« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月28日 (日)

オリンパス Fhoto Festa

 7月3日発売のマイクロフォーサーズ規格の新デジタル一眼カメラ・オリンパス・ペンのことに先週触れましたが、オリンパスプラザでは行列が出来ていてゆっくり実機をさわれなかったので、「オリンパス Fhoto Festa」へ行ってみました。場所は東京・六本木アカデミーヒルズ。こんなことでもなければ六本木に行くことなどありません(笑)。あ、以前TBSラジオ「コサキン」の企画で行ったか。。

 ちょっとしたホールに舞台とスクリーンがあって、適宜セミナーやらイベントやらを実施、後ろのほうにテーブルが幾つも出ていて実機が多数さわれるようになってました。
 で、いろいろ触ってみたのですが、小さく軽いのですが、それなりにずっしり感も感じます。比重が重いというか。。そういえば、オリンパスのハーフ判「ペン」シリーズは、プラスチックボディーの「ペンEF」以外はオール金属でずっしり感がありますね。標準ズームレンズは手動の沈胴式でした。撮影状態では結構鏡胴が延びます。
 アダプターを介して兄貴分のフォーサーズ規格のレンズが装着できますが、レンズも含めてトータルな小ささを狙っているマイクロフォーサーズにはちょっと似合わないような。。。
 色々遊べるし、持ってみたくなるカメラとしては申し分ない作りだと思います。ただ、一眼レフらしさを求める方には訴求力はないなあ。現に、ネット上では結構否定的な意見が多く見られます。しかしこのカメラは、従来のデジタル一眼に及び腰な方々(私もその1人)をターゲットとしているのですから、ある意味当然の結果だと思います。

 その昔、オリンパスが初代ペンの次に自動露出のペンEEを出したときの話。カメラ購入層が殆ど男性の時代に、女性をターゲットにした「ボタンを押すだけで写るカメラ」を目指して設計されたペンEEは、それまであったシャッター速度や絞りの調整ダイヤルをなくし、ピントもハーフ判のピンボケしにくい特徴を生かして固定焦点という仕様でした。調整するところがどこもないから、あとはシャッターボタンを押すだけというわけですが、社内では「そんなもの売れない」となかなか会議が通らず、発売決定後もカメラ店から「おもちゃを売れというのか」とクレームが来たとか。ところが、大ヒットしたんですね。
 今回のペンも、これに近いものがあるのだと思います。そういえば、フラッシュやファインダーを省く「割り切り」も、ペンEEに通じるところがありますね。手ブレ補正があるからフラッシュは不要、コンパクトデジカメユーザーは液晶モニターでの撮影に慣れてるからファインダーはあっても使わないだろう・・・というところなんでしょう。じゃあ、コンパクトデジタルでいいじゃん、となるかもしれませんが、撮像素子が同社デジタル一眼と同じなので、背景のボケ味を含め映りが一眼と同等なのがミソですね。(素子の小さいコンパクトタイプはほとんど背景がボケない)
 そして、ネットでの否定的な意見にもかかわらず、カメラ店やオリンパスのオンラインショップでは「予約が予想以上で今からだと7月中旬以降の引渡しになる」という告知が出ています。期待度の高い商品なのではと思いますね。

 で、あなたは買うの?といわれると・・・うーん、そこは懐具合が(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

FLASH 通巻1057号

 本日発売の写真週刊誌「FLASH」に、『もう一度会いたいランキング ヒーロー&ヒロイン88人大追跡』『第1位河合奈保子』という見出しが躍っていました。しょせん内容の程は知れていますが、当店としてはやはりチェックしておくべきだろうと購入してみました。

 「会いたい」順位は読者アンケートに基づくらしいのですが、調査方法等の詳細は記述なし。取材は芸映を通さず直接豪州の自宅へ架電した模様です。といっても、対応したのは奈保子さん本人ではなく旦那さんということですが。つまり、本人コメントは一切なし。
 「大追跡」の内容は、概ね既知のものであり特に目新しいものはありませんでした。強いて言うとオーストラリアへの移住の年が「今から5年前」と明言されていたことぐらいでしょうか。お子さんのことに多少言及されていましたが、ご本人のことではないので割愛します。掲載写真は、バリバリのアイドル時代の水泳大会のときのものと、婚約会見のときのものと、直近の音楽活動であるピアノインストアルバム「nahoko音」のCDインナーの3枚。他の紹介記事は概ね現在の“生写真”を掲載してますが、直接取材が叶わなかったのでCDインナーで代用、ということなんでしょう。
 記事の文章で「nahoko音」への言及がなかったり、昨年12月、東京で竹内まりやさんと会ったときの写真がまりやさんのブログに掲載されたことには全く触れてなかったりと、取材の踏み込みの甘さを感じますが、まあ、こんなもんなんでしょうね(微笑)

 大した内容ではありませんが、これを読んだ方が「nahoko音」に興味を持ってくれたら、なんて思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

あの「PEN」がデジタルに

 6月16日、オリンパスからなかなか衝撃的なデジタル一眼カメラが発表されました。その名も「マイクロ一眼 OLYMPUS PEN E-P1」。
 このニュース、私はオリンパスからのメルマガで知ったのですが、タイトルにあった“PEN”の文字を見て「おおっ」と前のめりになりました(笑)。

 1960~70年代に一世を風靡したオリンパスのハーフ判カメラのブランド名が「PEN」でした。新発売のデジタル一眼にそのPENの名を冠したというだけで、製品のコンセプトと意気込みがわかろうというものです。つまり、圧倒的に小型軽量だが写りは本格、見た目もおもちゃっぽくない上質のものということ。
 で、実際こんな感じです。
 オリンパスのPEN特設サイト
 製品詳細ページ

 さっそく、東京・神田小川町のオリンパスプラザで実機に触れてきましたが、行列が出来ていて15分ぐらい待ちました(笑)。これは確かに小さくて軽い・・・これなら持ち歩きしてもいいかなと思わせる出来です。小さいだけでなくて、デザインが優美なんですよね。所々、ハーフ判の女王と言われたPEN-Fのデザインをモチーフにしたような部分があったりして。ただ、PEN-Fに比べるとレンズがバランス的に少し大きいな。
 もともとデジタル一眼には興味があったのですが、大きさと重さで買う気になれませんでした。オリンパスから当時世界最小最軽量をうたったE-410が出たときも、まだまだと思ったし、展示会なんかでは「これでPEN-F並みの大きさだったらねえ」なんて説明員に言っていたら・・・こんな形で実現するとは。

 ただ、万人受けするような製品かというと・・・。
 フラッシュは外付け、ファインダーはなく撮影は液晶モニターのみなど、かなり割り切った設計になってます。ファインダーを覗くスタイルのほうが手ブレしにくくて好きなのですが、露出4段分相当の効果がある手ブレ補正機構を備えているということで、フラッシュなしでキョンシースタイルの撮影でも十分いけるという判断なのでしょう。
 そして、販売価格が標準的レンズとセットで約10万円ぐらい・・・入門モデルにはなりにくいような。
 加えて、規格がフィルム一眼との連続性のないマイクロフォーサーズ。きっと、正統派を自認するN社やC社のファンは「ケッ」とか思ってるんでしょう(微笑)

 それにしても・・・このところやたら「ペン誕生50周年」とかサイトでアピールしていて、なぜ今ペンなのかと思っていたのですが、こんな仕掛けだったとはねー。個人的に初めて食指の動いたデジタル一眼です。実際買うかというとかなり迷うのも事実ですが・・・。これがそこそこヒットすれば、今後のデジタル一眼の方向性が変わってくるかもしれません。そいうい意味でも注目です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

2週続けてバースデーライブ

 6月に入って、2週続けて「バースデーライブ」へ行ってきました。
 まずは、いささか旧聞になってしまいますが6月3日。いまのまい Birthday Live 2009へ。場所は東京・四谷三丁目のレストランバー「ソケースロック」。入居しているビルにはシャンソニエの「ウナ・カンツォーネ」(ウナカンと略される)もあって、ちょっとカオスな感じ。
 まいさんといえば、以前は「懐かしのアイドルソングの巻」の主宰者であったわけですが、今回のバースデーライブでは1部はその再現みたいな感じで80年代から。その中で、河合奈保子さんの「MANHATTAN JOKE」を歌っていただきました。歌唱はかっこいいし、生バンドでホーンセクションもあったのでこれは良かったです。最後の「急いで~~~」なんてところの強く伸ばしビブラートを掛けるあたりは雰囲気もよく似てましたね。
 その1部ではゲストということになるんでしょうか、今まいさんが取り組んでいる完熟娘。のユニットが登場、キレのある踊りと歌唱を披露。オリジナル曲がエイベックスのオムニバスCD「収穫祭」に収録されたということですので、よろしければどうぞ。
 2部は70年代を中心に。本編最後の「愛燦燦」の選曲には驚きました。新境地という感じでしょうか。
 久々にまいさんのライブを聴きましたが、相変わらず歌に対する愛が感じられる良い歌唱でよかったです。本人は、声のKeyが昔に比べ下がってきたこともありアイドルものはやり辛くなったとおっしゃってましたが、デビュー33年の尾崎亜美さんなんか、声がハスキー寄りになった今でもライブでは松田聖子さんに提供した「天使のウィンク」は大定番で歌ってますし(もちろん口パクではありませんよー・笑)、新アルバム「ReBORN」では志村香さんに提供した「曇りのち晴れ」をかわいく歌ってますし、全然問題ないのでは、って思います。ジャンルにこだわらず、様々な歌を歌って欲しいです。

 <当日の曲目等は本人ブログのこちらで。>


 そして、6月12日はソワレリサイタル2009へ。場所は東京・渋谷のO-WEST。ソワレさんのバースデーライブは第2回から5回まで連続して行ってましたが、昨年はライブ自体がお休みで、今年復活。6月12日はやっぱり歌っていたい、ということみたい。
 今年のバースデーライブは新譜「ア・ラ・シャンソン」のレコ発ライブでもあって、新曲4曲もさっそく披露していただきましたし、オリジナルの比率が高いライブでした。一般的なシャンソンリサイタルとは趣きが違いますが、そこがソワレさんの魅力で、キャッチーな曲も多かったし、完成度は高かったのではないでしょうか。ドライブ感のある歌唱も健在。ソワレさんって、中性的なイメージがありますがこうしてステージを見てるとかっこよさを感じます。 
 良いライブでしたが、個人的に心残りだったのは私が投げ込んだ紙テープ3発がいずれも届かなかったこと(爆)。紙テープ投げなんて、このライブでしかやったことがないので、感覚がつかめないんですよね。。。ソワレさんは紙テープが大好きで、ライブ中も「このライブは、これがないと、淋しいんですよね」と。河合奈保子さんのファンの中にはピンとくる方もいらっしゃるでしょうが、これは奈保子さんの88年のバースデーライブで発せられた言葉ですね。そういう細かい仕掛けがまたソワレさんらしいです(笑)。

 さて、実は私、ソワレさんの話題はこれまで意図してあまり書かずにいました。というのも、奈保子さんのファンの間では、シャンソン歌手というよりは「奈保子さんの大ファン」という切り口での認知度が非常に高く、徒党を組んでバー「ソワレ」に押しかけては奈保子さんのことしか話さない、というようなちょっと「いただけない」方々を見てきたので、これ以上バイアスの掛かった形での浸透はして欲しくないなあという思いがあったのです。
 しかし、いまソワレさんは、好きだったオーガナイザーから手を引き、歌に集中して取り組む姿勢を鮮明にしていますので、私としてもそんなソワレさんを応援していくためにも、これからは折をみて書いていきたいと思っています。
 ソワレオフィシャルページはこちら

 私にとって、いまのまいさんもソワレさんも、知るきっかけが「奈保子さん」だったのは確かですが、あくまで「歌手」として応援しています。皆さんもどうぞ、ご理解いただきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

国宝・阿修羅展

 入場1時間待ちとかで話題になっていた、東京国立博物館での「国宝・阿修羅展」。あす7日が最終日ということで、行ってきました。
 話に聞いたとおり、大盛況。比較的空いている時間帯と思われる夜間延長開館の時間帯を狙って18時過ぎに行ったのですが、それでも入場まで30分ほど待ちました。

 この展覧会は奈良・興福寺の創建1300年記念という冠が付いてますが、要するに中金堂の再建費用の一部にするということですよね、きっと。
 会場は3コーナーに分かれていて、第1コーナーは興福寺の中金堂基壇から発見された文物(お皿とか水晶とか・・)だったのですが、ブツが小さいので皆さんガラスケースにびったり寄っていて大混雑。「当日中は後から何回でも入りなおすことがができます」という係員の誘導に従い、軽くパス(笑)
 第2コーナーは八部衆像、十大弟子像で、国宝がずらり並んでます。八部衆はもとインドの神だそうですが、頭が鶏とか角が生えてるとか、考えようによっては化け物のようなものも(笑)。そういえば古代エジプトの神にも頭が動物ってありますね。

 そしてその第2コーナーの出口に阿修羅像が。阿修羅も八部衆の一つなのですが、さすがメインを張るだけあって別室での特別扱いです(笑)。しかも、こういった仏像は通常壁際に置かれるものですが、部屋の真ん中に置いてあって、360度あらゆる角度から眺められるようになってました。つまり後姿が拝めるというわけ。
 阿修羅像の部屋は大変な込みようで、観客が像をドーナッツ状に幾重にも取り囲んでなかなか動きません。その輪の中に入って近づいてみましたが、通勤ラッシュの電車並みの押し合いへし合いでした(笑)
 この阿修羅像、戦いの神なんだそうですが、それにしてはなんと穏やかな表情。特に正面がね。左と右の顔は正面よりもきりっとした感じでしたが、それでも戦いのイメージとは離れた感じ。これを作った人は、どういう思いでこの顔立ちにしたんでしょうかね。。。
 そうそう、私は阿修羅像の手(6本あります)を見て金井克子さんの「他人の関係」を連想してしまったのですが、近くにいた若い女性は「EXILEみたい」って言ってました(笑)。なるほどね。

 第3コーナーは、鎌倉期に作られた薬王・薬上菩薩立像とか四天王像とか。第2コーナーと比べると圧倒的に像が大きくて、また躍動感があります。

 なかなか見ごたえのある展覧会で、長蛇の列もわかるような気がしました。
 ただ、どうなんでしょう。仏像というのは、やはり寺院の伽藍の中で見るのが本来の姿なんだろうなあと。強い信仰心のない私でも、お堂に入って仏像を見るとなんとなくピーンとした空気で自然と手を合わせてしまいますが、博物館の中に置かれると「美術品」になってしまうのですよね。中金堂が落慶したら、行って見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

祝・29周年

 きょう6月1日は河合奈保子さんのデビュー記念日。今年で満29周年になりました。活動していたときの流儀で言えば周年を「数え年」で表していたので、きょうからは30th Anniversary Yearということになりますね。
(1984.6.1から5周年記念として「Summer Delicacy」「Daydream Coast」「さよなら物語」「スターダスト・ガーデン」と4作のアルバムを立て続けに発表)

 ということで、30周年と絡めて何か動きがあると嬉しいなあとは思いますが、そこは「マイペース」な奈保子さんですので、ファンとしてはカツカツせずゆったりと見守っていきたいと思います。

 * * * *

 本館にメッセージコーナーを作りました。毎年企画が同じですが、まあお約束ということで(微笑)

| | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »