンタ3月号にて | トップページ | 19世紀の光 »