« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

王将が混んで困ります

 このごろ、どうも「餃子の王将」が混んでるようで、時々行くとえらい行列が出来ていて驚くことがあります。どうもテレビで取り上げられたり、業績好調ということでニュースでも出たりしているのが要因のひとつらしいのですが。
 うーん、王将って行列してまで食べるお店じゃないんだけどなあ、私としては。。。
 いや、好きなんですよ、私。ただ行列はねえ。。

 私の王将歴(笑)は、京都好きになったのと軌を一にしています。学生の時分、どういうわけか京都の魅力(魔力?)にとりつかれ、夏休みなんかに旅行するようになったのですが、何しろ財源が限られているので交通費と食事は安く済ませたい。ということで重宝したのが王将でした。最初に入った店は三条大橋の近く、木屋町通三条下ル一筋目東入ルの三条店でした。餃子定食を頼んだときのボリューム感とお値打ち価格にぐっときたのを今でも覚えています(笑)。

 今となってはバーミヤンとかサイゼリヤとか低価格が売りのファミレスが増えたので、王将がとりわけ安い訳ではなんですけどね。。。
 味も値段もそこそこ。だけどなぜかまた足を運んでしまうという、不思議な店です(笑)。

 で、最近の混雑で何が困るかというと・・・ちょうど今の時期は一定のポイントを貯めると一年間の割引権がつく会員になれるキャンペーンをやってましてね。期間限定ですから「混んでるのでまたにしよう・・」とはいかないのです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

この1ヶ月のテレビの話題(奈保子さん関連)

 テレビの世界では秋の改編期の特番が続いていたと思ったらもうすっかり10月も下旬。この間、河合奈保子ファンとしてはなかなか注目すべき番組がありましたので今更ですが感想などを。

◆8時だョ全員集合スペシャル
 (TBS系・09年9月23日)
 歌の特集コーナーで奈保子さん出ましたね。曲はスマイル・フォー・ミーで定番ですが、この手の番組では数十秒のフレーズだけの紹介で終わることも多い中、ほぼ1コーラス流れたので驚きです。過去に全員集合の特番は何回かありましたが、こんなに長くピンで奈保子さんが映ってたのは初めてではないかと。

◆あなたが聴きたい歌の3時間半スペシャル
 (TBS系・09年9月30日)
 この番組、メインはスタジオ出演の方の歌ですが、過去の映像もたっぷり出ます。今回は歴代アイドルコレクションというコーナーがあり、その中で奈保子さん登場。曲はまたしてもスマイル・フォー・ミーですが全員集合とは別映像で同じく1コーラスの紹介。曲が同じなのはちょっぴり残念ですが、2週続けてテレビでこんなに長く奈保子さんが映るなんてめったにあることじゃありません。。。

◆スーパーサプライズ
 (NTV系・09年10月19日)
 「あの人は今」で取り上げるということで、新聞のラテ欄にもしっかりと「河合奈保子」の字が。ファンの期待は高まるわけですが、私は「どうせ新味のある情報は出ないだろう」と思ってました。(決して後だしじゃんけんじゃありません。本館お便り広場のほうで放送前にそう書きました)
 果たして・・・ファンとしては「うーん」って感じでしたね。例によって取材お断りのパターンでしたが、代わりに出たのが約3年前に発売されたピアノインストアルバム「nahoko音(CD版)」のブックレットの写真とは。オーストラリア在住の話も、発売当時に明らかになっていたことです。ネットでは事務所(芸映)を辞めていたということに驚きの声もあるのですが、今年2月のサンデー毎日で取り上げられた記事の文章から読み取れていたことです。(こちら参照)
 それにしても、日テレの取材力ってこの程度のものなんですかねえ。昨年12月に竹内まりやさんの期間限定ブログにまりやさんとの2ショット写真が出たことにすらたどり着けないとは。。こんなん、ネットでファンサイトをさくっと検索すればあっという間にたどり着けそうな情報なんですがねえ。。。ま、たどり着いたけど許諾が取れなくてテレビで出せなかったということなのかもしれませんが。
 そうそう、「nahoko音」のブックレットを取り上げておきながら、肝心のピアノ曲を流してくれなかったことは極めて残念。直近の音楽活動をぜひきちんと紹介してもらいたかった。。。でも、放送後に当店も「nahoko音」でたくさん検索されてましたので、「nahoko音」の存在が認知されたという点では評価すべきことなのかもしれません。

◆Hey Hey Hey
 (フジ系・09年10月19日)
 私は24日のBSフジでの再放送?で見たのですが、アイドルの名曲バラード特集なるコーナーで「けんかをやめて」が流れました。まあ、例のフレーズのところだけですが(苦笑)。
 個人的には「名曲バラードならハーフムーン・セレナーデだろ」と言いたくもなりますが、世間的な認知度で言えばやむをえないでしょうねえ。先日は全国放送のラジオでハーフムーン・セレナーデを流すことに成功しましたが、なんとかテレビでも流して欲しいものです。
 

 とまあ好き勝手に綴りましたが・・・回顧系の歌番組の特番って難しいと思うのですよね。たくさんの歌手を紹介しようと思うと曲の時間が短くなり消化不良になる。だけど曲を長くすると紹介できない歌手が多くなって、これまた不満が出ると。見てるほうとしても悩ましいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

悲しくてやりきれない

 加藤和彦さん逝去の報に接し大変驚きました。

 私は加藤和彦さんをライブで6度観ました。いずれも尾崎亜美さんのライブへのゲスト出演やジョイントという形で観たのですが、とても楽しそうに「タイムマシンにお願い」などを演奏していたのが思い出されます。もう「サディスティック・アミ・バンド」は観られないんですね。。

 でもね、今は素直に「ご冥福をお祈りします」とか「安らかにお眠りください」と言えない気分です。それよりも「どうして!」という想いです。どうしてそういう最期なの。
 自ら重大な決意をもってその最期を選ぶということは、相応につらい状況があったのだろうとは思うのだけど、盟友にはきたやまおさむさんだっているじゃない。相談できなかったんでしょうか。。。

 来週10月25日の広島でのコンサート(尾崎亜美 with フレンズ 加藤和彦 木下航志 in さくらぴあ)も第二本館に書いたとおり中止になってしまいました。そういうことも含めて、この訃報は悲しくてやりきれないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

高畠ワイナリー秋の収穫祭

 おととい10月10日は山形県の高畠へ。高畠ワイナリーの「秋の収穫祭」へ行ってきました。この祭りのイベントの目玉はスペシャルミュージックライブ。そして私が行くとなれば、お目当ては例によって尾崎亜美さんであります。
 東京から山形新幹線で約2時間半で高畠。歩いて10分ほどでワイナリーへ。近いですねえ。
 昼頃に着いたのですが、すでに多くの人でにぎわっていて、ステージ前の芝生広場は人でいっぱい。後ろのほうでは屋台がたくさんでていて、グラスワインのコーナーもあり、私もさっそく一杯。芝生広場は、用意のいい方はレジャーシートとか可搬型テーブルなど持ち込んで飲食していて、ライブを聴くというよりはピクニック感覚(笑)

 オオツカタカシさんの大道芸のあと(これ、技とトークの合わせ業で面白く、かなり盛り上がりました)、亜美さんのライブがスタート。私は芝生広場に入れず外側の舗道からスタンディングで見ることに。
 茶系で統一した衣装で登場した亜美さんいわく、今日のイメージは「ワインの原料となるぶどう畑の土の色」だそうで。まずは挨拶代わりに「FOR YOU」。あ、その前に「子供向けの曲がないんだよね」といって、コレ知ってるかなと「ひとりっこカバっ子」をちょろっと。そのあと小原礼さんも登場してライブは進行していきます。
 曲は最新アルバム「ReBORN」からが中心でした。ということで耳馴染みの曲が多かったこともあってか、客席の反応も良好。一般的ではない「待っていてね」「グルメ天国」でも盛り上がってくれて見ていて嬉しかったです。ワイナリーでのライブなので、なにかワインに関係のある曲が出るかなあと思ったら「春の予感」でした。亜美さんいわく、「身体に残るワイン」はタイトルがふさわしくない、といことでボツだそうです。
 ホールと違って仕切りのない開放感がある上に、見てるほうはみんなワイン入ってるし、小さな子供はライブなんかお構いなしにステージ前を走り回ってるしで、なんかこう、のんびりした感じの雰囲気がいつものライブとは一味違いましたねえ。その雰囲気のなせる業か、ライブの途中で亜美さんと目が合い「良く来てくれる人がいる・・・良く来たねえ」と晒される一幕も。一対一の会話になってしまいました(笑)。ま、そんなわけで思い出深いライブになりました。
Takahata_winery

 そうそう、亜美さんといえば晴れ女ということで定評がありますが、今回もかなり怪しい雲行きだったのにライブが始まると日が差すほど。そして次のブレッド&バターのライブの直前には一時雨がぱらつきグンと冷え込んできてしまったのでした。

 ブレバタさんのライブを見たあと、新酒の試飲コーナーで色々飲みまくって(爆)いい感じになったところでワイナリーを離れました。どちらかというと甘口寄りで、飲みやすかったです。ワイナリーでは荷物になるので何も買わなかったけど、夕食のときはちゃんと「たかはたワイン」を頼みましたのでご容赦を頂ければと(^^;
 そうそう、外のワインコーナーでグラスワインを頼んだら、グラスがおみやげでもらえました。いい記念になりました。
Winery_glass

<曲目>
(番外)ひとりっこカバっ子
1.FOR YOU
2.マイ・ピュア・レディ
3.ボーイの季節
4.あなたの空を翔びたい
5.春の予感
6.シーソー
7.待っていてね
8.グルメ天国
9.天使のウィンク
10.オリビアを聴きながら

EC.手をつないでいて

【追記】
 ライブを見た方のブログをご紹介

高畠ワイン秋の収穫祭に来ています ~しるばにあの日誌
 わからなかった曲名とは、「シーソー」「待っていてね」「グルメ天国」の3曲ですね。グルメ天国はアルバム「月の魔法」(93年)収録曲。残り2曲は30周年記念アルバム「三重マル」(2006年)収録曲です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年10月10日 (土)

