« バースデーのあとがき | トップページ | ポツダムの追悼碑 »

2010年8月 2日 (月)

尾崎亜美ライブ@てっし名寄まつり

 8月1日は北海道上川地方へ遠征。名寄で尾崎亜美さんの野外ライブを聴いてきました。
 亜美さんが呼ばれたのは「てっし名寄まつり」。天塩川の河川敷でのお祭りで、第1部は和太鼓とかよさこいとか。17時半からの第2部がライブでしたが、ライブは2名呼ばれてまして、まずはnatsuさん(札幌在住の社会人兼業シンガーソングライターとのこと)のステージからスタートしたので、亜美さんのステージは18時半から。実質1時間10分といったところでしょうか。

 ステージは天塩川を背に組まれていて、土手の斜面に作られている階段とかに腰を下ろして思い思いに見るスタイル。土手の斜面とステージの間には結構広い芝生敷きがあるのですが、なにせ昼過ぎまで大雨だったのでビニールシートなどがないと座れない状態でした。

 ライブは自称「水戸黄門スタイル」で、ギター・是永巧一さん、ベース・小原礼さんのサポート。ホールコンサートではなく一見さんが多数居ることも意識してか、曲前のタイトル紹介とか丁寧に進行してましたが、観客の反応が良く亜美ちゃんコールも飛び交ったりしてて、とても良い雰囲気でした。終盤の盛り上がりどころでは正面の芝生敷きでスタンディングして踊りまくる一団も現れて、大いに盛り上げていただきました。私もスタンディングは良く実行しますが、まだ踊ったことはありません(^^;

 今回は夕暮れの野外だったので、「シーソー」とか「ボーイの季節」がぐっと来ましたね。それと、久々に(といっても2月以来)「天使のウィンク」→「Prism Train」の黄金メドレーが来たので盛り上がり易かったです。やっぱり是永さんがいないとコレ成立しないですよね。
 そんなわけでホールコンサートよりも短い時間でしたが、とっても楽しめました。終演後の花火も綺麗だったし。

 本当は、前日の歌登(枝幸町)のホールコンサートにも行きたかったんですけどね。。。交通手段と宿の関係で残念ながらパスでした。歌登も観た方の話によれば、そちらも盛り上がって、良いライブだったそうです。

 さて今回、北海道まで亜美さんのライブを観にいったわけですが、実は目的はもう一つありました。それは、玉置浩二さんに関することの私的リサーチなのですが、その話しは写真の現像が上ってきた時点で追々

<曲目>
1.マイ・ピュア・レディ
2.ボーイの季節
3.初恋の通り雨
4.あなたの空を翔びたい
5.シーソー
6.風のライオン
7.BENGAL BABOO BABE
8.グルメ天国
9.天使のウィンク
10.Prism Train
11.オリビアを聴きながら

en.手をつないでいて

|

« バースデーのあとがき | トップページ | ポツダムの追悼碑 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

コメント

Maruさん こんにちは
(私は初めての投稿かな?)

名寄野外ライブは物凄い盛り上がりだったんですねー。
ステージ下で踊りまくる観客がいたなんて。
亜美さんもノリまくってたんだろうなぁ。
となると ここの助さん格さん達、超強力ですからねー。
凄い演奏だったろうなぁー。安易に想像できます。

投稿: bellboy | 2010年8月 8日 (日) 14:14

■Belboyさん
いらっしゃいませ。こちらでは初めてですね。
やっぱり天使のウィンク→Prism Trainの流れは盛り上がります。Prism Trainでは是永さんが前に出てきてギンギンに鳴らしてましたが、それに呼応して踊ってました。
このあたり、野外ならではでしょうね。
亜美さんも会場の盛り上がりに「初めてなのに仲良しになれたみたい」と喜んでました。

投稿: MARU | 2010年8月 8日 (日) 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/49041017

この記事へのトラックバック一覧です: 尾崎亜美ライブ@てっし名寄まつり:

« バースデーのあとがき | トップページ | ポツダムの追悼碑 »