« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月25日 (水)

亜美さんの新ベスト盤発売へ!

 4月22日に尾崎亜美さんの初期アルバム5作品が紙ジャケでリイシューされることを以前お伝えしましたが、新しいベスト盤も同時発売される予定です。

 大手通販各社にぼつぼつと情報が出ているのですが、まだ不確定要素もあるような感じ。とりあえず速報として山野楽器に出た情報で綴りますが、今後変更されることもありうることをお含みおきください。

「尾崎亜美TRIBUTE&BEST ami 76-80」
規格番号:TOCT-26821 売価3000円
2009年4月22日発売予定

 注目されるのはその構成で、2枚組のうち一枚は提供作品集となっています。これは山野にははっきり書いてませんが、他の通販サイトによると亜美さんのセルフカバーではなく、あくまで提供先の歌手のもの!今までなかったタイプです。私は河合奈保子さんから亜美さんのファンになったぐらいなので、こういうの、欲しかったんですよね。提供曲はよく知ってるけど本人の曲はあんまり知らない・・・というライトなユーザーにも訴求できる商品ではないでしょうか。

DISC1の予定曲目は以下の通り

1 雨はやまない(薬師丸ひろ子)
2 微風のメロディー(河合奈保子)
3 天使のウィンク(松田聖子)
4 Rain Walts&Loving You(ハイファイセット)
5 easy(中森明菜)
6 伝説の少女(観月ありさ)
7 オリビアを聴きながら(杏里)
8 私がいる(石嶺聡子)
9 パステルラブ(金井夕子)
10 太陽の涙(神谷明)
11 Shadow Of The Moon(松井常松)
12 恋のknow How(松本伊代)
13 漂流者へ(高橋真梨子)
14 化粧なんて似合わない(岩崎良美)
15 ひとりぼっちのクリスマス・ソング(榊原郁恵)

他にもたくさん聴きたい提供曲はあるのですが、15曲に絞るのはなかなか難しいですね。そんな中、ちゃんと奈保子さんも入ってるのはファンとして嬉しい。

DISC2の予定曲目は以下の通り

1 Rainy Bus Stop(ウィッシュ) EMI
2 For You(LITTLE FANTASY)EMI
3 影絵の街(シェイディ)EMI
4 初恋の通り雨(マインド・ドロップス)EMI
5 奇蹟(ウィッシュ)EMI
6 気まぐれ予報(プリズミイ)EMI
7 風のライオン(Natural Agency)PC
8 MELODY JUNK(Amii-Phonic)FL
9 BEBGAL BAMBOO BABE~It's my turn(delta-wing)OAK
10 冥想(シェイディ)EMI
11 マイ・ピュア・レディ(シングル)EMI
12 オリビアを聴きながら(MERIDIAN MELON)PC
13 Joyful Joyful(SPECIAL)EMI
14 旅(マインド・ドロップス)EMI
15 待っていてね(三重マル)CME

カッコ内はオリジナルアルバム、その後に発売元会社の略称を入れてみました。
 EMI:東芝EMI(当時)
 PC:ポニーキャニオン
 OAK:オークレコーズ
 FL:フォーライフ
 CME:コロムビア

これまで出たベスト盤とはかなり様相の異なる選曲ですね。
会社を跨ったベスト盤はこれまでなく、一応、時代的にはデビューから最近のものまで網羅していますが、一番在籍期間の長いポニーキャニオン時代の曲が2つしかないので、これだけで亜美さんの歴史をたどれる、というものには残念ながらなっていません。まあ、EMIから出るのでEMIの比重が高いのは致し方ないところでしょうか。お馴染みの曲に混じって比較的マイナーな曲がこっそり入っているのは注目です。

 ということで、これで全て確定とは言い切れないのですが、楽しみな作品になりました。4月22日は出費がかさむのが悩みのタネですが(笑)。

【3/19追加情報】
 タイトルは「amii in the box」へ変更。
 また収録曲の一部に差し替えが出た模様です。(HMV情報)
 「恋のKnow How」⇒「時に愛は」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

NAOKO LIVE PREMIUM 入手しました!

 2月18日に発売された河合奈保子さんのライブアルバムBOX「NAOKO LIVE PREMIUM」ですが、予約していたお店に21日に引き取りに行き、入手できました。受け取ったときのずっしり感がなんともいえませんね。

 早速パッケージを開封。こんな感じです。
Nlp

 一昨年のNAOKO PREMIMUは蓋のついた箱でしたが、こちらはJEWEL BOXのようなタイプの蓋なし横入れ式です。外装フィルムを外すとき気をつけないと、中身がどどっと出てきてしまいます。。。っていうか私はやってしまいました(笑)。

 さっそく視聴してレポを・・・といきたいところですが、まだ1枚も聴いていません。
 というのも、買ってきた夜に東京・新宿のゴールデン街へ出かけ、シャンソンバー「ソワレ」で一晩中飲んだくれてしまいまして、今日は体調絶不調(苦笑)・・・。せっかくの奈保子さんの素晴らしい歌唱は、やはり体調のよいときに聴きたいので来週末に見送りとしました。。。

 ということで、とりあえずブックレットだけレポ。
 全80ページで結構な厚みです。アルバム解説はNAOKO PREMIMUと同様、奈保子さん本人の言葉を随所に引用しながら綴られています。32ページからは当時のコンサートパンフや雑誌記事など。49ページからはレコード・CDのレーベル写真。56ページからはコンサートの写真といった構成です。それにしても歌っているときの奈保子さん、綺麗だなあ。。なお写真は全てこれまで未使用のカットを使用しているということです。これは21日の夜、ソワレさんに取材して聞きました。

 さて、どれから聴くか迷ってしまいますね。特典盤も大いに楽しみですが、まずはやっぱりファーストライブアルバムの「LIVE」からでしょうか。少しずつ、聴いていきたいと思います。


☆石丸電気ソフト2の状況☆
 予約していたお店の状況を少し。店内2箇所、店外1箇所に貼られていた発売告知ポスターはなくなっていました。そのかわり、歌謡曲コーナーに専用のディスプレイが設置され、モニターでミュージカル「THE LOVER in ME」が流されてました。現品も3個置いてありましたが、多分レジカウンター裏の棚にも在庫があることでしょう。あ、レジカウンターの右上にある特大看板は健在でした。

コロムビア 音楽♪コミュニティ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

NAOKO LIVE PREMIUM 本日発売

 かねて告知しておりました河合奈保子さんのライブアルバムBOX「NAOKO LIVE PREMIUM」、いよいよ本日発売です。午前1時ごろにamazonを覗いてみたら、254位でしたね!なかなかの好反応ではないでしょうか。
 すでにフラゲしている方もいらっしゃるとか思いますが、私はというと今週は諸々立て込んでいて、予約はしたものの店頭での引き取りは週末になる見込みです。ということでレポは入手後に。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

亜美さん初期アルバム5作品が一挙復刻へ

 速報として、とりあえず事実関係だけ。
 尾崎亜美さんのオリジナルアルバムというと、EMIから発売されたものは殆ど廃盤で、音楽配信では入手できるものの実体としてのCDを求めるとなると中古店かオークションで、ということになり入手難でした。
 それがこの春、初期EMI時代の作品が紙ジャケ仕様にて一挙復刻されることになりました。
 復刻されるのは以下の5作品
 「SHADY」
 「MIND DROPS」
 「STOP MOTION」
 「PRISMY」
 「LITTLE FANTASY」
 いずれも売価2500円で、2009年4月22日発売予定となっています。
 まあ、このうち「STOP MOTION」だけは最近まで発売が継続されていたのですが。。

 復刻の動きについては複数の関係者発のブログにてキャッチしていましたが、このたび大手販売店サイトに発売情報が掲載されたためこちらでも紹介します。ボーナストラック情報等、入りしだい第二本館TearoomAmiiで伝えていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

NAOKO LIVE PREMIUM まもなく発売

 かねて告知していました河合奈保子さんのライブ音源CD-BOX「NAOKO LIVE PREMIUM」の発売まであと1週間となりました。コロムビアの特設ページ(http://columbia.jp/kawai/)ではプロモーションの一環でしょうか、ちょこっとライブ映像の視聴ができるようになりましたが、実際の商品には含まれない映像をここで出しておくっていうのはどうなのかなあ。。。

 一昨年発売されたオリジナルアルバムBOX「NAOKO PREMIUM」のときは、発売直前になって店頭特典の追加発表があって「それならこっちで予約しておけば・・・」なんて声が聞こえたりしたものですが、今回は特にそういった動きはないようですね。販売価格重視の方は大手通販サイト、特典重視の方はコロムビアファミリークラブというように二分化しそうです(笑)。

 私は・・・結局いつものお店で予約しました。
Ishimaru_0901

 こうやって販売に力を入れているのを見ると、やっぱりそれに応えたくなります(笑)

 ちなみに、先週発売の「サンデー毎日」(2009.2.15号)によると、コロムビア担当者の話として『すでに3000を越える予約がはいっています』とのこと。BOX第1弾の「JEWEL BOX」の売上げが累計1万セットと言われていたり、「NAOKO PREMIUM」が発売時に“限定5000セット”と謳われていたことなどを考えると、まずますの滑り出しと言えるのではないかと思います。今回のBOXに(特典盤を除き)含まれなったライブ映像の全編復刻実現に向け、ぜひとも“実績”を作っていきたいところですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

「サンデー毎日」記事に対する当店の所感

 ご来店の方から教えていただきましたが、今週発売の「サンデー毎日」2009年2月15日号に、河合奈保子さんに関する記事が掲載されていました。
 私も情報を頂いて入手し一通り読みましたので、所感をつづります。なお以下の『カッコ内』は該当記事からの引用部分です。

記事に対する当店の態度
 新味のある内容は無く、ことさらに重要視しません。

掲載内容と実感とのずれについて
 記事では『昨年から復活待望論が再燃している』となってますが、正直実感に乏しいです。復活を待望している人はずっと前から待望しており、冷めた人は冷めたまま、だと思います。また、そもそも復活を待望しているといっても、奈保子さんの意思次第であることを大前提としている人が多いと思います。
 また芸能関係者(個人名非掲載)の話として、昨年12月、竹内まりやさんのブログに奈保子さんと久しぶりに会ったことを伝える記事が写真付きでアップされたことに関して『復帰に向けた打ち合わせなんじゃないかという勝手な憶測がファンの間で広まっています』となっているのですが、これも実感に乏しい。少なくとも主要ファンサイトのなかではそんな話は一切出てきていません。まあ、落書き掲示板レベルの場所ではどうなのか知りませんが。。。

音楽評論家・富澤一誠氏のコメントについて
 一般論レベルの話であって、特に目くじらを立てるようなものはないと思いますが、『発声を10年以上していないとなると、昔の声に戻るまでに相当の時間がかかるでしょう』というのはどうなんでしょう。そもそも昔の声にはどうやっても戻らないと思うんですけどね。例えば、歌い続けている岩崎宏美さんでも、若いころの突き抜けるような高音はもはや出ないわけで。。もし仮に復帰ということになったとき、必ずしも昔どおりに歌わなくても、今の奈保子さんに合った歌い方、というか、今だからこそできる歌い方や、またそれに合った選曲をしていただければそれで十分だと思います。
 また、『アイドル時代の元気な歌声の印象が強い分、予想外の時は反動が大きいと懸念する』というくだりは、全面的には賛同できません。ファン投票をすれば「SKY PARK」が上位に来るように、奈保子さんの歌唱は元気な曲だけでなくバラードも素晴らしいと感じている人が多いのですから。

ある程度評価すること
 2006年のピアノ作品集「nahoko音」の発表に言及していること。そして、いちおう本人に取材を申し込んだこと。(奈保子さんは『今は差し控えさせていただきます』と受けませんでしたが)

新たにわかったこと
 その取材申込は『かつて所属していた事務所を通して』行ったということです。この文章から、既に奈保子さんは芸映の所属ではないと読み取れます。「nahoko音」発表の際に芸映の関与が感じられなかったことから、すでに関係はなくなっているのではないかという憶測はあったのですが、雑誌のいち文章ではあるもののそれが確認されたといってよいでしょう。

その他
 『復帰待望論が再燃している』といいながらその背景・根拠には特に触れていないところ、タイトルで『気になるポッチャリ度』と書いておきながら本文ではその点について特に触れていないところなど、さすが雑誌レベル!だなあと思っちゃいます(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

「歌鬼2」発売!

 阿久悠さんのトリビュートアルバム「歌鬼2~阿久悠vs.フォーク~」がきのう2009年2月4日に発売されました。このアルバムには尾崎亜美さんも参加していますので早速買ってきました。

 亜美さんは、山本リンダさんの「きりきり舞い」をカバーしているのですが、私は残念ながらオリジナルを知りません。。。ということで私にとっては新曲です(笑)
 時間の都合で、とりあえず「きりきり舞い」だけ聴いてみました。“浮気性で男を振り回す女性”を描いた歌詞ですが、それを可愛らしい感じに歌ってます。作曲が都倉俊一さんということで、いわゆる歌謡曲ということになるのでしょうが、日頃の亜美さんの世界とそんなに離れていない感じがしました。そう感じたのは、編曲を亜美さん自身が担当しているからかもしれませんね。参加ミュージシャンも、ドラムが屋敷豪太さん、ベースが小原礼さん、ギターが是永巧一さんとおなじみの面々。亜美さんはキーボードも担当してます。

 なかなか面白い企画のアルバムなので、全編通して聴いてみたら、また続編を綴ってみたいと思います。

 アルバムの詳細については、発売元のユニバーサルミュージックの公式ページをどうぞ。
 プロデューサー・山崎一稔さんのブログはこちら
 上記ブログのなかで、亜美さんのレコーディングの模様が紹介されてます。
 12月5日尾崎亜美

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

アクセス急増!の驚くべき理由

 1月26日、この雑記帖のアクセス数がこれまでにないほどたくさんありまして(約270)、確かに茉奈佳奈さんの記事はアップしたけどなあ、とアクセス解析画面を確認してみたら・・・ぶっちぎりのリンク元第1位が谷山浩子さんのプライベートページではないですか!
なんと、トップページの2009年1月26日付日記で1月18日のコンサートレポを紹介してくださっていましたぁ (^_^)
 いやもう驚き。
 よく見つけたなあというのも驚きですが、タイトル下で河合奈保子ファン&尾崎亜美ファンと公言している私のレポをよく紹介したなあと(微笑)。一緒に紹介されているレポは、見るからにコアなファンが書いているので、ちょっと浮いています。。。

 いやあ、こんなこともあるんですねえ。浩子さんのサイトはプライベートなものなので、その辺自由にお書きになっているようですね。オフィシャルサイトだとこうはいかないでしょう。
 ということで、「こわれたオルゴール」についてアピールできたかな。浩子さんありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »