« 懐かしい社名が復活 | トップページ | 届け若い世代へ »

2010年10月 3日 (日)

豊川学園フェスティバル

 きょう10月3日は豊川へ遠征、豊川稲荷へお参りしたあと、豊川高等学校で開催されていた「豊川学園フェスティバル」へ行ってきました。お目当ては、記念行事の中にある尾崎亜美さんのコンサート。これ、直前になってスケジュールが分かりまして、第二本館TearoomAmiiでも10月1日に情報アップしたのですが、直前まで行くかどうか迷いましてね。。。でもまあ行かずに後悔するよりは、ということで急遽出かけることに。

 高校の学園祭なんて久しく行ったことがなかったのですが、校舎(龍象館)では各種展示など、屋外ステージではパフォーマンスなどにぎやかでした。物販はPTAが主体みたいでしたね。
 コンサートは鳳翔閣(いわゆる講堂。仏教系なので建物の名称は皆こんな具合です・・・)にて記念式典に続いて開催ということで、運営協力券なるチケットを買い、校舎の外に並んだのですが、どう見ても並んでいるのは保護者世代ばかり。開場して中に入るとたちまち席が埋まっていきますが、やはり高校生の姿は見えず。。。うーん、高校の学園祭なのに、客層はいつものコンサートと同じです(微笑)

 式典が始まるまでのつなぎでチアリーディング部と和太鼓部のパフォーマンス。和太鼓はかなりレベル高かったです。
 記念式典は12時40分から。PTA有志の合唱(2曲)、(私たちの思いという名の)私立高校授業料無償化へのアピール、来賓の登壇と紹介、学校側挨拶(校長、実行委員長など4名ぐらい)、基調報告、来賓挨拶(総務副大臣、県会議長、豊川市長、市会副議長)、祝電紹介、終会宣言など内容てんこ盛りで、式典終了は14時。式典は今年度から始まった公立高校の授業料無償化を背景とした公私格差是正、私立高校授業料無償化へのアピール一色でした。式典というよりは決起集会みたいな(笑)

 式典終了後、舞台の準備のため休憩に入り、就学支援のための1億円募金への協力を高校生君が演説してましたが、14時をとっくに過ぎているのに「時刻は1時半を過ぎたところですが・・・」と演説して会場から笑いが。おそらく、式典自体が相当押していたのでしょう。予定なら1時半ごろになるはずだったのを原稿を直さずにそのまま喋ったのでは、と私は見ました。

 何だかんだで亜美さんのコンサートは14時15分から。
 緞帳が上っていきなり歌いだす、という演出は、他ではなかなか無いですね。あと照明がスポットライト主体というのも最近珍しいかと。サポートメンバーは是永巧一さん(G)、小原礼さん(B)といういつもの水戸黄門スタイル。
 で、1曲終わって亜美さんの第一声が「こんばんわー」
 いきなり亜美さんやっちゃいました(笑)。でもまあ、これで一気に客席が和んだのは事実です。その後も「高校生には見えない方がたくさん」とか「さっき14時だったのに1時半って言ってたね」とか、トークのつかみはばっちりで笑いにつつまれてました。そうそう、「緞帳の裏で私たちもずっと待ってたよー」と言ったら客席から大拍手。場内の「思い」が一つになったと、このとき思いました(笑)

 曲目のほうは来週の米原でのライブが終わるまでとりあえず伏せときますが、1曲だけ。「シーソー」をやりましたが、恒例の「ぎっこんばったん」vs「ぎったんばっこん」の客席アンケートは「ぎったんばっこん」の圧勝で、亜美さんかなり残念そうでした(笑)。「手が大きかったんじゃない」という負け惜しみまで出ましたね(^^;

 というわけで、高校生に亜美さんの魅力が伝わるかも、なんていう期待は残念ながら外れたのですが、コンサート自体はトークも受けてたし曲の反応も良く、楽しく盛り上がったものになりました。私の声掛けも届いたし(笑)。たぶん初めて亜美さんのコンサートを観た方も満足だったのではと思います。終演は15時40分で、予定より40分遅れでした。1Fロビーでは、ステージで是永さんが一押しだった料理本「尾崎亜美のうちごはん」が飛ぶように売れてました。

 ということで、今日の亜美さんのコンサートを観ていいなあと思った方、来週10月9日にも米原(近江長岡)でコンサートがあります。豊橋から快速で約2時間。どうですか、お客さん。

**10/11追記**
<曲目>
1.マイ・ピュア・レディ
2.初恋の通り雨
3.シーソー
4.あなたの空を翔びたい
5.FOR YOU
6.BENGAL BABOO BABE
7.A Little Kingdom
8.グルメ天国
9.天使のウィンク
10.Prism Train
11.オリビアを聴きながら

en1.待っていてね
en2.手をつないでいて

|

« 懐かしい社名が復活 | トップページ | 届け若い世代へ »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

高校の学園祭に亜美さんかぁ~
もし自分が高校生だったらどんな反応なんだろうかな。どうしてもお母さんやお父さんの世代の音楽って言うイメージが強くなるでしょうね。
さて、滋賀県は私の地元でして、車で小一時間ほどの距離です。行かせてもらいます。
当日はMARUさんも遠路お越しのご様子。小さいホールみたいだし、地元のかたがたはシャイかもしれません。盛り上げ役よろしくお願いしますね。

投稿: ポルコの父 | 2010年10月 5日 (火) 09:31

Maruさん こんにちは

本当に亜美さん達のライブが始まるまでの記念式典が長かったんですね~。
blog読んでよくわかりました(苦笑い)

”「緞帳の裏で私たちもずっと待ってたよー」と言ったら客席から大拍手。
場内の「思い」が一つになったと、このとき思いました”
これ大爆笑!オオウケです(^。^)

私も亜美さんのライブを高校生達が見たらどんな反応を示すのか知りたかったので残念です。
でも、いずれまたそんな日が訪れるかもしれませんね。

投稿: bellboy | 2010年10月 5日 (火) 11:12

■ポルコの父さん
いらっしゃいませ。
こんなことを言うのも何ですが、高校生にしてみれば「尾崎亜美って誰?」ってとこから入るんでしょうね。でも音楽教育の点でも亜美さんのライブはいいと思うんですよねー。聴いてもらいたかったです。
来週の米原はこじんまりとしたホールのようですので、舞台との一体感が味わえそうですね。
どうぞお楽しみください。

■bellboyさん
いらっしゃいませ。
式典の時間とコンサートの時間がほとんど変わらなかったですからねえ(苦笑)
式典では盛んに「私たちの思い」と称して私立高校授業料無償化へのアピールをしていましたが、その思いが長時間化の一因かなと思いました。でも「待ってたー」の思いのほうが客席は強かったかも(笑)
こんど学園祭の機会があるならば、ぜひ式典なしで(^^;

投稿: MARU | 2010年10月 6日 (水) 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/49641760

この記事へのトラックバック一覧です: 豊川学園フェスティバル:

« 懐かしい社名が復活 | トップページ | 届け若い世代へ »