« FLASH 通巻1057号 | トップページ | 尾崎亜美&木下航志ジョイントコンサート »

2009年6月28日 (日)

オリンパス Fhoto Festa

 7月3日発売のマイクロフォーサーズ規格の新デジタル一眼カメラ・オリンパス・ペンのことに先週触れましたが、オリンパスプラザでは行列が出来ていてゆっくり実機をさわれなかったので、「オリンパス Fhoto Festa」へ行ってみました。場所は東京・六本木アカデミーヒルズ。こんなことでもなければ六本木に行くことなどありません(笑)。あ、以前TBSラジオ「コサキン」の企画で行ったか。。

 ちょっとしたホールに舞台とスクリーンがあって、適宜セミナーやらイベントやらを実施、後ろのほうにテーブルが幾つも出ていて実機が多数さわれるようになってました。
 で、いろいろ触ってみたのですが、小さく軽いのですが、それなりにずっしり感も感じます。比重が重いというか。。そういえば、オリンパスのハーフ判「ペン」シリーズは、プラスチックボディーの「ペンEF」以外はオール金属でずっしり感がありますね。標準ズームレンズは手動の沈胴式でした。撮影状態では結構鏡胴が延びます。
 アダプターを介して兄貴分のフォーサーズ規格のレンズが装着できますが、レンズも含めてトータルな小ささを狙っているマイクロフォーサーズにはちょっと似合わないような。。。
 色々遊べるし、持ってみたくなるカメラとしては申し分ない作りだと思います。ただ、一眼レフらしさを求める方には訴求力はないなあ。現に、ネット上では結構否定的な意見が多く見られます。しかしこのカメラは、従来のデジタル一眼に及び腰な方々(私もその1人)をターゲットとしているのですから、ある意味当然の結果だと思います。

 その昔、オリンパスが初代ペンの次に自動露出のペンEEを出したときの話。カメラ購入層が殆ど男性の時代に、女性をターゲットにした「ボタンを押すだけで写るカメラ」を目指して設計されたペンEEは、それまであったシャッター速度や絞りの調整ダイヤルをなくし、ピントもハーフ判のピンボケしにくい特徴を生かして固定焦点という仕様でした。調整するところがどこもないから、あとはシャッターボタンを押すだけというわけですが、社内では「そんなもの売れない」となかなか会議が通らず、発売決定後もカメラ店から「おもちゃを売れというのか」とクレームが来たとか。ところが、大ヒットしたんですね。
 今回のペンも、これに近いものがあるのだと思います。そういえば、フラッシュやファインダーを省く「割り切り」も、ペンEEに通じるところがありますね。手ブレ補正があるからフラッシュは不要、コンパクトデジカメユーザーは液晶モニターでの撮影に慣れてるからファインダーはあっても使わないだろう・・・というところなんでしょう。じゃあ、コンパクトデジタルでいいじゃん、となるかもしれませんが、撮像素子が同社デジタル一眼と同じなので、背景のボケ味を含め映りが一眼と同等なのがミソですね。(素子の小さいコンパクトタイプはほとんど背景がボケない)
 そして、ネットでの否定的な意見にもかかわらず、カメラ店やオリンパスのオンラインショップでは「予約が予想以上で今からだと7月中旬以降の引渡しになる」という告知が出ています。期待度の高い商品なのではと思いますね。

 で、あなたは買うの?といわれると・・・うーん、そこは懐具合が(苦笑)

|

« FLASH 通巻1057号 | トップページ | 尾崎亜美&木下航志ジョイントコンサート »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/45475773

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス Fhoto Festa:

« FLASH 通巻1057号 | トップページ | 尾崎亜美&木下航志ジョイントコンサート »