« 今年も猫森集会!(Cプロ1日目) | トップページ | 再び万葉線に乗る »

2009年9月23日 (水)

今年も猫森集会!(Bプロ2日目)

 えー、ということで谷山浩子さんの猫森集会2009は21日が千秋楽でした。私が今年見たのは、既にレポを書いたCプログラムと、Bプログラムの2日目。ということで、まだ書いてないBプロを。

 Bプロ2日目は9月19日(土)の開催。猫森集会はA~Dのプログラムを2日ずつ開催するのが定例ですが、これまた定例でなぜかA→Dの順ではなくA-A-B-C-C-B-D-Dという変則開催。したがって、Bプロではありますが私が観たのはCプロよりも後だったという次第です。

 Bプロのゲストは柳原陽一郎さん。サブタイトルは「柳原陽一郎氏の奇妙な散歩」となっていました。柳原さんと聞いても正直ピンと来なかったのですが、90年前後に一世を風靡した土曜の深夜放送「イカすバンド天国」で有名になった「たま」のメンバーだったそうで。

当日の曲目はこんな感じ。

1.さかなの言葉
2.夢のスープ
3.卵
4.雪のSOLEA
5.ねこなのだあ
6.満月小唄
7.まもるくん
8.フィンランド
9.満月ポトフ
10.キャンディーヌ
11.意味なしアリス
12.テングサの歌
13.恋するニワトリ
14.素晴らしき紅マグロの世界
15.星より遠い
16.終電座

EC.さよならのかわりに

 柳原さんは3の後から登場。4~6は柳原さんの曲で、柳原さんをボーカルに浩子さんがピアノで参加という形でした。浩子さんは6の満月小唄が特にお気に入りだそうで「みなさん好きになってください」と力説してました(笑)。
 一方、浩子さんの用意した曲は大部分が黒系(=怪しい系)、しかも、「これを今日の二人のテーマソングに」と紹介したのが「まもるくん」とは(笑)。これをテーマと言い切った浩子さんの意図がいまだ読めずにいます。。。柳原さんは声も良いし清清しい感じなんですけどねえ。
 その「まもるくん」、柳原さんはかなり気になる存在のようで、「これを世に出した浩子さんはすごい」と、褒めてるんだか何なんだかという(苦笑)。
 柳原さんは、浩子さんの曲ではギターやキーボードを弾きコーラスをこなしたりしていたのですが、これがいい感じで怪しい感じを中和してて良かったです。「フィンランド」なんて脱力系の歌なんですが(2006年の猫森でコーラスに入った平川瑞穂さんの“はずしっぷり”は見事でした・・・)、今回はなんとまあ綺麗なこと。
 本編ラストの「終電座」は手が込んだ演出が。客席のあちこちに役者さんを仕込んでいて、歌が進んだところでおもむろに立ち上がりセリフを入れたり歌を歌いだすという・・・。3番は浩子さんがご自身のHPで事前に呼びかけていたそうですが、客席で歌える方は一緒に歌ってという視聴者参加型に。私は歌えなかったけど、見ていて楽しかったです。


 浩子さんのライブって、じゃんじゃんバリバリやって盛り上がるというシーンはないのだけれど、観ていて楽しいライブです。それは浩子さんのトークの力も大きいのですが、浩子さんはじめ皆さんが音楽を楽しくやっているというのが伝わってくるんですよね。黒系の曲だと感情移入は事実上困難ですが(笑)。秋~冬は毎年おなじみのホールコンサートのツアーもありますので、よろしければぞうぞ。私も東京のライブには出かけてみたいと思います。

|

« 今年も猫森集会!(Cプロ1日目) | トップページ | 再び万葉線に乗る »

谷山浩子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/46294499

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も猫森集会!(Bプロ2日目):

« 今年も猫森集会!(Cプロ1日目) | トップページ | 再び万葉線に乗る »