« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

2週続けて雑誌に

 当店本館のお便り広場に寄せられてるとおり、2週続けて雑誌で河合奈保子さんのことが取り上げられています。

 10月19日発売のサンデー毎日(10月31日号)では「80年代アイドル明暗の分かれ道」という記事の中で、復帰待望論が常に出る歌手として紹介されてました。音楽関係者なる人の推測入りコメントを載せてるだけでなんら新味のある情報はありませんが、最新の話題である池田泉州銀行のCMに楽曲を提供したことを把握していて『ファンの間で話題になりました』としているのは嬉しいことです。細かい点では、17行というボリュームはこの記事中では最大級の扱いだったですね(笑)

 続いて10月26日発売のFLASH(11月9・16日号)では、「河合奈保子 豪州から13年ぶりのスマイル・フォー・ミー」と題して3ページにわたり取り上げられてます。表紙の題字の上にもかなり大きく出ていて、編集部としても目玉記事扱いなんでしょう。
 この記事の内容についても、特に新味のある情報があるわけではありません。その点について批判的な意見もネットでは散見されるのですが、この記事の一番の肝は、奈保子さんがインタビューに応えたということ、そして(多少の編集はあるだろうにせよ)奈保子さん自身の言葉が活字になっていることで、これは画期的なことだと私は思うのです。これまで奈保子さん自身のコメントは、自作ピアノインストアルバム「nahoko音」発売時にプロモーションの一環で出されたものがあるだけで、雑誌や放送番組で取り上げられるときは配偶者のコメントか「○○関係者」なる人物の推測的コメントによる構成に終始していたのですから。
 まだ発売中の雑誌ですので詳細は書きませんが、記者の質問の内容もそこそこポイントをつかんでいて悪い印象はありませんし、奈保子さんの回答も、これまたいかにも奈保子さんらしいものだなあと思いました。奈保子さんのコメントを見てどう受け止めるかはファンそれぞれなんでしょうが、私は今までどおり、暖かく見守っていきたいと思います。
 ちょっと残念なのは「直撃取材」という形をとっていること。まあこういう手法でも使わないと配偶者経由のコメントしか取れないであろうことは、これまでの雑誌記事等から分かるのですが、今後、配偶者が取材や各種オファーに対して硬化しないだろうかという点が心配です。。。

 ☆ ☆

 ところで、雑誌掲載の件はどちらもご来店の方からのお便りで知りました。当店はご来店の皆さんに支えられています。本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

オンデマンドCDを入手

 廃盤CDを1枚から受注生産するコロムビアの「あーる盤」が「オンデマンドCD」に衣替えして約2年が経ちますが、このたびそのオンデマンドCDを入手してみました。
 というのも、オンデマンドCDは完全受注生産のはずなのですが、大人の品揃えで定評のある東京・秋葉原の石丸電気(ソフト館)に、河合奈保子さんのかなりのタイトルが「展示在庫」してるのです!これはありがたいですね。私としては各種BOXセットを揃えたことで「ない音源はない」状態になっているので今更オンデマンドCDを買う必要性は薄いのですが、話しの種ということで(笑)。あーる盤時代は取り扱いがなかった「スターダスト・ガーデン」にしてみました。

Ondemandcd1
 こんな感じで見た目は普通のCDです。

Ondemandcd2
 ケースを開いてみたところ。CD-Rのレーベル面には、ジャケット写真が印刷されています。

Ondemandcd3
 あーる盤ではいたく貧相だったブックレット(歌詞カード)ですが、オンデマンドCDでは大幅に改善!1枚のペラ紙に両面印刷(を折り畳んで収納)という仕様だったのが、元のCDと同じくきちんとブック形式になっています。印刷の程度もだいぶ良くなってますね。(もちろん、スキャン画像を印刷しているのでそれなりのレベルですが)

Ondemandcd4
 CD-Rの記録面。銀盤CD-R仕様というのがうたい文句ですが、記録面は銀というよりは青みがかった色です。

 ということで、あーる盤よりも普通のCDに極力近づけようとした努力が分かりました。しょせん本物のCDじゃなくてCD-Rじゃん、という声もあるとは思いますが、音楽配信全盛の中、こうして「持つことが出来る」音源を入手できる環境を整えてくれていることはありがたいと私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

オールナイトニッポンコンサート

 10月17日は東京・文京シビックホールへ。「オールナイトニッポンコンサート」を観てきました。オールナイトニッポンを冠したコンサートはここ数年、各地で行われているのですが、今回は“響きの森文京公会堂10周年記念事業”というたいそうな冠が付いております。出演は宇崎竜童、尾崎亜美、谷山浩子、由紀さおり(主催者発表順・敬称略)。ということで私のお目当ては尾崎亜美さんと谷山浩子さん。