2週つづけて・・・

 9月28日のNHK-FM「ミュージックプラザ」で、私のリクエストが採用されて河合奈保子さんの「ハーフムーン・セレナーデ」が流れた話を2つ前の記事で綴りました。そのとき『来週の特集は「天使の昭和歌謡」。尾崎亜美さん作のあの曲をリクエストしてみようかな。。』と書いたのですが、やってみたら10月5日の放送でまたまたリクエスト採用されました。

 リクエストしたのは、もうお分かりと思いますが「天使のウィンク」

 ベタな選曲なので他にも多数リクエストがあるだろうからと、にぎやかしのつもりでリクエストを送ったのですが、代表して?私のメッセージが読まれました。リクエストしといて何ですが、よりによってなんで私?という気もします(笑)。というのもオリジナルは松田聖子さんなのに、私がメッセージで綴ったのは作者の尾崎亜美さんのこと。しかも、どうせ読まれないだろうと思って「ハーフムーン~」のとき以上にファン丸出しの文章だったので(汗)。
 ということで、流れたのはオリジナルの松田聖子さんではなく、作者の尾崎亜美さんのバージョン。
 
 それにしても、私を含め5人からリクエストがあったのに、松田聖子さんのバージョンでと指定してきたのは1人だけだったとは意外です。ちなみに私はオリジナル尊重派なので、メッセージは亜美さんのネタで綴ったものの(だって聖子さん絡みのネタも思い入れもないもん!)、曲のバージョンはお任せしますと書いておいたのですがねえ。。。世間的な人気を考えればオリジナルが流れると思ったのですが、この辺が「ミュージックプラザ」の 「ミュージックプラザ」たる所以なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

さよならカオス、デカダンス

 きのう10月3日は中秋の名月、そして今日は十六夜ですね。前記事のとおり10月28日のNHK-FM「ミュージックプラザ」では河合奈保子さんの「ハーフムーン・セレナーデ」を流していただいたのですが、その次のシングル「十六夜物語」も好きな曲です。時々カラオケで歌ったり(笑)。

 さてそんなきのう、サカイレイコさんのバースデーライブ「さよならカオス、デカダンス」を観てきました。場所は東京・南青山MANDALAです。私にとっては藤田朋子さんのライブで馴染みの場所。
 実は、先月ソワレさんのリサイタルを観てきたときに、このライブのフライヤーが入ってまして。サカイレイコさんというと昨年の渋谷巴里祭の印象が素敵だったので、では行ってみようかと。

 サカイレイコさんはシャンソン歌手でもありますが、その前にシンガーソングライターであって、昨夜のライブはオリジナルとシャンソンが半分ぐらいずつ。オリジナルは、フライヤーによると「歌謡曲・ロック・ポップスをベースに、自らの経験と願望をストレートに表現」ということなんですが、歌い方(歌唱)は歌謡曲の色が濃く出ているように、私は感じました(たとえば日吉ミミさんのイメージ)。【意見には個人差があります】
 なんで、歌謡曲っぽいなあと聴いていたら、2部ではピアノ弾き語りタイムの余興で「舟歌」「アンコ椿は恋の花」をちょろっと披露、ウケてました(笑)。なんでも別のライブでやったらオリジナルでもシャンソンでもなく、演歌がいちばんウケたそうで。。。でも実際、良かったです。渚ようこさんとかギャランティーク和恵さんなんかとの共演が観てみたいですね。
 シャンソンのほうは、渋谷巴里祭で観たときと同じく、原語で。もちろん私はフランス語を解せないですが、曲はスタンダードで聴き馴染みのものが多かったですし、なによりパワフルな歌唱でひきこまれました。またまたエディットピアフを想起したのですが、良かったです。客席も大いに盛り上がりました。
 歌唱のカッコよさに対してトークはくだけた感じで、何度も笑いを誘ってました。

 そんなわけで、飛び入り(当日券)で入ったのですが、楽しいひとときでした。行って良かった~。

 そうそう、配られたプログラムにはシャンソンの曲解説と、オリジナルの歌詞が載ってました。歌詞が載ってるなんて珍しいですね~。サービス精神を感じます。

<曲目>
1st
 かわいそうなジャン
 シャンソンで、私を。 *
 さくらんぼの実る頃
 枯葉
 今ある愛を *
 あなたの手の平の中 *
 君とon the bed *
 ブエノスアイレスのマリア
 黒いワシ

2nd
 夢あいまいな未来 *
 確信の一歩手前 *
 (余興:舟歌、アンコ椿は恋の花)
 ハバネラ~恋は野の鳥~
 パダンパダン
 さよならカオス、デカダンス *
 私の好きなもの(My Favorite Thing)
 愛の賛歌
 水に流して
 なんかなみだなんか *

ec
 (聴いたことあるのに曲名出てきません・・すいません)
 すべてのことに意味を探したい *

 *オリジナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »