« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月26日 (日)

尾崎亜美「ReBORN」コンサート@赤坂

 河合奈保子さんのバースデーから一夜明けたきのう7月25日の夜は、かねてお伝えしていた尾崎亜美さんの「『ReBORN』コンサート」へ。場所は東京・赤坂BLITZ。TBS放送センターの隣で地下鉄赤坂駅直結で便利なのが何よりです。広場では番宣絡みのミニイベントをやってました。そんなところで開場を待っていたら、服部幸應さんがふらりと登場。いつもTVで見る詰襟姿だったのですぐに皆さん気がついてツーショット写真を求めたりしていました。服部さんは亜美さんとは親交がありますからコンサートにいらっしゃったのですね。玄関にお花も出していました。

 さてコンサート。久々のソロコンサートで期待が高まっていたわけですが、期待どおりの素敵な楽しいコンサートでした。
 1曲目、いきなり「Angela」でスタート。これはサプライズでしたねー。終盤やアンコールでやったときはスタンディングもあるぐらい盛り上がる曲ですが、さすがに1曲目だと立てませんでした(笑)
 その後の選曲・曲順もサプライズが多くて、とっても新鮮。そうなったのは、中盤に組まれた弦一徹ストリングスとの共演が要因として大きいのかなと、終わってみて気がつきました。

 その弦一徹ストリングスとの共演は、今回のコンサートで一番期待していたところ。そもそもなぜ今回弦楽なのかといえば、『ReBORN』収録のうち3曲で弦一徹ストリングスが参加しているから。そしてその3曲すべてをやっていただきました。東京文化会館での「ポピュラーウィーク」「ポップスの匠」以来の生弦楽に大感激!そして「天使のウィンク」では、東京文化会館でなし得なかったスタンディングも!(って、後で聞いたら私が一番乗りだったみたいですが・笑)
 亜美さんは「夢がかなった」とおっしゃってましたが、私も「弦楽で盛り上がる」が現実のものとなり嬉しかったです。

 それから、いつものコンサートではコーラスは小原礼さんとKB奏者の担当ですが、今回はこれに加えAisaさん(ブレバタの岩澤幸矢さんの娘さん)がコーラスやギターで参加していて豪華。「曇りのち晴れ」もAisaさんと二人でやっていて、以前矢嶋マキさんとやったときも可愛らしいと思いましたが今回はいっそうかわいらしく。豪華といえば、ギターも西村智彦さんが参加して是永巧一さんとの2人体制で豪華でした。

 終盤では「明日はきっと晴れるだろう」で亜美さんがとてもノッていて、ステージを右に左に動く動く!実は私、このとき時の経つのが早く感じられて終盤はまだまだ先と思ってまして。。。今思えば、あれだけ激しく亜美さんが動いてたのでスタンディングで応えるべきだったかと、ちょっと後悔。。。。
 アンコールも大いに盛り上がって、最後はしっとりと「風のライオン」で締め。2時間10分の公演で19曲プラスアルファでしたが、至福の時間はあっという間に過ぎたのでした。あー楽しかった。亜美さんもとっても楽しそうでしたね。亜美さん、出演の皆さん、素晴らしいステージをありがとうございました。
 年内にはツアーも考えているということで、楽しみにしています♪

<サポートメンバー>
 是永巧一(G)
 小原礼(B,Chor)
 屋敷豪太(Dr)
 斎藤有太(Key,Chor)
 西村智彦(G)
 Aisa(Chor,G)
 弦一徹ストリングス
  弦一徹(Vl1),永田真希(Vl2),森琢哉(Vla),岩永知樹(Vc)

<曲目>
 1.Angela
 2.ボーイの季節
 3.Romantic Cruise
 4.冥想
 5.マイ・ピュア・レディ
 6.春の予感 ~I've been mellow~
 7.あなたの空を翔びたい
 8.Southern Cross

 (弦楽四重奏と遊ぼうのコーナー)
 9.FOR YOU
 10.オリビアを聴きながら
 11.天使のウィンク

 番外.ひとりっこカバっこ (抜粋)
 番外.おなかすいたね (Aisaさん弾き語り)

 12.曇りのち晴れ
 13.Colors of a wish
 14.明日はきっと晴れるだろう
 15.待っていてね
 16.手をつないでいて

 EC1.グルメ天国
 EC2.Prism Train
 EC3.風のライオン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

HAPPY BIRTHDAY

 きょう7月24日は、河合奈保子さんのバースデーです。奈保子さんおめでとうございます。
 私自身はいわゆる後追いファンゆえ、バースデーにまつわる思い出などは持ち合わせていませんが、DVD-BOX「PURE MOMENTS」でのバースデーライブの模様を通じて、当時の熱いものを感じ取ったりしています。
 昨年12月、なんの予告もなしに竹内まりやさんのブログに近影が掲載されて驚きましたが、そこに写っていた奈保子さんの、変わらぬ可愛らしさにまた驚いたものです。さすが、最後のイースト・バースデーライブのオープニングで「えー、『もう、歳はとりません』って言うつもりです。」とおっしゃっただけのことはあるなあと(笑)。
 なかなか動静を垣間見ることは叶いませんが、この1年が素敵な一年であることを祈ります。そして、マイペースで結構なのでまた音楽を紡ぎだしていただけると嬉しいですね。

* * * *

 本館にメッセージコーナーを作りました。毎年安易な企画ですいません(微笑)


| | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

美術展レビュー

 この連休に2つの美術展に行ってきましたので軽くご紹介したいと思います。

■写楽 幻の肉筆画展
江戸東京博物館(東京・両国)
会期:2009年7月4日-9月6日

博物館の特別展ですが内容的には美術展の範疇でしょう。
日本などアジア美術を意欲的に収集したギリシャの元大使グレゴリオス・マノスのコレクションがギリシャに残っており、そのコレクションを調査したところ謎の浮世絵・東洲斎写楽の肉筆画が見つかった、ということでそれら作品を里帰り公開しています。
写楽の肉筆画が前面に出たタイトルの展覧会ですが、発見されたのは1点のみですから展示作品の大多数は「その他」の版画(浮世絵)です(笑)。しかし出品数が多く、保存状態も良いのでかなり見ごたえがあります。
割とゆったりと鑑賞できたのも良かったです。時間帯にもよるのかもしれませんが。

■奇想の王国 だまし絵展
Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
会期:2009年6月13日-8月16日

世界・日本のだまし絵を集めた特別展。だまし絵といっても様々で、リアルな立体感で「まさにそこにある」ように見えるもの、別の角度から見ると正面からは見えない絵が浮かび上がってくるもの、額縁まで描いてしまいそこから文物が飛び出るような構図のもの、あるものが別のものに見えるダブルイメージ、錯覚を使って絶対にありえない光景を描いたものなど・・・バラエティに富んでいました。なかなか面白いです。出口付近には現代作家によるだまし絵がありましたが、中には酔いそうになるものもあったりして。。。
展示内容の宿命か、私が行ったときは会場内の歩みが遅く常に混雑してました。それと切符売場!当日券売場は窓口が2箇所しかなく、買えるまで10分以上並びました。コンビニなどのプレイガイドの端末で事前に切符を買っておくのが賢明です。切符があれば並ばずに入場できました。

ま、あまり参考にならなかったかもしれませんが(笑)詳しくはそれぞれの会場HPをどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

あと1週間!

 第2本館でお伝えしているとおり、7月25日(土)は尾崎亜美さんの東京・赤坂BLITZでの「ReBORNコンサート」。あと1週間になりました。有料のハコライブでソロとなると、2008年5月の宇都宮以来、実に1年2ヶ月ぶり。。いやあ楽しみです。
 プレイガイドでは単に「尾崎亜美コンサート」としか表示されていませんが、今回の主催のディスクガレージのサイトでは「尾崎亜美コンサート『ReBORN』」と表記されており、4月発売のアルバム『ReBORN』からの選曲が中心になることがすでに亜美さん出演ラジオなどで明らかになっています。
 サポートメンバーも強力で、おなじみの是永巧一さん、小原礼さんに加え、屋敷豪太さん(Dr)、斎藤有太さん(Key)、西村智彦さん(G)、Aisaさん、さらには弦一徹ストリングスの参加がオフィシャルサイトで公表されています。西村さんは7月4日の木下航志さんとのジョイントに続いての出演ですね。個人的には何と言っても弦一徹ストリングスが大注目。2006年、2007年の東京文化会館「Popular week」での共演は素晴らしかったのですが、いかんせん客席が「弦楽四重奏」に気後れしたのかコチコチで、静かーに聴いてる感じだったんですよね。たとえ弦楽であってもポップスならば盛り上がりたい私としては、今回のReBONコンサートで大いに盛り上がりたいところです。
 さて、赤坂BLITZは3月の平松愛理さんの20周年ライブで行ったところですが、いわゆるライブハウスなのでハコはこじんまりとしています。ですが・・・チケットまだまだあります!ReBORN中心の選曲ということは、なつかしい耳馴染みの曲が中心になりますので、コアなファンでなくてもお楽しみいただけること間違いなしですし、後ろのほうでも「遠くない」ので、ちょっと興味があるなあというかたはぜひ足をお運びいただければと思います。
 当日は隅田川花火大会とかぶってますが、一夜限りのスペシャルライブをぜひどうぞ。

 そして・・・前日の7月24日は河合奈保子さんのバースデー。こちらも本館でまたお祝いしたいと思います。今度の週末はおめでた続きです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

石丸電気近況

 河合奈保子さんのBOX商品が出る度に販売に力を入れていただくなど大人向けの品揃えが嬉しい東京・秋葉原の石丸電気ですが、6月に本店がリニューアルしたということなので覗いてきました。

 リニューアルの対象は本店なのですが、CDとDVDを扱っていた「石丸ソフト1」が閉店(店舗統合)になってました。本店はCD・DVD売場が7Fに移動。品揃えは大して変化ないと思いますが、DVDを前面に出したレイアウトになっているのでCDのほうは少々勝手が悪くなったように思います。
 で、奈保子さんのBOXを強力に扱っていた「ソフト2」は、ソフト1が閉店したので「石丸ソフト本店」を名乗っていますが、店内は基本的に変わらず。レジ右上の「NAOKO LIVE PREMIUM」のどでかい告知看板も健在(笑)。
 そして驚いたのが、奈保子さんの棚に「オンデマンドCD」が大量在庫していたこと。全18枚の殆どが揃っていました。(「スカーレット」がなかったかな)
 本来ならお客さんの注文で生産するはずですが、お店のリスクで発注しているということでしょうか?今回は購入はしませんでしたが、見たところブックレットはちゃんと冊子形式になっている模様です。前身の「あーる盤」は1枚紙の折り畳みでしたからこれは改善かな。ただ印刷の程度はあーる盤と変わらないかも。

