« 国宝・阿修羅展 | トップページ | あの「PEN」がデジタルに »

2009年6月14日 (日)

2週続けてバースデーライブ

 6月に入って、2週続けて「バースデーライブ」へ行ってきました。
 まずは、いささか旧聞になってしまいますが6月3日。いまのまい Birthday Live 2009へ。場所は東京・四谷三丁目のレストランバー「ソケースロック」。入居しているビルにはシャンソニエの「ウナ・カンツォーネ」(ウナカンと略される)もあって、ちょっとカオスな感じ。
 まいさんといえば、以前は「懐かしのアイドルソングの巻」の主宰者であったわけですが、今回のバースデーライブでは1部はその再現みたいな感じで80年代から。その中で、河合奈保子さんの「MANHATTAN JOKE」を歌っていただきました。歌唱はかっこいいし、生バンドでホーンセクションもあったのでこれは良かったです。最後の「急いで~~~」なんてところの強く伸ばしビブラートを掛けるあたりは雰囲気もよく似てましたね。
 その1部ではゲストということになるんでしょうか、今まいさんが取り組んでいる完熟娘。のユニットが登場、キレのある踊りと歌唱を披露。オリジナル曲がエイベックスのオムニバスCD「収穫祭」に収録されたということですので、よろしければどうぞ。
 2部は70年代を中心に。本編最後の「愛燦燦」の選曲には驚きました。新境地という感じでしょうか。
 久々にまいさんのライブを聴きましたが、相変わらず歌に対する愛が感じられる良い歌唱でよかったです。本人は、声のKeyが昔に比べ下がってきたこともありアイドルものはやり辛くなったとおっしゃってましたが、デビュー33年の尾崎亜美さんなんか、声がハスキー寄りになった今でもライブでは松田聖子さんに提供した「天使のウィンク」は大定番で歌ってますし(もちろん口パクではありませんよー・笑)、新アルバム「ReBORN」では志村香さんに提供した「曇りのち晴れ」をかわいく歌ってますし、全然問題ないのでは、って思います。ジャンルにこだわらず、様々な歌を歌って欲しいです。

 <当日の曲目等は本人ブログのこちらで。>


 そして、6月12日はソワレリサイタル2009へ。場所は東京・渋谷のO-WEST。ソワレさんのバースデーライブは第2回から5回まで連続して行ってましたが、昨年はライブ自体がお休みで、今年復活。6月12日はやっぱり歌っていたい、ということみたい。
 今年のバースデーライブは新譜「ア・ラ・シャンソン」のレコ発ライブでもあって、新曲4曲もさっそく披露していただきましたし、オリジナルの比率が高いライブでした。一般的なシャンソンリサイタルとは趣きが違いますが、そこがソワレさんの魅力で、キャッチーな曲も多かったし、完成度は高かったのではないでしょうか。ドライブ感のある歌唱も健在。ソワレさんって、中性的なイメージがありますがこうしてステージを見てるとかっこよさを感じます。 
 良いライブでしたが、個人的に心残りだったのは私が投げ込んだ紙テープ3発がいずれも届かなかったこと(爆)。紙テープ投げなんて、このライブでしかやったことがないので、感覚がつかめないんですよね。。。ソワレさんは紙テープが大好きで、ライブ中も「このライブは、これがないと、淋しいんですよね」と。河合奈保子さんのファンの中にはピンとくる方もいらっしゃるでしょうが、これは奈保子さんの88年のバースデーライブで発せられた言葉ですね。そういう細かい仕掛けがまたソワレさんらしいです(笑)。

 さて、実は私、ソワレさんの話題はこれまで意図してあまり書かずにいました。というのも、奈保子さんのファンの間では、シャンソン歌手というよりは「奈保子さんの大ファン」という切り口での認知度が非常に高く、徒党を組んでバー「ソワレ」に押しかけては奈保子さんのことしか話さない、というようなちょっと「いただけない」方々を見てきたので、これ以上バイアスの掛かった形での浸透はして欲しくないなあという思いがあったのです。
 しかし、いまソワレさんは、好きだったオーガナイザーから手を引き、歌に集中して取り組む姿勢を鮮明にしていますので、私としてもそんなソワレさんを応援していくためにも、これからは折をみて書いていきたいと思っています。
 ソワレオフィシャルページはこちら

 私にとって、いまのまいさんもソワレさんも、知るきっかけが「奈保子さん」だったのは確かですが、あくまで「歌手」として応援しています。皆さんもどうぞ、ご理解いただきたいと思います。

|

« 国宝・阿修羅展 | トップページ | あの「PEN」がデジタルに »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

「泣き顔じゃ振り向けない。
はやく、追いついて曇りのち晴れ。
大好きよ、曇りのち晴れ」でしたっけ。

志村香さんは・・・言っちゃなんですが。
相当な・・・・音程が・・・でしたので・・・。
そういう意味で印象深いです。
スミマセン。。

投稿: NAYA | 2009年6月15日 (月) 08:50

■NAYAさん
いらっしゃいませ。
そう『曇りのち晴れ』の一節はその通りです。
志村香さんのオリジナルは、実は全く記憶に残ってなくて、曲は亜美さんのセルフカバーで知った次第です。
こんどオリジナルの音源を捜してみましょうかね。。。

投稿: MARU | 2009年6月16日 (火) 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/45335872

この記事へのトラックバック一覧です: 2週続けてバースデーライブ:

« 国宝・阿修羅展 | トップページ | あの「PEN」がデジタルに »