 今回のコンサートはMCつきで、ニッポン放送のくり万太郎アナが担当。現在2部(とは言わないか・・R)を担当してますね。久々にお姿を拝見しました。
 コンサートのスタートは谷山浩子さんから。最近のヒット「テルーの唄」のほか、オールナイトニッポンに関係の深いところから3曲。4人のなかでは唯一、ピアノ弾き語りで通してましたね。浩子さんのソロライブでは黒系(怪しい系)の曲が盛りだくさんになるのですが、さすがにジョイントではそうはいかなかったと見えて、きれいにまとめてました(笑)。すごく緊張しているという割りにはとてもにこやか。

 次の尾崎亜美さんとのセッションの前にお二人のトークタイムがあったのですが、これが個人的予想どおりの展開。お二人ともステージトークは「ほんわか系かつ話しが飛んだりする」という共通項がありますが、なぜか「ヒット曲の有無は“大御所”の条件か」みたいな議論が始まり「つづきは楽屋で・・・」という展開に。

 亜美さんは、オールナイトニッポンの思い出を交えつつ最近のライブでよくやる曲の中から厳選して4曲。小原礼さんもBで出演しましたが、「あなたの空を翔びたい」「天使のウィンク」では主催側のバンドの助太刀があって、ドラム付きで聴けたのが嬉しかったです。

 続いては由紀さおりさん。生で聴くのも初めてですが、久々に童謡ではなく「歌謡曲」が聴けたのが良かったです。声が全然変わってないですし、これからも歌謡曲を歌ってほしいなあと思います。宇崎竜童さんからの提供曲「う・ふ・ふ」や大ヒット曲など取り混ぜて最多の8曲を披露しましたが、時間的な配分は他の3人とさほど違わなかったようです。そうそう、物腰は穏やかなのにトークは洒脱で大いに笑わせてもらいました。

 トリは宇崎竜童さん。8月の立山山麓音楽祭の記憶も新しいところですが、エネルギッシュで盛り上げ上手ですね。今回も視聴者参加の場面がありましたが、立山のときより簡単でよかったです(笑)。

 最後は全員で「夢前案内人」。MCのくり万さんが締めてお開きになりました。
 尾崎亜美ファンとしては曲数だけで言えば「腹5分目」といったところですが、浩子さんとのコラボも良かったし、ジョイントならではの楽しさがありました。また機会があればぜひ。

<曲目>

(谷山浩子)
 テルーの唄
 お早うございますの帽子屋さん
 てんぷら☆さんらいず
 ねこの森には帰れない

(谷山浩子&尾崎亜美)
 白い色は恋人の色 

(尾崎亜美)
 マイ・ピュア・レディ
 あなたの空を翔びたい
 天使のウィンク
 オリビアを聴きながら

(由紀さおり)
 生きがい
 挽歌
 う・ふ・ふ
 ルームライト
 タヤタン
 くれないホテル
 手紙
 夜明けのスキャット

(由紀さおりwith宇崎竜童)
 硝子坂

(宇崎竜童)
 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ
 サクセス
 YO SORO
 ロックンロール・ウィドウ

(全員)
 夢先案内人


*10/19
とあるmixiのレポを見て補筆&誤字修正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

尾崎亜美コンサート@米原

 10月9日は滋賀へ。米原市長岡のルッチプラザ・ベルホール310で行われた尾崎亜美コンサートを観てきました。場所は東海道線の近江長岡駅から歩いて10分少々のところ。310というのは座席定員のことで、こじんまりとしたホールです。

 開演は17時だったのですが、15分前になってもお客さんがまばら。ちょっと心配しましたが、その後続々と入場して、結構な盛況ぶりでコンサートはスタート。
 挨拶がわりに「My Song For You」をやった後の拍手が実に大きく響きます。亜美さんも「何千人もいるような拍手をありがとうございます」と。どうやらホールの響きが良いようですね。音響も良かったです。大きなホールで大勢のお客さんと過ごすコンサートもいいけど、やっぱり音は大味なような気がします。このぐらいのホールのコンサートが好きだな、私は。
 2曲目から是永巧一さん(G)、小原礼さん(B)が呼び込まれます。亜美さん言うところの「水戸黄門スタイル」ですね。
 コンサートは終始、和やか、かつ盛り上がった感じで進行。大都市圏以外の公演だとお客さんが緊張しててシーンとしてしまうことも間々あるのですが(その代わり“じっくり聴くぞ~”というオーラが出ている)、今回は拍手は大きいし歓声も飛ぶしで、実にいい感じでした。張り切りすぎて?手拍子が揃わなかったりということもありましたが(笑)。終盤の盛り上がりどころではスタンディングもぱらぱらとあって、亜美さんも楽しそう。
 ファンの視点でいうと、亜美さんも言ってましたが久々にやる曲があって、それが聴けたのが嬉しかったです。「愛の構造」は好きだなあ。。なんだか涙が出てきそう。。
 それと、今回はトークが増量。米原への道中で長靴の底が取れ、補修しながら会場入りしたなんて、大物アーティストのトークとしては普通なら“要らんこと”ですが(^^; そういうことを実に楽しそうに話すがのがいかにも亜美さんらしくて好きです。さらに定番のトークネタも久々に発動。「おもてなし」発売でフォーマット変更されるまでは、コンサートの間に1つや2つは定番のトークを挟んでいたものですが、今回は「若狭湾で無人島へ行く」の巻。これは「時の振り子を止めてごらん」の前振りですね。
 そうそう、恒例のシーソーの呼び名「ぎっこんばったん」vs「ぎったんばっこん」は、亜美さんは無理やり「ぎっこん~」の勝ちにしていましたが、客席で聞いている感じでは“同体”だったような。京都に近いので圧勝を狙っていたようで、そうならなかったのが残念そうでした(笑)

 そんなわけでとても楽しいコンサートになりました。今回、私も含め遠征組も客席にいましたが、地元の方主体で盛り上がっていただいて、聴いていても気持ちよかったです。

<曲目>
1.My Song For You
2.マイ・ピュア・レディ
3.初恋の通り雨
4.シーソー
5.あなたの空を翔びたい
6.風のライオン
7.FOR YOU
8.Walking in The Rain
9.愛の構造
10.BENGAL BABOO BABE
11.A Little Kingdom
12.時の振り子を止めてごらん
13.グルメ天国
14.天使のウィンク
15.Prism Train
16.オリビアを聴きながら

en1.待っていてね
en2.手をつないでいて

※米原が終わったので、前週の豊川学園フェスティバルの曲目を追記しました。

 どうでもいいことですが・・・
 コンサートの帰り、東海道線が愛知県内の大雨のため一部区間が不通となった影響で無ダイヤ状態になり、なかなか列車が来なくて難儀しました。長浜まで2時間かかるとは。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

届け若い世代へ

 ただいま当店本館では「河合奈保子ファン国勢調査」と銘打ってご来店の皆様の現況をお寄せいただいています。前回は2005年、つまり今回と同じく本物の国勢調査の時期に合わせて実施しましたが、そのとき10代、20代のファンからも回答を寄せていただき、全盛時代をご存じない若い世代の方にも奈保子さんの歌、そしてその魅力が届いているのだと嬉しくなりました。今回も既に寄せていただいた回答に10台、20代の方のものがあります。

 そんな中、ネット検索をしていたらこんな記事を発見。

 デビュー~Fly me to love~
 ドーリーのカラフルDays!~色とりドーリー♪~

 この方がファンという意識を持っているのかどうかは分かりませんが、“河合奈保子さま”という表現からはかなり好きなほうかと。さらにコメントで絡んできた方も30代前半で最近奈保子さんにハマッたとのことで、若い世代どうしでこういう会話が成り立っているのがとても嬉しいです。
 近年は「ゴールデン☆ベスト」で主なシングル曲が手軽に楽しめるようになり、アルバムも「オンデマンドCD」ながら1枚単位で入手可能、さらには正規の音楽配信でもアルバム曲含めた殆どの曲が入手可能となって、5年前とは比較にならないほど楽曲の入手が容易また多様化していますので、奈保子さんの魅力に気づいてくれる方が増えてくれたらいいなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

豊川学園フェスティバル

 きょう10月3日は豊川へ遠征、豊川稲荷へお参りしたあと、豊川高等学校で開催されていた「豊川学園フェスティバル」へ行ってきました。お目当ては、記念行事の中にある尾崎亜美さんのコンサート。これ、直前になってスケジュールが分かりまして、第二本館TearoomAmiiでも10月1日に情報アップしたのですが、直前まで行くかどうか迷いましてね。。。でもまあ行かずに後悔するよりは、ということで急遽出かけることに。

 高校の学園祭なんて久しく行ったことがなかったのですが、校舎(龍象館)では各種展示など、屋外ステージではパフォーマンスなどにぎやかでした。物販はPTAが主体みたいでしたね。
 コンサートは鳳翔閣(いわゆる講堂。仏教系なので建物の名称は皆こんな具合です・・・)にて記念式典に続いて開催ということで、運営協力券なるチケットを買い、校舎の外に並んだのですが、どう見ても並んでいるのは保護者世代ばかり。開場して中に入るとたちまち席が埋まっていきますが、やはり高校生の姿は見えず。。。うーん、高校の学園祭なのに、客層はいつものコンサートと同じです(微笑)

 式典が始まるまでのつなぎでチアリーディング部と和太鼓部のパフォーマンス。和太鼓はかなりレベル高かったです。
 記念式典は12時40分から。PTA有志の合唱(2曲)、(私たちの思いという名の)私立高校授業料無償化へのアピール、来賓の登壇と紹介、学校側挨拶(校長、実行委員長など4名ぐらい)、基調報告、来賓挨拶(総務副大臣、県会議長、豊川市長、市会副議長)、祝電紹介、終会宣言など内容てんこ盛りで、式典終了は14時。式典は今年度から始まった公立高校の授業料無償化を背景とした公私格差是正、私立高校授業料無償化へのアピール一色でした。式典というよりは決起集会みたいな(笑)

 式典終了後、舞台の準備のため休憩に入り、就学支援のための1億円募金への協力を高校生君が演説してましたが、14時をとっくに過ぎているのに「時刻は1時半を過ぎたところですが・・・」と演説して会場から笑いが。おそらく、式典自体が相当押していたのでしょう。予定なら1時半ごろになるはずだったのを原稿を直さずにそのまま喋ったのでは、と私は見ました。

 何だかんだで亜美さんのコンサートは14時15分から。
 緞帳が上っていきなり歌いだす、という演出は、他ではなかなか無いですね。あと照明がスポットライト主体というのも最近珍しいかと。サポートメンバーは是永巧一さん(G)、小原礼さん(B)といういつもの水戸黄門スタイル。
 で、1曲終わって亜美さんの第一声が「こんばんわー」
 いきなり亜美さんやっちゃいました(笑)。でもまあ、これで一気に客席が和んだのは事実です。その後も「高校生には見えない方がたくさん」とか「さっき14時だったのに1時半って言ってたね」とか、トークのつかみはばっちりで笑いにつつまれてました。そうそう、「緞帳の裏で私たちもずっと待ってたよー」と言ったら客席から大拍手。場内の「思い」が一つになったと、このとき思いました(笑)

 曲目のほうは来週の米原でのライブが終わるまでとりあえず伏せときますが、1曲だけ。「シーソー」をやりましたが、恒例の「ぎっこんばったん」vs「ぎったんばっこん」の客席アンケートは「ぎったんばっこん」の圧勝で、亜美さんかなり残念そうでした(笑)。「手が大きかったんじゃない」という負け惜しみまで出ましたね(^^;

 というわけで、高校生に亜美さんの魅力が伝わるかも、なんていう期待は残念ながら外れたのですが、コンサート自体はトークも受けてたし曲の反応も良く、楽しく盛り上がったものになりました。私の声掛けも届いたし(笑)。たぶん初めて亜美さんのコンサートを観た方も満足だったのではと思います。終演は15時40分で、予定より40分遅れでした。1Fロビーでは、ステージで是永さんが一押しだった料理本「尾崎亜美のうちごはん」が飛ぶように売れてました。

 ということで、今日の亜美さんのコンサートを観ていいなあと思った方、来週10月9日にも米原(近江長岡)でコンサートがあります。豊橋から快速で約2時間。どうですか、お客さん。

**10/11追記**
<曲目>
1.マイ・ピュア・レディ
2.初恋の通り雨
3.シーソー
4.あなたの空を翔びたい
5.FOR YOU
6.BENGAL BABOO BABE
7.A Little Kingdom
8.グルメ天国
9.天使のウィンク
10.Prism Train
11.オリビアを聴きながら

en1.待っていてね
en2.手をつないでいて

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

懐かしい社名が復活

 今年が創業100年になるコロムビアミュージックエンターテインメントですが、きょう10月1日を期して社名が懐かしい「日本コロムビア」に戻りましたね。NIPPON COLUMBIA の書体を見ると、シングルレコードをつつんでいた紙袋がまず思い出されます(笑)
 2002年に社名変更されてから8年。まあ変更後も通称は「コロムビア」だったのですが、やっぱり日本コロムビアのほうがしっくり来るなあと、個人的には思います。
 今のところウェブサイトは社名が変わったほかはこれといった変化はありませんが、100周年記念特別サイトができていて、Your "100th Anniversary" Voiceのコーナーで河合奈保子さんの「UNバランス」へのメッセージが紹介されてますね。80年代アイドル出身アーティストでは唯一です。(本田美奈子.さんも2曲紹介されてますが、コロムビア時代のクラシカルクロスオーバーでの紹介ですので、ちょっと性質が違うかな・・・)
 このコーナー、まだコメントを受け付けていますので、我こそはという方はどうぞ。私は大ファンですが後追いなので、歌に直結した思い出が語れないんですよね。。。

 さて100周年の日本コロムビアに期待することといえば・・・やっぱり奈保子さんの過去映像ソフトの再商品化だなあ。待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »