« 新幹線ミュージックチャンネルを聴く | トップページ | 亜美さんの「贅沢な」楽曲提供 »

2009年8月18日 (火)

名古屋城でラジオの公録を見る

 というわけで前記事のとおり新幹線ミュージックチャネルを聴くことを主目的に週末旅行してきたわけですが、抱き合わせ(?)で行ってきたところを綴りたいと思います。

 行ってきたのは「天守閣再建50周年・名古屋城宵まつり」
 天守閣の夜間公開、縁日、盆踊り、ビアガーデンなどのイベントですが、二の丸イベントステージというのがあって、16日の夜は東海ラジオ放送「mamiのRADIかるコミュニケーション」公開録音でした。これがお目当て。
 通称「RADIコミ」・・・私は殆ど聞いたことがないので何も語れませんが、25周年を迎える今年10月に番組が終了するとのことで、こんな機会はなかなかないだろうと。。で、ほとんど聞いたことのないラジオ番組のイベントへなぜ行くかといえば、メインパーソナリティーが以前も触れたことがある小森まなみさん。ラジオたんぱ(現:ラジオNIKKEI)での最後期数年間よく聞いてましたし、東京タワーホールや千葉・幕張メッセのイベントにも行ったことがあります。それに、私が初めて買った音楽著作物が、小森さん(以下マミ姉と表記)のアルバム「HERTZ」(LP盤)でした。
 とはいえ、リスナーでないのに番組イベントを見るのはちょっと気後れするところがある(=ネタについていけないかもしれない)ので、2時間のうち後半1時間だけ立会いました。ちょうどコスプレのコンテストの表彰式をやってるところだったですが、そういえばコスプレが今ほど認知されてないころから番組でコスプレの話してたなあと断片的記憶が・・・。矢尾一樹さんがこれまたコスプレで「YATTE YARUZE!」を歌ったり、番組パーソナリティーのミンキー・ヤスさんが「二度と見たくないコスプレベスト3」を実演(苦笑)したりと、なんかコスプレづくし。この辺やっぱりついていけないですね(笑)。でも場内大盛り上がり。
 で、マミ姉のミニライブへ。いやあ驚いた。フリフリのミニスカートで、まんま80年代アイドルの趣。でも全然違和感がないのがすごい!
 といっても、知らないかたはスゴさがわからないと思いますが、おおよその年齢がわかる私は素直に驚いてしまいます。最近の尾崎亜美さんの名言「大人気ない大人でいたい」に通じるものがあるかな。亜美さんも全盛期のWINKみたいな衣装のときがありますからねえ(笑)。
 歌ったのは都合6曲でしたが、私がわかった(歌える)のは1曲目の「DJ BEAT」と5曲目の「HERTZ」の2曲のみ。初期の「HERTZ」3部作は持っているのですが、それ以降はあまりCD買ってないので・・・。でも、マミ姉のメッセージが伝わってくる、そして客席との一体感溢れるステージで見ていて良かったです。
 マミ姉はいわゆる歌手ではありません。したがって、歌唱力はまあアレなのですが、マミ姉にとって歌はメッセージを伝えるための手段の一つなんですね。主力はラジオ(トークジョッキー)ですが、内容によって詩を書いたり歌にしたり(多くの曲を作詞)最近では絵本を書いたりしてるわけで。。
 いやあ、それにしても動くマミ姉を見たのは18年ぶりぐらいかなあ。前述のとおり変わらぬ姿にびっくりしましたが、久々に夢を忘れない、夢はかなえるものというメッセージに直接触れて、最近そういうことと縁遠くなってる自分を振り返るいい機会になりました。
 で、感化されてイベント終了後、新発売の25周年記念ベスト盤「Precious Moments」を物販コーナーで買ってしまいました。この会場だけの特典のバンダナが付いてましたが、番組リスナーでないのにすみません。この物販コーナーにマミ姉もステージ終了後顔を出してましたが、近くで拝見してもかわいらしかったです。決して会場最後方から見ていたからではなかったことが確認できました。(微笑)

 帰り道、地下鉄の市役所駅で列車を待っていると、リスナーと思しき方の「もうカウントダウンだなあ」「あと8回か」なんて会話が耳に入ってきました。ラジオの番組が終わるのってテレビ番組とはまるで違う淋しさを感じるんですよね。良くわかります。それは(番組にもよりますが)ラジオというメディアが、マスメディアでありながらパーソナリティとリスナーが一対一でつながっているからです。

Meijou

会場の写真は載せられないので、ライトアップされた名古屋城を。
手前では本丸御殿の復元工事が進行中です。

マミ姉の公式サイトはこちら
当日の様子と感想がDIARYに出ています。

*** 追記 ***

詳細なレポが乗っているブログをご紹介
■[イベント]名古屋城宵まつり~所長日誌
ライブの曲数の数え間違いをしてましたので本文修正しました。
(5曲→6曲。メドレーは2曲とカウント)

それから、そもそも番組終了を知ったのはラテログさんの記事でした。
東海ラジオ他「mamiのRADIかるコミュニケーション」が10月で終了
最近更新頻度が減っていますが、ラジオ界の重要ニュースを伝えてくれる貴重なサイトです。

|

« 新幹線ミュージックチャンネルを聴く | トップページ | 亜美さんの「贅沢な」楽曲提供 »

ラジオ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。このたびは記事の紹介ありがとうございます。

私はこの番組を熱心に聴いていたわけではないのですが、長寿番組が終わるのはやはり寂しいものですよね。

おっしゃるとおり最近なかなかブログの更新ができてないのですが、ラジオ好きなのは変わりませんので、これからも出来る範囲で更新していく予定です。引き続きよろしくお願いいたします。

投稿: tabo | 2009年8月19日 (水) 19:55

■taboさん
いらっしゃいませ。
ラテログで取り上げられてなかったら、この公録イベントには立ち会えてなかったと思います。ありがとうございました。
私も元々アニメを見ないためアニメの話題に興味が沸かないので、番組は「試し聞き」を何回かしたに過ぎません(アニメだけの番組ではありませんが)。
イベント自体は、ことさらに「これが最後」というような演出がなくて、私自身は笑って過ごせました。マミ姉は時に涙ぐんでたみたいですが。

投稿: MARU | 2009年8月21日 (金) 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/45959634

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋城でラジオの公録を見る:

« 新幹線ミュージックチャンネルを聴く | トップページ | 亜美さんの「贅沢な」楽曲提供 »