 4月の「Amii In The Box」と紙ジャケ再発に合わせて登場した尾崎亜美さんの専用ディスプレーは、さすがに撤収されてました。

 心配していたCDの品揃えが特に変わってなかったので一安心だったのですが、ちょっと淋しかったのは石丸のシンボルカラーであった赤に代えて青の看板になっていたことと、マークもエディオンのものになっていたこと。(屋上の看板とマークは従来のまま維持)
 石丸がエディオングループの傘下になり会社組織も吸収合併で消滅していたことは知ってましたが、石丸のブランドは少なくとも関東では名が通っているので、そうそう変わらないだろうと思ってました。が、今回のリニューアルではやけにエディオン色を出してきたなあという印象です。店員さんの制服も変わってしまったし。。そのうち「お客様にお買い物をゆっくり楽しんでもらうため、こちらから声を掛けません」が売りだった接客方針も変わるのかな。。
 でも、関東ではおよそブランドが浸透してないエディオン色を強めても何のアピールにもならないと思うんですけどねえ。エディオンは名古屋のエイデンと広島のデオデオの連合体が母体ですが、そもそも両者の地元ではエディオンなんてブランドもマークも使ってないじゃないですか。。。お世辞にも価格でヨドバシやビックと競争できてないのですから、せめて石丸のブランドは大切にしたほうが良いと思いますよ、エディオンさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

尾崎亜美&木下航志ジョイントコンサート

 昨7月4日の夜は、栃木県の岩舟町へ。「尾崎亜美&木下航志ジョイントコンサート」を観てきました。場所は岩舟町文化会館(コスモスホール)。
Asakusa_stn
 十何年ぶりかで東武電車に始発の浅草から乗りました。このたたずまいとホームの狭さ(笑)は変わらないですねー。駅とデパートが一体となった「ターミナルビル」としては国内現役最古級かと。

 浅草から約1時間半の静和駅から歩くこと30分で会場に到着。公民館や武道場もあります。久々に公共交通では不便な場所への追っかけでしたが、でもまあこの辺はクルマ前提の地域でしょうからジモティーには違和感ないのかも。
Cosmos_hall

 ホールは、小ぶりながら作りは立派で、亜美さんもトークで「お金持ちの人のラウンジみたい」なんて言ってました。
 ライブは、まず亜美さんが新アルバム「ReBORN」から4曲。亜美さんの演奏サポートは、通常はベースが小原礼さん(配偶者)、ギターが是永巧一さんですが、今回は是永さんの都合がどうしてもつかず、西村智彦さんが登場。いつもの是永さんとはまた一味ちがった演奏で楽しませてくれました。
 そして、今回のジョイントのお相手である木下航志さんが登場。2週前のテレビ朝日系「題名のない音楽会」に出ていたのを見てましたが、ライブで聴くと迫力が違いますね。トークはふにゃけてるんですが(笑)。ひたすら高音で突っ走る歌手が多い昨今ですが、低い地声から高音までしっかり響く声。亜美さんとの共演も素晴らしく感動しました。亜美さんに内緒で仕込んだという「Walking In The Rain」の弾き語りも良かった。。
 後半は亜美さんが元気系3連発で場内「5分立ち」(亜美さん談)。実は今回、客入りが少々残念な状況だったのですが、なかなか熱く盛り上がって亜美さんも嬉しそうでした。そうそう、音響が良く、拍手が響いたので見てるほうとしては客入りのことはあまり気になりませんでしたね。

 いやー、行って良かった。。。実は、7月25日に赤坂でソロライブがあるし、今回は場所も不便なのでスルーで良いかなと前日まで思ってたのですが・・・やっぱり行きたくなって当日券で入ったのでした。当たりでした。

 そうそう、ロビーのCD即売で、「ReBORN」の初回限定Blu-spec盤を売ってました。ネットではとっくになくなっているのですが、あるところにはあるんですねえ。

<曲目>

~尾崎亜美~
1.FOR YOU
2.ボーイの季節
3.マイ・ピュア・レディ
4.春の予感
~尾崎亜美&木下航志~
5.LOVE ME TOMORROW (だと思う・・)
~木下航志~
6.遠い街 (オリジナル)
7.世界の果てへ (オリジナル)
8.LOVE IS EVERYWHERE (オリジナル)
9.Walking In The Rain (尾崎亜美カバー)
~尾崎亜美&木下航志~
10.YOU'VE GOT A FRIEND
~尾崎亜美~
11.待っていてね
12.天使のウィンク
13.Prism Train
14.手をつないでいて
15.オリビアを聴きながら

EC.I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU (二人で)
WEC.風のライオン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »